2017年02月05日

生なんです 【しょうゆ・きゃふぇ】


今回は、横浜の元町にあるエリスマン邸に行ってみました。


IMG_20160330_124931.jpg
注)写真の女性たちは私とは無関係です。


IMG_20160330_124954.jpg


この建物、日本の近代建築の父といわれたA.レイモンドの建築だそうです。


この内部に、醤油を使ったグルメが楽しめるカフェがあるそうですが・・・

それは建物に入ったらすぐにありました。

その名も「しょうゆ・きゃふぇ」。

美味しい醤油パンが名物だそうですよ。

このお店、山の手マダムたちの憩いの場。(私の勝手な思い込み)

お昼時だったせいか満席で、10分くらい待たされました。

店内は狭め。

でも、座席配置が面白いんです。

カウンター以外の席は、円卓を真っ二つに切ったような分度器型テーブル。

そして、全ての座席が窓側に向かって座るようになっています。

IMG_20160330_131310.jpg


どの席からでも窓の外が見渡せる粋な計らいですね。


さて、今回頂いたのは醤油パンではなくてコチラ。


IMG_20160330_131452.jpg


なんだかわかりますか?

これは「生プリン」なのです。

中央の黄色くて丸いのは、桃に見えますが実は「生卵」。

IMG_20160330_131502.jpg


ツヤツヤしていて綺麗ですね(^^


そして、この生卵は4種類から好きなのを選べます。


IMG_20160330_125653.jpg


私は、神奈川のコトブキ農園さんの「恵壽卵(けいじゅらん)」にしてみました。

栄養、味わいともに完璧な玉子だそうです。

私は甘いものはあまり食べませんが、こういう珍しいのは特別です(笑


この玉子を崩し、よくかき混ぜてから頂きます。


IMG_20160330_131614.jpg


オレンジ色のような茶色のような液体は「キャラメルソース」。

さらに混ぜ混ぜしますよ。


IMG_20160330_131718.jpg


ぐちゃっとしていて見た目はイマイチですが・・・味は凄く濃厚です!

味は、ドロドロにとけたキャラメルそのまんま。

生玉子を食べているのですが、それを感じさせないんですよね。

普通に美味しいです!

雰囲気込みで優雅な一時を過ごせました(^^


ところで、玉子の黄身にも色々な色がありますよね。

白っぽかったり、オレンジ色に近い濃い色などが。

色の濃い黄身の方が濃厚で栄養が豊富だと思いがちですが、実はそれは誤解なんですって。

鶏に食べさせるエサによって黄身の色が変わるだけで、栄養の有無とは関係ないのだそうです。

【しょうゆ・きゃふぇ】中区元町1-77-4




ブロトピ:神奈川県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .甘いもの 甘いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっこれは食べてみたいっすね(笑)
しかも横浜、元町といえば自分の庭みたいなもんですから(浜っ子を主張していますw)
でもマダム達の憩いの場となるとちょっと入るのに抵抗が有りますかね(苦汗)

へぇ濃いと栄養が有るのかと思っていましたが違うんですね知りませんでしたよ。
Posted by 魔王 at 2017年02月09日 06:56
魔王さま
そうですね、この店のエリアは魔王さんの庭だと思いますよ(^^
何だかマダムっぽい方々が多かったので、勝手に思い込んでみました(笑
元町も色々と興味深いお店が多いですね。
Posted by マッコリ at 2017年02月09日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446553801

この記事へのトラックバック