2013年05月26日

台湾の小籠包1 【鼎泰豐】


鼎泰豐(ディンタイフォン)台湾本店にて。


CIMG3728.jpg


言わずと知れた、世界三大小籠包の一つです。

日本でも、横浜や銀座などに支店があるので有名ですね。

台湾の飲食店というと、店内は小汚くてごちゃっとしたイメージがありますが、ここは清潔感があって接客もしっかりしています。

さすが有名店だけあって行列必至ですが、回転が速いので、あまり待たないと思います。

ここに行ったら、とりあえずは小龍包。

食べ方は、まずレンゲに小龍包を乗せ、箸で皮を破ります。

すると、熱々の肉汁が溢れ出ます。


CIMG3738.jpg


その上にタレを付けた刻み生姜を乗せていただきます。


CIMG3743.jpg


私が食べた中では、トリュフの小龍包が一番印象に残った味ですね。絶品でした。

台湾の食べ物は、とにかく安くて美味しいですね。

ノーマルの小龍包1皿で、日本円換算で500円ほどだったと思います(平成22年当時)

次回は小龍包以外のメニューを色々と試してみたいです。

高級飲茶専門店【点心庵】






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。