2017年01月15日

瓦に乗せてみました 【別邸福の花】


浜松町で飲み会をしました。

お店は「別邸福の花」さん。


IMG_20160820_170428.jpg


山口県の郷土料理のお店なんですよ。


入り口には「杉玉(すぎだま)」が飾ってありました。


IMG_20160820_170154.jpg


たまに酒蔵などの軒先で見かける事がありますが、あれは新酒ができた合図。

このお店のは単なる飾りだと思われます。


では、お店に入ります。

まずは、山口県の地ビールを頂きましょう。


IMG_20160820_174354.jpg


おかわりを含めて4種類全部を飲み尽くしてしまいました(笑


IMG_20160820_171521.jpg

IMG_20160820_174820.jpg


どれも非常に飲みやすいビールでした。

尚、「スタウト」「ヴァイツェン」「ペールエール」「ピルスナー」の詳細は省きます。ご存じない方は各自調べてみて下さい(笑


獺祭の23%も頂きました(^^


IMG_20160820_182842.jpg


こちらはフグの唐揚げ。


IMG_20160820_181337.jpg


そして本日のメインですが、「瓦に乗せる山口の郷土料理」と言えばピンとくる方もいるでしょうね。


そう、「瓦そば」です!


IMG_20160820_193932.jpg


単に瓦を皿代わりにしているわけではありませんよ。

瓦が熱々に焼けているのです!

湯気が立っているのがおわかりでしょうか?


IMG_20160820_193939.jpg


味は付いているので、このまま頂きます。

焦げた茶そばが非常に香ばしくて良い味ですね。

IMG_20160820_194059.jpg


3人で食べたので、あっという間にペロリでした(笑


以前に山口にフグを食べに行った時に、これも食べたかったのですが・・・スケジュールの都合で叶わなかったグルメ。

それを今回都心で叶えさせて頂きました。

【別邸福の花】東京都港区浜松町2-2-6 大塚ビルB1〜2F




ブロトピ:東京のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .そば 温かいそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月25日

ひとり居酒屋6 【寿司処かぐら】


今回は、とっておきのお気に入りのお店をご紹介します。

といっても、おなじみ「ぴおシティ」地下街のお店ですけど(笑


「ひとり居酒屋」という記事ではありますが、ここは居酒屋ではなくて寿司屋です。


IMG_20150705_115629.jpg


回転寿司ではありませんよ(笑


ネタは横浜中央市場から毎日直送しているそうで、新鮮で美味しい!しかも安い!!

そして、一人でしっとりと飲むのにもってこいのお店なんです(^^

たまに日曜にランチで行くのですが、何故かお客さんはそんなに多くないんですよ。

12:00頃に行って、他のお客が誰もいないこともあります。

このお店は野毛にあるのですが、桜木町〜日ノ出町近辺は人通りが多いですし、近所にJRAもあります。

それなのに、なぜ競馬が開催している日曜日にこんなに空いてるんだ!という感じ。

かなり穴場のお店だと思いますよ(^^


店内はこんな感じです。


IMG_20150830_110334.jpg

雰囲気は居酒屋チックですね。


カウンター席もありますが、私は奥のテーブル席がお気に入り。


IMG_20150705_113621.jpg


この席は落ち着くので好きですが、隣席に人が座るとちょっと圧迫感があります(^^;


さて、今回は「晩酌セット」にしましょうか。


IMG_20150705_115702.jpg


これは、ビールとつまみ三種類が1,000円で楽しめるんです。

量、金額共にちょっと飲みたい時には最適ですね。


ここのビールジョッキは珍しい陶器製。


IMG_20150705_113904.jpg


で、この日のつまみ。


IMG_20150705_114034.jpg


ちなみに、ランチ時には新鮮な魚を使った丼も楽しめます。

例えば・・・

マグロとワラサと生しらすの三色丼。


繝ッ繝ウ繧ウ繧、繝ウ荳シ.jpg


さらに、こちらは「まぐろ漬け丼」。


マグロ漬け丼.jpg


これ私の一押しです(^^


これらのランチメニューには、冷やしうどん(小)か茶わん蒸しが無料で付いてきます。(ワンコインランチは対象外)

私はいつもうどんにするのですが、このうどんがコシがあって美味い!

ランチメニューには握り寿司も数種類あって、どれもこれもお手頃価格で美味しそう(^^


野毛や桜木町近辺で、「何食べる?でも、どのお店も混んでるよねー」って時は、このお店を思い出して下さい。

※こちらのお店、H28.10月に真向いの場所に移転しました。
新しいお店の広さは、旧店舗(この記事のお店)の3倍くらいになり、店内の雰囲気が明るくなりました。
その為、お客さんがだいぶ増え、女性客もたくさん来るようになったそうです。
で、旧店舗だった場所は、そのままの間取りで別のお蕎麦屋さんが営業しています。


【寿司処かぐら】横浜市中区桜木町1-1



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .そば 温かいそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月25日

椿フォンデュ 【大島温泉ホテル】


伊豆大島のホテルで頂いた「椿フォンデュ」。

これを食べたくて伊豆大島まで行ってきました!


伊豆大島の名産品といえば「椿」。

その椿の油で揚げる天ぷらが、この「椿フォンデュ」です。

椿油には健康に良いオレイン酸が多く含まれているため、体に優しい揚げものなのです!

食材がカラッと軽く揚がるのも、椿油の特徴なのですよ。

それを、自分たちで揚げて食べられるのです。

楽しそうでしょう?(^^

ホテルの部屋で楽しみたかったのですが・・・残念ながら、このホテルでの食事はすべて食堂なのです。


それでは、食べ方の説明を。

こちらが天ぷらにする具材。


1.jpg


豪華ですねー!

ちなみに、これはノーマルバージョン。

追加料金を投入して、さらにグレードアップすることも可能です。


そしてこちらが天ぷら鍋。


2.jpg


お一人様用って感じのかわいい鍋ですね(^^

この鍋の形、ひょっとしたら椿なのでしょうか?


では、とりあえずタマネギからいってみましょうか。


3.jpg


コロモをまんべんなくつけて・・・


4.jpg


鍋に投入!


5.jpg


ジュワーっとすること数分。

ハイ、出来上がり!


6.jpg


サクサクして美味しいです(^^

お次、ニンニクのような形をしていますが、これはエビの身です。


7.jpg


これをこうして・・・


8.jpg


出来上がり!


9.jpg


やはり揚げたては最高(^0^)


お次はサツマイモ。


10.jpg


たっぷり付けて・・・


11.jpg


サツマイモは揚げる時間をちょっと長めにするといいです。


12.jpg


そして、ナス


13.jpg


これが


14.jpg


こうなります。


15.jpg


しいたけbefore


16.jpg


after


17.jpg


ピーマンbefore


18.jpg


after


19.jpg


鮭before


20.jpg


after


21.jpg


噛めばホクホク。湯気が立ち上ります(^^


22.jpg


こちらはホタテ。


23.jpg


そして、なんとお皿に乗っていた伊勢海老。

飾りだと思っていたら、ちゃんと食べられるんです!

海老の足はかき揚げに。


24.jpg


頭は真っ二つにして揚げて頂きます!(伊勢海老の調理は食堂の方がやってくれます)


25.jpg


伊勢海老一匹を余すところなく食べ尽くしました!

豪華な食事で大満足(^0^)


食べ終わってみれば、部屋食ではなくて正解でしたね。

もし部屋だったら、空間中が揚げ物臭で大変なことになるところでした(^^;


ところで、このホテルの露天風呂からは三原山が見渡せ、天気が良い日は最高の眺望です!


13043.jpg


ちなみに、私が滞在している間はずっと悪天候で三原山の影すら見えませんでした(--;

残念。

【大島温泉ホテル】東京都大島町泉津字木積場3-5



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .そば 温かいそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月25日

仙人そば 【佳雅】


ソバ屋さんで変わったメニューを発見。

その名も「仙人蕎麦」
注)前回の記事の仙人とは無関係です(笑

1,200円とちょっと高めですが、躊躇することなく注文します。


IMG_20150923_144147.jpg


具は、鴨肉・揚げもち・わかめ・長ネギ・青ネギ・カニかま。


これがなぜ仙人かというと・・・・・全くわかりません(笑


ソバは細めで、噛み切る時に「ねちょっ」とするタイプ。


IMG_20150923_144203.jpg


分かりにくい表現ですか?


つゆは真っ黒に近い色で、ちょっとしょっぱめ。

長ねぎは生のではなく、つゆと一緒に煮てあるタイプ。

すきやきでちょっと煮込んだネギみたいで好きな味です。


さてこちらのお店、L字型の空間にはテーブル席が5つのみ。


IMG_20150923_145540.jpg


先客が一人いたのですが、食事の最中におもむろに立ち上がって厨房に向かって話しかけました。

「中身が入っていないのですが・・・」

どうやら、ソバのつけ汁が入ってないようす。


それに対してご主人。

「あー、ごめんなさいねー。最近ボケてきてるもんだから(笑」

そんなノリで、私までほのぼの(^^


客と主人、そして女将さんを巻き込んでのやりとりが楽しいです(^^


そして、もう一人お客さんが入って来ました。

おじいさんです。

しかし、テーブルにつこうとせず、店員さんの様子を窺うように佇んでいます。

手には、汁物のお椀が2個。

おじいさんに気が付いた店主が挨拶をしながら近寄っていきました。

「なに〜?、わざわざ持ってきてくれたの〜?」
「ついでの時で良いって言ったじゃんよー」


おじいさんは、出前の器を返却する時に汁物のお椀だけ出し忘れたので、それを持って来たのでした。

しかし、どのお椀かわからなくなり、候補を2個持ってきたおじいさん(笑


そして、お椀を受け取り、おじいさんを労いながら店の外まで見送る店主。

この日二度目のほのぼのでした。

【佳雅】横浜市南区浦舟町3-38




posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .そば 温かいそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月30日

スゴモリ 【戸隠本店】


「すご盛り」だと思いました?


実は「巣ごもり」です。


image.jpg


鳥の巣に似ているからこの名がついたとか。

かた焼きそばの日本そばバージョンです。

お皿がかなり大き目。

たぶん直径25cmくらいはあります。

こんもりとした巣ごもりには、具だくさんの熱々あんが。


image2.jpg


具は、うずら卵・豚肉・ニンジン・きぬさや・シイタケ・タケノコ・イカ・エビ。

酢とカラシはお好みで。

私はかた焼きそばを食べ慣れていないため、食べるのに時間がかかります。

堅い麺をどうやって食べ進めれば良いかよくわからないんですよね。

箸で割って食べたらいいのでしょうか。

それだと麺が細かく砕けてもったいないし・・・。

箸で麺全体をつまんで口に持ってくればいいのでしょうか。

それよりも、おやつじゃあるまいしなぜ堅い麺なのか?(それなら注文するな)

そんなこんなで食べすすめ、中盤になるとそばがしなってきて食べやすくなりました。

あんが絡まった具はとてもいい味です。

ですが、序盤に酢をジャブジャブ入れたので、最後の方はかなり酢ごもりに(--;

なかなかボリュームがあって食べ応え満点でした。

このお店、店名からして長野の「戸隠そば」をウリにしているのかと思ったら、メニューを見る限りでは全然関係ないようです。

【戸隠本店】横浜市中区伊勢佐木町1-10




posted by マッコリ at 21:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | .そば 温かいそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月20日

歴史的な大雪の日にあのお店へ 【坂の上のそば屋司】


平成26年2月、2週連続で関東地方を襲った記録的な大雪。

その2週目の大雪の翌日に訪れました。

首都圏では、あまりの雪で交通事故や渋滞が多発、陸路が滞って物資輸送もままならない状況。

さすがにお店の営業中止も考えられ、事前に電話で確認。

すると、雪かきをしているため30分ほど開店が遅れるとのこと。

これが結果的には私的にはちょうど良い時間でした。

この店はやたらと評価が高いので、以前から行ってみたいと思っていたんですよ。

店名の通り、坂や階段をいくつも上った先にある店です。

噂によると、この店はわかりにくい場所にある為、5回目でやっと着く人もいるから1回で行けたらラッキーとか。
どこまで本当かわかりませんが(笑

私は地図を持参したので、すんなり辿り着けました。

店のまわりもすっかり雪景色です。

雪で隠れてよくわかりませんが、店の庭には眺望が素敵なテラス席があるんですよ。

DSC00578.JPG

店に入ると女将さんが出迎えてくれます。

テーブル席もありましたが、奥にある座敷に通してくれました。

女将さんのおもてなしと人の良さそうなご主人との会話は噂通りに楽しいです。

「こんな雪が凄い日にようこそおいで下さいました」

「今日は9:00から雪かきをしているけど、(12:00時点で)まだ終わらないんですよ」

「昨夜はソチオリンピックを深夜まで観て、この時間になってもまだ寝ている人も多いんじゃないですかね」

などと気さくに話しをしてくれるご主人。

さて、まずはそば茶が出されると聞いていたのですが、出てきたのは普通の緑茶でした。

日本酒を飲みながら、平貝の一夜干しや玉子焼きやそばがきを頂きます。

DSC00573.JPG

DSC00571.JPG

DSC00572.JPG

この店ご自慢の肉厚の平貝は、店の庭で干しているそうです。

一通り料理と日本酒数種類を楽しんでから、シメにかき南蛮そばを注文。

DSC00577.JPG

これが食べたかったんです。

寒い冬には最高!

かきはたっぷりと入っています。

まず、焦がしねぎの香ばしい風味が非常に良いです。

つゆはダシがきいていて美味いです。

意外と量が多く、すっかりお腹いっぱいになりました。

お茶のおかわりをお願いしたところ、「そば屋にとって、そば湯がなにより大事だからそば湯をお茶として飲んで下さい」との事でした。

確かに、鴨せいろ二色のところでも書きましたが、そば湯には身体に良いルチンが含まれています。

帰り際に玄関まで見送ってくれ、日本酒銘柄の貴重なお話をして下さった女将さん。

またいつかお伺いしますね。

【坂の上のそば屋 司】横浜市西区東ヶ丘23-27










posted by マッコリ at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | .そば 温かいそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月28日

名前のまんま、これがえきそば 【えきそば】


「まねき」のえきそば。

これは姫路駅の名物です。

昭和24年に発売が開始され、現在でもファンが多いんですって。


まねき食品様に問い合わせたところ、この「えきそば」の本筋は姫路駅在来線ホームにある立ち食い形式のお店だそうですが、私は新幹線搭乗口そばの「マネキダイニング」というお店に行ってみました。

座りながら、写真を撮ったり味わって食べたかったので(笑


DSCN0265.JPG


写真ではわかりにくいですが、実物の麺は黄色いのですよ。

この麺、実はかんすいが入っている中華麺なのです。

中華麺と和風だしのミスマッチという噂を耳にし、実に興味をそそられました。


麺はラーメンのような食感をイメージしていたのですが、普通のそばとあまり違いを感じません。

違和感なく食べられました。

裏を返せば普通の味ということになりますが・・・。


休日の昼間に訪れたのでお客さんもまばらでのんびりと味わえましたが、平日のラッシュ時などは混雑するそうです。


えきそばの元祖は「まねき食品」です、類似品も出回っているそうなので、食べに行かれる方は、「まねき食品」かどうかご確認下さい。

「まねき食品」という名前の由来は、「お客様をお招きする」ということらしいです。

わかりやすくていいですね(笑

【マネキダイニング】JR姫路駅新幹線搭乗口前
まねき食品公式HP:http://www.maneki-co.com/

今だけ!雪村そばお試しセット限定販売中






posted by マッコリ at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | .そば 温かいそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月22日

世界遺産でニジマスそばを【白川郷】


岐阜県の世界遺産、白川郷でいただけるニジマスそば。

110503_0910~01.jpg

湯気立ち上るニジマスそば。

具が珍しくありませんか?

きくらげに玉子焼き、真ん中の細長い棒状のモノは筍です。

そばと魚って、食感も違和感なく美味しいです。

冷たいそばだとまた違うのかもしれませんが。


白川郷といば、合掌造りの集落があまりにも有名ですね。

その合掌造りの店内では、ニジマス、イワナ、アマゴを、刺身や塩焼きなどで味わえます。

「地元で獲れた魚」と聞くだけで美味しく感じるから不思議ですね。

いえ、美味しく感じる原因は、それだけではないようです。

澄んだ空気や流れる清水、歴史ある合掌造りの家々が連なる中、周囲に見える雪を被った山々。

私が行ったのはGWなので、当然人出は多かったはずですが、それほど混雑感はありませんでした。

…それもそのはず、遠くには白川郷内に入れずに駐車待ちをしている車の行列が見えます。

混雑時には入場規制をするのですね。

というか、単に駐車場が満車で入れないのでしょうか?

私が岐路に着くときには反対車線に大渋滞が出来ていましたよ。

もし長期連休に行く時には、現地には早朝に到着する事をおすすめします。

ニジマスの生臭さ:ゼロ
具の珍しさ;★★★★
味:★★★

CIMG8104.JPG







posted by マッコリ at 21:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | .そば 温かいそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年04月19日

インパクト大!ねぎそば 【大和屋】


大内宿のねぎそば(高遠そば)

このそばの存在を知った時は衝撃的でした。

ねぎでそばをすくって食べつつ、ねぎも薬味として食べられるなんて・・・

なんて合理的なんでしょう!


注文すると、そばに長ねぎがまるごと1本付いてきます。

割と細めのねぎですね。


negi1.jpg


この見た目のインパクト。

余計な言葉はいりません。

そばとねぎだけなのに絵になりますね〜。


食べる前は、ねぎで食べようにもそばが滑って上手くすくえないのではないか?

そう思っていましたが……

実際にその通りでした(笑


テーブルには割り箸もあるので、無理にねぎで食べなくても大丈夫です。

しかし、ここに来てねぎ食いをスルーするわけにはいきません。

箸は一切使わずに完食しました。


ねぎで食べているのを動画で撮影し合っている客が何組かいました。

ねぎはあまり辛くはなかったですが、食べ終わった後もしばらくは口にねぎの味が残ります。


店内の写真を撮り忘れましたが、古民家の外観に似合った内装です。

公式HPに写真がありますので、是非ご覧ください。
http://negisoba.com/

見たら絶対に行きたくなりますよ(^^

【大和屋】南会津郡下郷町大字大内字山本6
negi2.jpg

oouchi5.jpg

※当記事は、にほんブログ村で開催された記事トーナメント「第11回 麺(統一版)トーナメント」で優勝いたしました。 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
↑ トーナメントはこちら





o
posted by マッコリ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | .そば 温かいそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする