2016年09月25日

中華なクレープ 【モミアンドトイズ】


ちょっと久々の横浜中華街ネタです。


やって来たのは、カフェに併設されている小さなクレープ屋さん。


IMG_20160330_122924.jpg


まずはこの券売機で食券を購入します。


IMG_20160330_121757.jpg


で、食券を渡すわけですが・・・窓口には誰もいません。

カウンターには呼び鈴が置いてあり、「ご用の際にはこの鈴を鳴らして下さい」的な表示があります。

そこで、「チリンチリン」と。

すると、店員さんが奥から出てきました。


帽子を目深に被って客と目を合わさず、愛想も元気もない店員さんがクレープを作ってくれます。


IMG_20160330_122042.jpg


そして待つ事5分ほど。


「杏仁豆腐クレープ」です。


IMG_20160330_122129.jpg


生クリームと杏仁の味が絶妙なバランス。

杏子の味がしっかりとしています。

きっと本物の杏子の種を使用しているのでしょう。

甘すぎず、思ったよりもさっぱりとしていました。

油っぽい中華料理を食べた後の口直しに最適ですね。


さて、昔から中華街を知っている人からは「近年の中華街は変わった」とよく聞きます。

老舗店はどんどん閉店し、店によって味にかなりのバラつきがあり、どの店も「食べ放題」を掲げて観光地化してしまったといいます。

私が今までに横浜中華街に行ったのは10回ほどでしょうか。

なのであまり詳しくはないのですが、この日散策してみて、街の雰囲気が過去の記憶とはちょっと違うなとは感じました。

「ぐるなびで1位になりました!」、「食べログで1位になりました!」という看板を掲げる焼き小籠包屋さんたち。

そこに行列を作っている若者たち。

「せっかく横浜中華街に来て新興グルメかよ!」と、突っ込みを入れたくなりました(笑
(以前にご紹介した翡翠チャーハンもその類かもしれませんが(^^;)

もちろん、それが良いか悪いかを言うつもりはありません。

街もグルメも生き残りを賭けて変わっていくものですからね。

【モミアンドトイズ】横浜市中区山下町80




ブロトピ:神奈川グルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | .甘いもの 甘いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クレープは、殆ど口にしないのでどうかわかりませんがこれは食べてみたいっすね(苦笑)

そぉそぉ横浜中華街は、昔から比べると本当変わりましたね(おじさんだか言える。)
若者を引き込む形態に変わっている感じは師匠がいう通りだと思いますね。
自分の知り合いが(お客様ですけど)
中華街は、平日に行かないとダメだよって言われた事があります。
土日、祝日はベテランが作るのでは無くて弟子が作っているそうですw
そんなやり方が、「味が変わったからもう来ない」となり老舗の店が閉店へと追い込まれていったらしいですw
本当かどうかわかりませんがね。
確かに食べ放題とかのお店が増えましたよね。
味よりも量といった感じでリーズナブルになったのは良いと思うのですが....
これも時代の流れなんでしょうかね。
ちょっと寂しい気もしますけどね。
Posted by 魔王 at 2016年09月27日 07:18
魔王さま

さすがよくご存じですね(^^
僕は味の変化まではわかりませんが、雰囲気の変わりようは確かに感じましたね。

平日に行った方が美味しいとは知りませんでした!
それにしても、稼ぎ時の土日祝に弟子が調理しているとは・・・ベテランが楽をして弟子をこき使っているのでしょうか(笑

そうですよねー。。
横浜市民としては、中華街の質が下がるのは残念です(>_<)
Posted by マッコリ at 2016年09月27日 21:07
再び魔王ですw
本当に寂れていくのは悲しいですよね。

そうなんですよぉ〜
弟子に作らせて楽してるらしいです...
全部の店がそうだとは言いませんが(苦笑)
老舗ほどその傾向は強いとか(苦笑)

で自分たちは遊び惚けているらしいですw
変わっていって当たり前ですよね。
味でお客様を呼ぶ事が出来ないのですから
食べ放題とかにするしかないんですw

Posted by 魔王 at 2016年09月29日 06:51
魔王さま

うーん・・・老舗店ほどその傾向があるのとは。。
忙しい時期に弟子に任せきりで、自身は遊びほうけるとは!
味を守る事にもっと真剣にならないと!!
それなら廃れるのも自業自得かもしれませんね(^^;
Posted by マッコリ at 2016年09月29日 21:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック