2016年05月10日

上海蟹 【夜上海】


上海在住の友人に会いに行ったら、上海蟹のお店に連れて行ってくれました。

上海といえば上海蟹ですよね!!

しかし、実は「上海蟹」というのは日本流の呼び方で、現地ではそんな呼び方はしないそうです。


お店の場所は、「新天地」というオシャレスポットにあります。


ys2.jpg

ys1.jpg
※この写真は他から拝借


そしてお店に到着しました。

「夜上海」というお店です。


1.jpg


中に入ってびっくり。

高級店っぽいですが・・・ドレスコードはないのでしょうか??

ラフな格好なので心配でしたが・・・・普通に入れました(^^


テーブルの上にはワインボトルが乗っています。


3.jpg


「お、凄いサービス!」と思ったら違いました。

お店のオススメ的なワインのようで、当然有料です(笑

たしか、1本が日本円で10,000円のところ、6,000円ほどに安くなっていました。


では、メニューから手ごろなコース料理を注文します。

中国語がわからない私には手頃かどうかわからないので、もちろん全て友人任せ(^^;


4.jpg


まずは前菜が登場。


5.jpg


そして、蟹の小籠包。


IMG_20151114_202535.jpg


こちらは蟹のスープ。


6.jpg


蟹の麻婆豆腐。


7.jpg


これは蟹のグラタン?


8.jpg


このグラタン、中身は蟹の身でギッシリでした!

でも、食べ始めは蟹の身ではなくて豆腐だと思い込んでいました。

色といい食感といい豆腐そっくりだったもので(^^;

タラバとかズワイのように、いかにも蟹!という感じではないのですね。

もっともっと繊細な味です。


では、これ以外の料理は割愛して・・・

上海蟹です!


9.jpg

10.jpg


手の平に収まるサイズでかわいいですね。

これだけ小さいと身はさぞ少ないだろうと思いがちですが、上海蟹は身よりもミソを楽しむものだそうです。


殻をなるべく上手に外して頂きます。


11.jpg


ミソももちろん美味しいですが、私的に一番美味しかったのは、この赤い〇で囲まれた部分。


12.jpg


食感が凄く独特なのです。

硬めのゼラチン状というか、ちょっと硬めのご飯粒を潰して糊状にしたような・・・。

まるで、茹で卵の黄身だけを食べているようなねっとりした歯触り。

友人は片栗粉を水で溶いた感じと言っていましたが。

イメージできます?

とにかく、この部分が凄く美味しいのです!


上海蟹を食べるのは最初で最後かもしれないので、よく味わって頂きました。

そして、フィンガーボールで手をよく洗ってディナー終了です。

ごちそうさまでした(^^


私がよく参考にさせて頂いているサイト「上海ナビ」でも、この夜上海を記事にしています。

もちろん私の記事より充実しているので、ご興味のある方はどうぞ。
http://www.shanghainavi.com/food/89/

【夜上海】上海市黄陂南路338号 新天地広場北里




ブロトピ:海外グルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .中国 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マッコリさんいつ行かれたのですか上海には!?
いやぁ上海蟹食べてみたいですね。
何だかガンダムに出てきそうな(昔、ガンダム好きでしたもので)(笑)

蟹づくしを堪能された訳ですねぇ
そちらでは何と呼ぶのでしょうか!?
Posted by 魔王 at 2016年05月13日 15:19
魔王さま

これは、前回上海に行った時のネタです(笑
今更ですがアップしてみました(^^

ガンダムですか(笑
この蟹は真っ赤ですから、きっとシャア専用のモビルスーツですね(^^

ちなみに、上海蟹は現地では「大閘蟹(ダーヂャーシエ)」と呼ぶそうですよ。
Posted by マッコリ at 2016年05月13日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック