2014年12月05日

やまあらし丼 【鈴木屋食堂】


や、やまあらしってトゲトゲのアレ?

あんなの食べちゃって大丈夫なんでしょうか??

・・・と思ったら、イノシシの事でした。

山を荒らすから「やまあらし」なのでしょうか。

実はイノシシって天城の名物なのです。

あの踊り子も愛した味だとか。


ということで、はい「やまあらし丼」


IMG_20141029_111140.jpg


イノシシの肉を、タケノコ、ごぼう、シイタケ、たまねぎなどど一緒に煮込んでごはんに盛り付けてあります。

野沢菜のようなものとわさびの茎も入っていました。

かなり具沢山。

タケノコやシイタケを惜しげもなく大量に使っています。

ドンブリの底はツユだく気味。

それにしても、このイノシシの脂身の凄いこと・・・。


IMG_20141029_111255.jpg


豚肉の脂身と同じ感覚で見てしまうとげんなりするかもしれませんが、実はイノシシの脂身はあまりクセがなくて驚くほどあっさりしています。

実は、イノシシは脂身こそ美味いと言われているのですよ。

そして、なんと豚よりも高たんぱく低カロリー。

なぜこんなに脂身が多いのに低カロリー??

と思ったら、なんとこれは脂身ではなくてコラーゲンなのだそうです。

その証拠に、鍋でグツグツ煮ても脂が浮いてこないとか。

このやまあらし丼は味噌仕立てですが、味噌よりもイノシシの甘さが勝っていて、ちょっと薄味に感じます。

醤油を足すともっと味がはっきりすると思いますが。

ちなみに、味噌汁の具は細切り大根。

大根好きの私には嬉しい(^^

普段あまり口にする機会のないイノシシですが、美味しく頂けて満足でした。

このお店では、同じくイノシシをつかった蕎麦「ししせいろ」や「しし南蛮」なども食べられますよ。

IMG_20141029_110107.jpg

【鈴木屋食堂】静岡県伊豆市湯ヶ島185-1



posted by マッコリ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | .丼もの 肉系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック