2017年05月25日

まっちゃんも絶賛【天ぷらひらお本店】


今回ご紹介するのは、福岡空港そばにある天ぷら専門店です。

お店で提供されるネタは全て国産品。

しかも、保存料や添加物は一切使用していないそうです。

そんな天ぷらが美味しくないわけがない!

という事で、「天ぷらひらお本店」です。


IMG_20170515_131009.jpg


なかなか大きなお店ですねー。

店内もかなり広いですが、すべての座席がカウンター席なんですって。


まずは、券売機で食券を購入しましょう。


IMG_20170515_122912.jpg


定食もありますが・・・


IMG_20170515_122954.jpg


今回は天ぷら単品をいくつか選んでみます。

あ、でもご飯と味噌汁は必須です!

その理由は後ほど。


自動ドアの先に見えますね。カウンター席で食べている人たちが。


IMG_20170515_122958.jpg


しかし、その後ろにも人がずらっと並んで座っていますよね。

実はこの人たち、順番待ちなんです。

この席が、ひらお名物の「移動式順番待ちシート」(勝手に命名)です。

この待っている方々、ただ空いている席に無秩序に座っているわけではなくて、きちんと順番通りに並んでいるんですよ。

ちなみに、写真の奥側が最前列で手前側が最後尾。

席が空くと、「2名様、Aのカウンターへどうぞー!」という具合に案内され、それに従って順番待ちの方も順々にずれて座って行きます。

うっかりずれる事に気が付かないでいると、店員さんに注意されます(笑


それにしても、待っている人は暇そのもの。

そりゃあ、とりあえずスマホいじるでしょうね。


IMG_20170515_124001.jpg


通勤電車みたいですね(笑


揚げたて天ぷら、待ち遠しいですねー。

早く食べたい!

IMG_20170515_123521.jpg

IMG_20170515_123207.jpg


そうこうして、最前列まで移動し、ついに私たちの番が来ました!

一度に2〜4人ずつ案内されていたので、思ったより早かったです。

こちらの本店の「移動式順番待ちシート」は横一列ですが、他店舗では「コ」の字形なんですって。

カウンターで食べている人を取り囲むように順番待ちするって面白いですよね。


さて、カウンター席につくと、お客さん一人一人の目の前にトレーがあります。


IMG_20170515_124959.jpg


天ぷらが揚がり次第、店員さんがここに乗せてくれるというわけです。


カウンター上にあるイカの塩辛・もやし・高菜などの惣菜がなんと食べ放題!!


IMG_20170515_125010.jpg

IMG_20170515_125132.jpg


このイカの塩辛は絶品級。

塩辛特有のクセは全くなく、ゆずが入っているので後味サッパリです。


先ほどの、「ご飯は必須」というのはこのためです。


IMG_20170515_125328.jpg


これだけで既に満足(^^

ちなみに、このイカの塩辛はお土産用も販売しています。

保存料・添加物を使っていないので、賞味期限は5日間だそうですよ。


みそ汁を注文したのは、「ここのみそ汁は世界一」という噂を聞いたから。


IMG_20170515_125247.jpg


具は、豆腐・ワカメ・ねぎ。

ねぎは乾燥ものですね。

世界一かどうかはわかりませんが、やっぱり天ぷらには汁ものが欲しいです。


さらに、身に覚えのないモノが出てきました。


IMG_20170515_125148.jpg


・・・なにコレ?

と思ったら、「天つゆ」でした。

あまりにも大根おろしがどっさりで、何かの一品料理に見えました(笑


目の前では、店員さんが天ぷらを揚げています。


IMG_20170515_130846.jpg


ここの店員さんは男女共に元気で威勢が良いです。

常に動き回っていますし、発する声は店内隅々まで届いている感じ。


さあ、天ぷらが揚がりましたよ!

まずは、エビとサバ。


IMG_20170515_125334.jpg

IMG_20170515_125447.jpg

IMG_20170515_125635.jpg


美味しいですねー。

塩辛→ご飯→天ぷら→みそ汁のローテーションで食が進む進む。


カウンター内に見慣れないマシンがありました。


IMG_20170515_130532.jpg

IMG_20170515_130537.jpg


これ、ご飯の量を均一に盛ってくれるマシンです。

器を置いて、大・中・小いずれかのボタンを押すだけで、ご飯が上からドサドサっと落ちてくるんです。

これって、生米から作っているのでしょうか?

であれば非常に便利そうですね。

炊いたお米を使うなら・・・量が均一にできるとはいえ、そんなに効率的とも思えませんし。


お次は、玉ねぎ・鶏肉・ピーマンです。


IMG_20170515_125649.jpg


玉ねぎはデカくて甘いです。

とり天も間違いない味。

ピーマンは普通。まぁ野菜も食べなきゃって事で。


そうそう、タイトルの「まっちゃんも絶賛」ですが、「まっちゃん」というのは、もちろんダウンタウンのまっちゃん。

何かのテレビ番組で、この「ひらお」(本店かどうかは不明)で取材をし、「めっちゃうまい!」を連呼したそうです。

で、それからは一層お客さんが増えたそうですよ。

私もちょっとひらおのファンになったので、また行きたいですね(^^

福岡空港から近いですから、搭乗までの時間調整にもちょうど良いですね。

【天ぷらひらお本店】福岡県福岡市博多区東平尾2-4-1




ブロトピ:福岡県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .その他 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月20日

真夜中のお菓子


夜のお菓子といえば、「うなぎパイ」


実は、うなぎパイには種類がありまして、これはブランデー入りの最高級品。


IMG_20160819_203558.jpg

IMG_20160819_203612.jpg


箱がキンキラキンなので、撮影に一苦労(笑

これは、静岡出身の後輩が帰省した時にお土産で買ってきてくれました。


包装フィルムを外してもキンキラキンです。


IMG_20160907_224615.jpg


ちなみに箱裏もキンキラキンです。


IMG_20160907_224704.jpg


それにしても、「V.S.O.P」ってなんでしょう??

調べてみたら、「Very Superior Old Pale」の略で、これはブランデーの等級の一つだそうです。

ランクでいうと、ナポレオンよりちょっと下らしいですよ。


そして、このうなぎパイのサブタイトルは・・・


IMG_20160819_203558.jpg


「真夜中のお菓子」(笑

ナイトからミッドナイトになったのですね!

まさに大人のお菓子です。

子供が食べようとすると、親に叱られるかもしれませんね(笑


「貴方の満ち足りた夢の世界のお伴に・・・・」


IMG_20160907_224839.jpg


あ、お子様でも安心して食べられるそうです(笑


開けてみます。


IMG_20160907_224733.jpg


やはりキンキラキンです。


IMG_20160919_204814.jpg


食べてみます。


IMG_20160907_224942.jpg


確かに、アルコールのような甘い香りがほんのりします。

これがブランデーなのですね。

ちょっとリッチな気分が味わえるうなぎパイでした。



タグ:うなぎパイ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .甘いもの 甘いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月15日

炭酸の日本酒


近頃はスパークリング日本酒が人気だそうですね。


「澪(みお)」などがその代表格で、コンビニやスーパーでもよく見かけますし、


300_single.png


あの「獺祭」も炭酸入りのを発売しています。

dassai-nigori50.jpg


私は日本酒は好きですが、炭酸のは数年前まで飲んだことなかったんです。

飲むきっかけになったのは、当時まだ結婚していなかった奥さんとの会話からでした。

お酒はあまり飲めない彼女。日本酒は特に飲みません。

しかし、以前にどこかのお店で炭酸入りの日本酒を飲んだらとても美味しかったそうです。

そのお酒の名前はうろ覚えだけど、確か「すず音」だった気がすると。

ネットで調べてみると、確かに「すず音」というお酒が存在しました。

緑色のかわいい小瓶のお酒。

どうやらこのお酒に間違いないようです。

で、それからしばらくして二人で黒川温泉に行った時に、何気なく覗いた酒屋さんでその「すず音」と遭遇!

実は、この「すず音」ってなかなかお目にかかれないんですよ。

コンビニなどではまず売っていません。

なぜかというと、賞味期限がめちゃくちゃ短いから。

私も実物を見たのはこの時が初めてです。

(ちなみに、ネットショップでは普通に買えます)




で、「せっかくだから買ってみたら?」と彼女に1本買わせ、それを宿でちょっと飲ませてもらったら・・・

めちゃくちゃ美味しい!

アルコール度数低めで甘くてジュースみたいですけど。

女性向けなのでしょうが、私の口にバッチリ合います(笑

私はもともと甘口の純米大吟醸酒好きなので、このすず音が即気に入りました。

そして今回、佐賀県の嬉野温泉に行くにあたり、宿ですず音を飲もうという事になりました。

羽田から飛行機で福岡空港まで行き、博多でレンタカーを借りて嬉野温泉に向かう予定です。

そんじょそこらでは売っていない「すず音」。

ネットショップで買って持っていくのが確実だけど、酒瓶持って横浜から九州まで行くのはちょっと重いし・・・

それに、荷物は機内に持ち込みたいから、液体類があると検査が色々と面倒そうだし・・・

で、博多駅でいつも寄る酒屋さん(8:00開店)が取り寄せ可能というのでお願いしようと思ったら、日曜日は取り寄せ不可という。。

そう、今回博多に行く日は日曜日なのでした。

博多には他にも取り寄せ可能なお店はありましたが、開店時間が10時とか11時。

それくらいの時間には、既に博多から佐賀に移動しているので寄るのは無理。

ならばという事で、佐賀の酒屋さんにも何軒か電話で問い合わせたけど、どこも取り扱い不可。

中には、「すず音」の事を知らないお店もありました(笑

そして、色々調べまくった挙句、閃きました。

発売元の「一ノ蔵」さんに問い合わせる事を。

で、佐賀県で唯一取り扱っているお店を紹介してもらいました。

もっと早く気が付けば良かったのですが(笑

それが佐賀城のすぐそばにある「山田酒店」さん。

さっそく電話をしたら、在庫があるとのこと。

なので、お取り置きをお願いしました。


そして、当日。

「山田酒店」さんに到着し、まず店内の冷蔵庫をチェックすると・・・

ありました!!


IMG_20161225_140312.jpg


すず音が3種類。これは一般客用です。

私がお取り置きしてもらっていた分は、スタッフルームの冷蔵庫でちゃんと冷やしていてくれました。

ということで無事に購入(^^)v

宿で頂きましょう。


写真左から、ピンクの「花めくすず音」、緑のノーマル「すず音」、黄色の「幸せの黄色いすず音」。


IMG_20161225_182453.jpg


まずはノーマルな緑色のを。


IMG_20161225_225604.jpg


薄緑色です。

そうそう、これは栓を開ける前に2.3回ゆっくりと瓶の上下を逆さまにします。

中の濁りを均等にする為です。

私はいつも忘れてそのまま開けちゃうんですけど(^^;


ピンク色の「花めくすず音」で乾杯!


IMG_20161225_183131.jpg


そして、「幸せの黄色いすず音」


IMG_20161225_225424.jpg


この黄色のすず音の瓶ですが


IMG_20170409_185210.jpg


ツバメのイラストがありまして・・・


IMG_20170409_185218.jpg


数十本に1本の確率で、このツバメが四葉のクローバーをくわえているのがあるんですって。

もし見つけたら幸せな気分になるかもしれませんね(^^


なかなか飲めない「すず音」。

もし見つけたら迷わず買いですよ!



タグ:すず音
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .飲み物 飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月10日

呉服屋さんのスイーツ 【山下呉服店】


佐賀県にある嬉野温泉に行ってきました。

有名どころの温泉街には大抵名物スイーツがありますが、この嬉野温泉にも幻と言われている絶品スイーツがあります。

きっと、オシャレなお店なのでしょう。

と思ったら・・・・・


それが、なぜか「呉服屋さん」で売っているらしく・・・


呉服屋さんとはまたシブいですね(^^;

「呉服屋」という名前のお店ではないですよ(笑

大正創業という老舗の「山下呉服店」さん。


外観.jpg

20150515_006.jpg
※公式サイトの写真です


こちらで販売しているんですって。

なぜ呉服店でスイーツを販売していると思います?

それは、私にはわかりません。

で、気になるそのスイーツですが、商品名は「もちもっち」といいます。

いつか嬉野温泉に行く機会があれば食べたいと思っていたのですが、実現する日が来るとは思っていませんでしたねー。

しかも嬉しいことに、その「山下呉服店」さんは今回泊まった宿から徒歩で数分の場所だったのです。


さて、宿にチェックインし、私は何を差し置いてもまずは温泉に入りたい派。

奥さんは近所にかわいいカフェを見つけたとの事で、温泉よりもそちらに行きたいようす。

という事で、私は宿の温泉に。

奥さんは散歩がてらカフェに出かけました。

で、帰り際にその「もちもっち」を買ってきてくれる事になりました(^^

「呉服屋さん」などという敷居が高いお店に入るのは抵抗があったので安心しました(笑


まず、これが店頭で撮影してきてくれた「もちもっち」の見本。


Screenshot_20161231-182509.jpg


これは断面図を表現しているのですが、何だか顔っぽく見えますね。


で、買って来てくれた本物がコレ。


IMG_20161225_173624.jpg

IMG_20161225_173638.jpg


写真左から、マンゴー・木苺・チーズです。

生クリーム、ムース、あんこ、スポンジ等をやわらかい求肥(ぎゅうひ)で包んであるのですね。


IMG_20161225_173753.jpg


これは全部で5種類あるようです。

本来は5個セット販売だそうですが、交渉してバラ売りしてもらったとか(笑


一口かじってみると、アイス感が強くて「雪見大福」のようでした。

かじった写真も撮影しましたが、案の定見た目がアレだったので載せないでおきます(笑

この3つの中で私のオススメはチーズ。

噂と違わず絶品級の美味しさでしたね。

冷蔵庫で解凍してから食べると、今度は洋風の大福のような味が楽しめますよ。

見た目は和菓子、食べたらケーキのような不思議なスイーツでした。

それにしても、これだけ美味しいと・・・

もちもっち効果で呉服の売り上げもアップしているかもしれません(^m^)

【山下呉服店】佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙769




ブロトピ:佐賀県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .甘いもの 甘いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月05日

もんじゃストリート 【おかめ総本店】


「もんじゃ」ってたまに無性に食べたくなりませんか?

なりますよね??

私は少年時代から馴染みがあるせいか、ちょっと小腹が空いた時に食べたくなります。

ある日、もんじゃが食べたくなり、どうせなら月島に行こう!という事になりました。

「お好み焼き」は大阪人にとっては食事ですが(ですよね?)、「もんじゃ」は誰が見ても完全なおやつです。

かなりお腹が空いている今回は、そのおやつである「もんじゃ」でお腹を満たしてみたいと思います(^^


ということで、「月島もんじゃストリート」にやってきました。


IMG_20170325_170014.jpg

IMG_20170325_170204.jpg

IMG_20170325_170028.jpg


『もんじゃ』だらけです。


IMG_20170325_170104.jpg


もんじゃ


IMG_20170325_170114.jpg


もんじゃ


IMG_20170325_170217.jpg


もんじゃ


IMG_20170325_170312.jpg


もんじゃ


IMG_20170325_170238.jpg


もんじゃ


IMG_20170325_170426.jpg


もんじゃ


IMG_20170325_170331.jpg


もんじゃ


IMG_20170325_170454.jpg


しかし、これらはほんの一部。

もっともっとたくさんのもんじゃ屋さんがあります。

それにしても、店によってお客さんの入りに差があるのが面白いですね。

外まで順番待ちの列があるお店、一人もお客がいないお店など様々。

空いているお店のほうが早く食べられそうですが、ガラガラのお店は訳アリだろうから避けたいです。

今回は事前リサーチをしていなかったので、特にお店の候補はありません。

どのお店にするかはヒラメキ頼り。


一通りメイン通りのお店を物色したので、今度は脇道に入ってみます。


すると、一軒のもんじゃ屋さんがありました。


IMG_20170325_170901.jpg


「おかめ総本店」さん。


「あれ?おかめってさっきもあったよね?」

そう、上の写真をご覧ください。メイン通りにも「おかめ」さんがあったのです。

「たまたま同じ名前の店なのかな?」

でも、おかめマークが一緒なので同系列なのでしょう。

それにしても、メイン通りから外れているこちらの方が「総本店」なのですね。


店内を覗くと、空席がたくさん確認できました。

しかし、店の外に順番待ちの椅子が出ているあたり、「きっと人気店だろう」と予測し、このお店に決めました。

ご覧のとおり、まだ空席が多いです。


IMG_20170325_171134.jpg


先客は1テーブルだけ。

一家総出(と思しき)6人組です。

みんなでワイワイというよりは淡々と、それこそ夕食を食べているかのような雰囲気。

家族で鉄板を囲んでもんじゃ。これぞ下町の風景ですね(^^

ほのぼのだったので、思わず「写真撮っていいですか?」と聞きそうになりました(笑


では、注文しましょうか。

IMG_20170325_171101.jpg


まずはつまみを何か・・・

目についた「俺のホルモン」を注文してみます。


IMG_20170325_171508.jpg


・・・それにしても、ザーサイ率がかなり高い。。

ザーサイだけでこんなにバリエーションがあるお店も珍しいですね(^^;


さあ、「俺のホルモン」ですが、ホルモン・キャベツ・ニラとシンプルな内容でした。

ホルモンは冷凍ものなので、しっかりと火を通します。


IMG_20170325_171630.jpg


味が付いているので、適当に焼いたらそのまま頂けます。

角ハイにバッチリ合う味(^^


では、もんじゃいきましょうか!


まずは「ニラ玉もんじゃ」から。


IMG_20170325_172011.jpg


具材の下にはつゆがどっさりと入っています。

もんじゃ作った事がない方の為に説明しますと・・・

まずは具材だけを鉄板に落として焼きます。


IMG_20170325_172228.jpg


大き目な野菜などもヘラで切りながら。

適度に火が通ったら、焼いた具材で円形の土手を作り、その中に汁をゆっくりと流し込みます。


IMG_20170325_172420.jpg


それでも汁は土手の隙間から流れ出てくるので、ヘラで堰き止めます。

汁があふれ出ると、鉄板の端にある穴から流れ出て勿体ない事になってしまうので、その前に鉄板の空いている部分に誘導して蒸発させるようにします。(何言っているかわかりませんね)

いずれにしても、この汁が蒸発した部分が後に「おこげ」となるのです。

「おこげ」はもんじゃの影の主役。ここ大事です。


そして、汁と具をよく混ぜ混ぜしたら出来上がり。

どれくらい火を通したら良いか?食べ頃は人それぞれですね。

私は少しドロドロの状態が一番美味しいと思います。

テーブルには、ソース・塩・コショウ・唐辛子などがあり、それらを使って色んな味が楽しめます。


お次は、「明太子もんじゃ+ベビースター」。


IMG_20170325_172600.jpg


これもまた同じ要領で焼いていきます。


IMG_20170325_172730.jpg

IMG_20170325_173822.jpg


ベビースターは鉄板トッピングですね。これを考えた人は天才だと思います(笑


明太子のツブツブとベビースターの組み合わせ。これ本当に最高(^^


IMG_20170325_174019.jpg


これくらいで食べるのが一番美味しいですね。


綺麗な「おこげ」もできました。


IMG_20170325_174506.jpg


次から次へとお客さんが来て、もうこの頃には店内満席。

店員さんを呼んでも、「ちょっとお待ちください」状態でした。

やはり人気店だったようです。


さて、お次は「カレー+コンビーフ+チーズもんじゃ」。


IMG_20170325_175725.jpg

IMG_20170325_175916.jpg


この土手の完成度、もはや職人芸です。


IMG_20170325_175919.jpg


だいぶお腹が膨れてきましたが、カレーの香りでまた新たな食欲が沸いてきます(^^


「このもんじゃ、何かおこげが凄いな・・・」


IMG_20170325_180257.jpg


と思ったら、コンビーフの焦げたやつでした(笑

そうそう、もんじゃを食べる時は箸ではなくて上の写真のヘラですよ。

ヘラはたいして熱くないですが、もし熱くてもガマンです!


途中で、店員さんが袋詰めにした「天かす」をお客さん1グループに一つずつ配っていました。

いつもあるサービスなのでしょうか?

天かす好きには有り難いサービスでしょうね。


この後は焼きそばを注文し、満腹で店を後にしました。

たまに食べるもんじゃは最高ですね(^^

もんじゃの香りをたっぷりと服に染みこませ、横浜まで電車で帰りました(笑

【おかめ総本店】東京都中央区月島3丁目17-3




ブロトピ:東京のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .その他 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月30日

珍しい自販機


川崎を歩いていて、見慣れない自販機に気が付きました。


なんだろう?と近寄ってみると・・・


IMG_20161205_132344.jpg


だしの自販機(笑


世には色々な自販機がありますねー。

東京駅にはバナナの自販機などもあります。

しかし・・・こんな自販機はたぶん初めて見ました。。

あご(トビウオ)のだしのようですよ。


サンプルをよく見ると、ボトルの中に魚が入っていますね。


IMG_20161205_132401.jpg


焼きあごと昆布入りで一本700円。


IMG_20161205_132356.jpg


こちらは焼きあごと宗田節が入ったプレミアムで一本750円だそうです。


ボトルの中の魚はイメージなのかな?と思ったら、実際に丸ごと1匹入っているそうです。

自販機でダシを買う人なんているのかな??

一本750円ですよ?

しかし、スーパーなどではまず売ってなさそうなダシなので、もし美味しければ口コミで広がって話題になるかも。

と思ってネットで調べてみたら・・・

このだしは2006年から自販機発売をしていて、知っている人は知っている商品なのだそうです。
※詳細は『だし道楽』で検索してください。

設置場所は川崎だけではなく、近畿地方や中国地方にもあるんですって。

500mlでうどんだしが13杯分作れるそうですよ。

もちろん、うどんだけではなく、玉子かけご飯や冷奴にも使えます。


IMG_20161205_132352.jpg


あ、ただし刺身には使わない方がいいですよ。

以前、スーパーで美味しそうなアジの刺身を購入し、いざ食べようとしたら醤油が切れていた事がありました。

で、仕方なくその時はめんつゆで食べたら・・・甘くて不味かった(笑


一般的に、ジュースの自販機を設置した場合、オーナーはジュース1本売れるごとに10〜20円ほど手数料として貰えます。

寝ていても稼いでくれるのが自販機の魅力。

このだしは単価が高いですから、手数料もそれなりに貰えそうです(笑

私もアパマンのオーナーになったら、敷地内にこの自販機を設置したいですね。

現場からは以上です。



ブロトピ:神奈川県のグルメ
タグ:だし道楽
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .その他 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月25日

勇者体験してきました 【ルイーダの酒場】


私はドラクエが大好きです。

もちろん、シリーズは全部やっています。

ファミコンでドラクエTが発売されたのは、私が中学1年くらいだったでしょうか。


atoirse.jpg


20131201201852.jpg


それから、U〜Wが同じくファミコンで、X〜Yはスーパーファミコンで発売。

Zはプレイステーション、[はプレステ2、\はDS、そして]はドラクエ初のオンラインゲームとしてWiiで発売になりました。

プレステ2とWiiなどはドラクエやりたさに本体を購入したようなものです(笑

Vの時などは、友人同士で主人公のレベルを競っていて、朝学校に行く前にやったり、夜遅くまでやったりして視力がガクンと落ちました(笑

現在はほとんどゲームはやりませんが、ドラクエだけは別です。

シリーズが続く限り、今後もきっとやり続けるでしょう。

今年の7月29日にはⅪが発売されますが、もちろん買います(^^


そんな私たちを魅了して止まない「ドラクエ」をモチーフにしたお店があります。

その名も「ルイーダの酒場」。

場所が六本木なので、なかなか行く機会がなかったのですが・・・

いつかは行かないといけないし(義務感)、今回思い切って足を延ばしてみました!

同行してくれるのは友人Fさん。

何度も私の珍グルメに付き合ってくれていて、私と同じくドラクエが好きなお友達です。

Fさんとは毎年夏に行われる「ドラゴンクエストファミリーコンサート」にも一緒に行き、生オーケストラのドラクエミュージックを楽しんだりしています(^^


さて、大江戸線の六本木駅で待ち合わせ、徒歩3分ほどで到着しました。

このお店は完全予約制で、私たちが予約した15:30〜17:00のグループのお客さんがすでに並んでいました。


IMG_20170325_153031.jpg


時間になり、お客さんが店内に導かれて行きます。


IMG_20170325_153035.jpg


入り口でカードを渡されました。


IMG_20170325_162013.jpg


店員さん:ようこそ14番のパーティさん!

ちなみに、パーティというのは一緒に冒険をする仲間グループの事です。

ドラクエVでは、戦士とか魔法使いとか僧侶などの職業があり、どの組み合わせの仲間で冒険をするか自由に選ぶ事ができます。

そして、その仲間たちをパーティに入れたり外したりできる場所がルイーダの店


ルイーダ.jpg


そう、それがここの店名の元なのですね。

では、指定された14番の座席に行ってみます。

すると・・・


え・・・?完全立食制だ・・・。。


こんな事前情報は仕入れていなかったのでびっくり。

確かに、「ドラクエの酒場」というと立ち飲みのイメージもありますけど(^^;


私と友人Fさんはカウンター席に並んで立つことになりました。

目の前には綺麗なフィギュアの数々があります。


IMG_20170325_154534.jpg

IMG_20170325_153517.jpg

IMG_20170325_154728.jpg


照明の関係で光が乱反射し、撮影しづらいです(^^;


これは風神の盾とドラゴンキラーでしょうか。


IMG_20170325_155222.jpg


はぐれメタル。これが倒せるようならもう一人前。


IMG_20170325_154523.jpg


コースターがなぜか「マドハンド」。


IMG_20170325_153251.jpg


それにしても、とにかくカウンターテーブルの奥行の短いこと・・・。

立ち食いソバ屋の方がよっぽど広いです。これホント。

さらには、隣の人との距離が超近く、お互いに肘が当たります。

私の隣は母娘連れのお母さんの方。

友人Fさんの隣は若い女性の二人組。

何か場違いな感じがしてとにかく落ち着かない。。

この日に限って出張帰りでスーツ姿だった友人Fさんは尚更でしょうね(笑

まぁ仕方ないですね。可能な限り楽しみましょう(^^;


ロトの剣が飾ってありました。


IMG_20170325_153414.jpg


モニターではドラクエ]のゲーム画面が流れています。


IMG_20170325_154333.jpg


進行役のような女性店員さんがマイクで話し始めました。

「みなさーん、こんにちはー!」


ちびっこが大きな声で返事をすると、「スーパーハイテンションな挨拶ありがとうございます(笑」と。

スーパーハイテンションというのはドラクエネタです。

そして、写真撮影はOKだけど動画撮影はNGなど店内のシステムの説明をします。

料金の支払いは、「愛と信頼のゴールド銀行」で行うそうです。


「愛と信頼のゴールド銀行」というのはドラクエに出てくる銀行の事。


銀行.jpg


実際のゲームでは、ここでゴールド(ドラクエ世界での通貨)やアイテムを預けたり引き出したりできます。

しかし、このお店の銀行は預けたり引き出したりできません。

ただ、料金を支払うだけ。

しかも注文の都度だそうで・・・

もうまんま立ち飲み屋です(笑


さあ、まず飲み物は何にしましょうか。


IMG_20170325_162413.jpg

IMG_20170325_162419.jpg


私は「酒場のビール 720G(ゴールド)」。


IMG_20170325_154939.jpg


樽形ジョッキですが、どうせなら木製にしてほしかったです。

しかも、溢れるほど泡を盛ってくれないと困ります。


友人Fさんはウェディ(]に出てくるキャラ)なんとかという飲み物(一応お酒)。


IMG_20170325_154944.jpg


飲ませてもらいましたが、ほぼ単なるジュースですね。アルコールが極めて薄いです。


そして、これだけは絶対に外せないね!(というか、他に目ぼしいのがない)と事前に話していた「ギガンテスのこんぼう」を注文したいと思います。


「ギガンテス」というのはコイツ。


ギガ.jpg


強そうなヤツでしょ。

この手に持っているのが「こん棒」です。


で、この「ギガンテスのこんぼう」のメニュー写真がこれ。


IMG_20170325_162132.jpg


そして実際に出てきたのは・・・


IMG_20170325_155437.jpg


紋章がほぼ消えていますよ店員さん!!

これ、クリスマスシーズンにスーパーの惣菜売り場でよく見かけるやつ。。


二人で食べるので、これをカットしますが・・・

感じて下さい、このありえないくらい狭いテーブル。


IMG_20170325_155603.jpg


こちらは、「しびれくらげの和風サラダ」


IMG_20170325_155543.jpg


スライム肉まんも売っています。


IMG_20170325_154544.jpg


ドラクエVをやった方ならおわかりでしょう。


IMG_20170325_154702.jpg


こちらは、「ばくだんいわの火の玉コロッケ」


IMG_20170325_160020.jpg


ちなみに、「ばくだんいわ」というのはコイツ


bakudan.jpg


これを見立てたコロッケみたいですね。

店員さんが持ってくるなり、「ばくだんいわが現れました。メラ(火系の呪文)を唱えてやっつけて下さい」的なことを言います。

メラ1発でやっつけられるようなヤワイ奴じゃないんですけどね(笑

しかし、「せーの」と言われたもんだから、「メラ!」と言うしかありません(笑

すると、コロッケの上のバターのようなものにライターで点火してくれました。

表面のゴツゴツした感じがなかなか凝っていますね。

これはクルミかカシューナッツのようです。

中のジャガイモはすり潰してあるタイプではなく、固形のまま蒸した感じでした。

すり潰しタイプだと、形がまん丸にならないのかもしれませんね。

或いは、ただの手抜きか。

デミグラスソースみたいなタレはややしょっぱかったです。


他にはこんなのもありましたよ。


IMG_20170325_153716.jpg


さて、まだ終了時間ではありませんが、私とFさんはもう飽きてしまったので(笑)、早々と二次会に行くことにします。

私たちが帰り支度をしているのに気づいた店員さんが、「もうご出発ですか?では、冒険の書に記録しますので少々お待ちください」と。

ドラクエでは、ゲームをセーブするファイルの事を「冒険の書」と呼んでいますが・・・

「冒険の書に記録する」とはどういう事でしょう?


店員さんが持ってきたのはスタンプカードでした。


IMG_20170325_210435.jpg

IMG_20170325_210503.jpg


なるほど。来店の記録という事ですね(^^


ルイーダの酒場。私なりにそれなりに楽しめて満足しました。

ただし、ドラクエ好きでない方、または料理のクオリティ重視の方は絶対に行ってはいけません。

単なるぼったくり立ち飲みになってしまいますので(笑

【ルイーダの酒場】港区六本木5-16-3




ブロトピ:東京のグルメ
2017年04月20日

シウマイのソーセージ 【崎陽軒 伊勢佐木モール店】


伊勢佐木モールの関内側入り口には「崎陽軒」があります。


先日、その前を通りました。


IMG_20161203_143139.jpg


そこでふと目に留まったメニュー。


dlkjgowe.jpg


シウマイで作ったソーセージのホットドッグ。

その名も、シウセージドッグ


ネーミングセンスはまあまあ。

とりあえず買ってみましょうか。


ここの崎陽軒にはちょっとした立ち食いスペースがあり、ここで食べるつもりで注文したのですが・・・

テイクアウトにされてしまったので、自宅に持ち帰りました(^^;


帰宅し、さっそくレンジでチン。


IMG_20161127_143525.jpg


包みを開けてみます。


IMG_20161127_143612.jpg


まるでドイツソーセージのようで、ビールが欲しくなります(笑


あれ?看板の写真ではマスタードのようなものがかかっていましたが・・・

まあいいか。


一口かじってみます。


IMG_20161127_143656.jpg


あ、ほんとシウマイの味!!!

何だか新鮮です。


やっぱり辛味が欲しいですが・・・マスタードがないので、冷蔵庫にあった和辛子をかけてみました(笑


IMG_20161127_143822.jpg


美味しいです(^^


このシウセージドッグ、元々は横浜スタジアム内の崎陽軒限定発売だったのが、いつからかここでも発売するようになったそうです。

プロ野球の公式戦も始まったし、横浜スタジアムでは毎日たくさんの人が食べているのでしょうね(^^

【崎陽軒 伊勢佐木モール店】横浜市中区伊勢佐木町1-3-1第1イセビル1F




ブロトピ:神奈川県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .その他 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月15日

台湾の夜市3 【士林夜市】


さて、今回は台北最大の夜市「士林夜市」です!

私にとっては、初めての台湾旅行の時に行った思い出の夜市でもあります。

あの時は、事前にこの夜市は広いとは聞いていましたが、実際に行ってみたらけっこう歩き回ってやはり広かった記憶があります(笑

しかし後日、その時廻ったのは夜市の一部だった事が判明。

全体だとどれだけ広いんだ!と驚いた記憶があります。


士林2度目の今回は、建物の地下にある食べ物屋さんが密集しているエリアを目指そうと思います。

たぶん前回来た時に「臭豆腐」を食べた場所だと思いますが定かではありません。

なんせ、広すぎて場所をよく把握していないので(^^;

では行ってみます。


両側にはたくさんのお店が並び、人混みが激しいエリアに突入しました。


IMG_20160610_181226.jpg

IMG_20160610_181410.jpg


アメ横みたいですね。

この辺りはすでに夜市なのでしょうか??

周りは台湾人だらけです(当たり前)


さあ到着。

何となく覚えていますねーこの雰囲気。


IMG_20160610_182034.jpg

IMG_20160610_182130.jpg

IMG_20160610_182306.jpg


初台湾の時は、味の予想ができない見知らぬ料理ばかりで、どれも美味しそうに見えなかったのですが・・・

さすがに3回も台湾に行くと、見慣れた料理も多いです(笑


いた!今回のお目当てのグルメです。


IMG_20160610_182435.jpg


揚げた食パンの中身をくり抜き、そこに熱々のシチューを入れた食べ物です。

何となく台湾っぽくない食べ物ですね(笑

しかし、事前リサーチで凄く美味しそうに感じたので食べてみることに。


シチューはたくさんの種類がありますね。


IMG_20160610_182750.jpg


どれも美味しそうですが、私は海鮮を選びました。


IMG_20160610_182720.jpg


ちなみに、この食べ物の名前は「官財板」

現地語で「グヮンツァイバン」と言うそうです。

日本語読みだと「カンザイバン」でしょうか。

発音がちょっと似ていますね。

で、この「官財板」というのはどんな意味かというと・・・・なんと「棺桶」。

不吉な名前ですね(・・;)

よりによって、なぜ棺桶・・・。

もっと良いネーミングあるでしょうに。。


さて、登場しました。


IMG_20160610_183056.jpg


こんがりキツネ色ですねー。


パンの中をチェックします。


IMG_20160610_183104.jpg


シチューがバッチリ入っています!

では頂きます。


これ、選んで正解でした!

カリカリのパンに熱々で濃厚なシチューが凄く良く合います。

思っていたよりパンもシチューも量が少ないですが、味は文句ありません。

とっても美味しいです(^^


それと、カニの揚げたやつも注文してみました。


IMG_20160610_182815.jpg

IMG_20160610_182837.jpg


これ、ビールのお供(^^

これまた程良いカリカリ具合で、おつまみ感覚で食べられます。


しかし、まだお腹に余裕があります。

ちょっと他のお店にも寄ってみることにしましょうか。


そして、ルーロウファンとか・・・


IMG_20160610_184908.jpg


鴨血の煮込みとか・・・


IMG_20160610_184933.jpg

IMG_20160610_184940.jpg


これは・・・空芯菜??


IMG_20160610_185041.jpg


やはり、台湾の夜市は安くて美味しいモノがいっぱい(^^)




ブロトピ:海外グルメ
タグ:士林夜市
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .台湾 夜市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月10日

コレ小籠包? 【京鼎小館】


またまた、台北の絶品小籠包の「京鼎小館」さんから。


今度もちょっと珍しい小籠包を発見しましたよ。


メニューに「超人気」とあるコレ。


タロイモ小籠包.jpg


なんと、タロイモの小籠包です。

意外と思いきや、実はタロイモは台湾人にはお馴染み。

かき氷に入れて食べたりしますしね。


さて、登場しました。


IMG_20160609_131622.jpg


一見普通の小籠包に見えますが・・・


よく見ると、中身がパンパンに詰まっていますねー。


IMG_20160609_131628.jpg


私はタロイモ自体あまり食べた記憶がないので、どんな味なのか殆ど未知の世界(笑


では、頂きます。


IMG_20160609_131715.jpg


がぶり。


IMG_20160609_131814.jpg


たぶん甘いんだろうと思っていたら・・・案の定甘いです。

これは、まるであんまんですね!

おやつ(笑


ちょっとイタズラ心で甘さを打ち消してみましょうか(^m^)


黒酢をかけてみたり・・・


IMG_20160609_132120.jpg


ショウガを乗せたり・・・


IMG_20160609_131920.jpg


しかし、それでも甘さが勝っていました(笑


水分が少ないので、手づかみで食べても大丈夫。


IMG_20160609_132342.jpg
注)周囲から白い目で見られる危険あり


そうそう、美味しい台湾料理にはやはり台湾ビールですね!


IMG_20160609_132242.jpg


ご馳走様でした(^^

【京鼎小館】台北市敦化北路155巷13号




ブロトピ:海外グルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .台湾 小籠包 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする