2017年03月20日

麻婆らーめん 【京ラーメン糸ぐるま】


横浜関内に「マリナード」というちっぽけな地下街があります。

地下商店街の事を「サブナード」と言いますが、横浜なので「マリナード」なのでしょうか?

私はたまに、この「マリナード」内のエクセルシオールカフェでコーヒーを飲みながら読書をします。

地下にあるせいかお客さんが少ない事が多く、ゆったりできるのでお気に入りです(^^

この日もコーヒーを飲みにマリナードへ行きました。

すると、隣のラーメン屋さん入口に興味深いメニューが掲げられていました。


IMG_20170318_104940.jpg


麻婆らーめん


辛そうなラーメンですねー。

そそられます(^^

でも、この時は食後でお腹いっぱいだったので、また今度食べてみることにします。


で、予定通り後日食べに行ってきましたよ。

寒い日だったので、絶好の麻婆日和(笑


お昼時近いですが、まだまだお客さんは少なかったです。


IMG_20170312_111603.jpg


メニューを見ると、なかなか色々なラーメンがありますね。

普通のラーメンもあっさりしていて美味しそうでした。

これが京ラーメンというやつでしょうか?

しかし、今日はやはり「麻婆ラーメン」です。


という事で注文しました。


IMG_20170312_112005.jpg


なかなか辛そうな色合いです。

ラーメンの中に黒い塊があるのが確認できると思いますが、この部分は特に辛いです。

無警戒で口に入れると私のようにむせ返ります(^^;


豆腐もどっさり入っていますね。


IMG_20170312_112013.jpg

IMG_20170312_112246.jpg


ニラともやしがシャキシャキしていて良いですね(^^



麺は細麺でした。


IMG_20170312_112035.jpg


辛い上にトロみもあるので、意外と汗をかきました。

なかなか美味しかったですね。ごちそうさまでした。


こちらのお店、15〜21時は生中やハイボールが299円だそうです。


IMG_20170312_112408.jpg

この辺りはこんな価格のお店が多いような気がします。

中ジョッキとはいっても、ちょっと小さめのジョッキなんですけどね。





ブロトピ:神奈川県のグルメ


posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月05日

紅白ラーメン 【牛骨屋バカボーン】


京急線の日ノ出町駅のそばにあるラーメン屋さんです。

「牛骨ラーメン」というノボリが気になったので、行ってみました。


IMG_20151031_180300.jpg


狭いけど明るくて清潔感のある店内。

BGMが流れる落ち着いた空間です。


IMG_20150828_122832.jpg


座席はコの字カウンターのみだと思ったら、4人掛けテーブルが一つありました。

狭い店内を工夫したレイアウト、なかなかの設計センスを感じます。


ラーメンは2種類のみ。赤麺と白麺です。

IMG_20151031_180435.jpg


ということは、もう一度食べにくる必要がありますね(笑


まずは赤麺。


IMG_20150629_190058.jpg


てっぺんにはレンコンチップ。オシャレですね。

しかし、見るからに辛そうな真っ赤なスープ。

ドンブリが白いので、スープの赤色がさらに強調されています。

あれ?ドンブリが傾いてる??

と思ったら、フチの高さが均一ではなくて、手前側は低くて逆側が高くなっていました。

どうやら、食べやすさを追求したドンブリのようです。


ネギの下には牛バラ肉がありました


IMG_20150629_190135.jpg


一口スープを飲んでみて・・・あーわかる牛骨!

カルビクッパを思い出させる味です。

辛くて汗がじんわり。

そして麺は太め。もっちりしています。


IMG_20150629_190201.jpg


スープにはとうがらしのかけらが結構浮いていました。


そして、こちらが後日食べた白麺です。


IMG_20151031_181115.jpg


白いスープに赤いドンブリ。

赤麺とは逆の色使いになっていますね。

白麺には、肉味噌のようなトッピングが付いてきます。


こちらのお店、駅から近くて大通りに面しているので最高の立地。

グルメサイトの評価も高く3.5超え。

味は私好みではありませんが不味くはありません。

このお店より高くて不味いお店なんていくらでもありますからね。

なのに・・・・

このお店にお客さんが入っているのを見たことがないんですよね。。

私が行った2度とも、他のお客はいませんでしたし・・・。

しょっちゅう店の前を通るわけではないので、その時にたまたまお客がいなかっただけかもしれませんけど・・・。

ちょっと経営状況を心配してしまいます。

それにしても、店名の由来が気になる・・・。

【牛骨屋バカボーン】横浜市中区日ノ出町2-118-3



タグ:バカボーン
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月10日

なんだと思います?


この箱の中身は何かわかりますか?


IMG_20150808_110004.jpg


もちろん食べ物ですよ。


では、ヒントに箸を置いてみます。


IMG_20150808_110015.jpg


箸をアップしてみます。


アップ.jpg


「一蘭」


そうです!

天然とんこつラーメンのあの一蘭です!


この器は「重箱どんぶり」と言われるもので、博多のキャナルシティ店限定なんですって。

重箱と聞いてたので硬化プラスチック製かと思ったら、普通のどんぶりと同じ陶器でした。


では、蓋オープン!


IMG_20150808_110029.jpg


四角い器だと何だかラーメンの雰囲気が変わりますね。

麺の上には赤い秘伝のタレが。

では食べてみます。


・・・う、美味い。

一蘭がこんなに美味しいとは知らなかった!

首都圏にもいっぱい店舗あるけど、実は食べたのは初めてなのです(笑


一蘭の凄いところは、なんと24時間営業!

そして、味集中システムと呼ばれる仕切り付きカウンター席!


IMG_20150808_105710.jpg


味に集中できるように、両隣が仕切られているのです。

そして、目の前からラーメンが出された後は、その目の前にある簾が下されます。


IMG_20150808_110255.jpg


こうなると完全に一人の空間!

私は好きですねこういうの(^^

しかし、閉所恐怖症の人はどうなんでしょうか(笑


うーん、これは確かに味に集中できますね。

他の客や厨房でのガヤガヤ感がないので、目の前のラーメンに没頭するしかないのです!


一蘭でラーメンを食べる流れをおさらいすると・・・

まず券売機で食券を買い、テーブルについたら麺の硬さやニンニクの有無などを紙に書きます。


IMG_20150808_105603.jpg


で、ボタンを押して店員さんに食券とその紙を渡すだけ。


替え玉やトッピングを追加する場合には、箸袋に記入して・・・


IMG_20150808_110643.jpg


そして、またボタンを押して店員さんに渡す。


・・・考えたら全て無言でOK。

最初から最後まで、店員さんや他の客と顔を合わせることがありません。

芸能人向けラーメン店ですね(笑


しかし、「友人と行った時には仕切りがあると困る」という声も聞きます。

そんな時でも大丈夫!

なんと仕切りは外せるんですねー。

そうすると、今度は友人同士だけの空間になるというわけです(^^

かなり思い切ったシステムですが、多くのお客からの支持を得ているのでしょう。

これだけ店舗数が増えているんですものね。

IMG_20150808_111340.jpg

【一蘭 キャナルシティ博多店】福岡市博多区住吉1-2-22キャナルシティ博多ノースビルB1F



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月20日

サンマ入り? 【横濱ラーメン】


今回は「サンマーメン」

首都圏、特に神奈川在住の方には説明不要でしょうが、日本には知らない人もまだまだいるので一応記事にしてみます。


「サンマーメン」とは何かというと・・・

まず、サンマが入っているわけではありません。

サンマは一切入っていません。

大事な事なので二度言いました(笑


いえ、サンマが入っていると勘違いする人も実際にいるそうなので念のため。

しかし!世の中には色々な食べ物があるもので、本当に魚のサンマが入ったラーメンが岩手県に存在するんですって!びっくりですね(゚o゚)

それはいつか食べに行こうと思います。


さて、この神奈川の「サンマーメン」とはコチラ!


IMG_20150607_124259.jpg

IMG_20150607_124410.jpg


簡単に言うと、とろみのあるもやしラーメンですね。

見た目通りあっさりシンプルな味付けで、飲んだ後の〆には最適!

で、数日もするとまた食べたくなってしまう中毒性がちょっとだけある味。


お店の外観。


IMG_20150607_125257.jpg


昭和のにおいがプンプンしますねー。

誰でも気軽に入れる雰囲気がまたいいです。

座席はカウンターのみで10席。


こちらは、達観した表情の店主。


IMG_20150607_124147.jpg


無表情で黙々と作業をこなす姿はまるで仙人。

無駄口は叩きませんが、声は意外と大きかったりします(笑


そして、気になるお値段は・・・。


IMG_20150607_123635.jpg


ラーメンが520円。このサンマーメンは620円。

安いですね!まさに昭和価格(^^

ただ、あまり量は多くありません。


横浜野毛に訪れた際には是非こちらのお店へ。

サンマーメンと懐かしさを味わえますよ。

【横濱ラーメン】横浜市中区桜木町1丁目1ぴおシティB2F
※H28.10月追記 こちらのお店の閉店が確認されました。実に名残惜しいです。



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月30日

レモンラーメン2 【極楽湯横浜芹が谷店】


いきつけの温泉の食事処で、たまたま見つけたレモンラーメン。


IMG_20150404_175907.jpg


以前にレモンラーメン1をご紹介しましたが、初めてレモンの輪切りが入っているラーメンを見た時には衝撃を受けたものです。

今回は二度目なのでインパクトは弱くなってはいますが、メニューの中でひときわ目立つ存在感。

またあの不思議な味を感じてみたくなり、つい注文してしまいました(笑


今回はレモンラーメン1のおさらいを兼ねて、両者を比較しながらレポートします。


まず、1は温かいラーメンですが、こちらの2は冷たいラーメンです。

麺以外の具は、1はレモンのみでしたが、2は割と大き目のチャーシューと刻んだ水菜が入っています。

1はレモン丸々1個。

それに対して2はレモンが7切れ。丸々1個も使ってないかな?という印象でした。

もっとも、丸々1個もいらないんですけどね(笑


麺ですが、1は日本そば風でした。

2は中華麺なので、ツルツルしています。


IMG_20150827_151628.jpg


このタイプの麺のほうがラーメンを食べてる!って感じがします。


1はスープが温かいせいか、レモンを結構早い段階で取り出さないとスープ全体が酸っぱくなってしまいます。

2はレモンをずっと入れっぱなしでも、あまり酸味が強くはなりません。


スープの味は、1は確か醤油ベースでした。

2は、醤油でも味噌でもとんこくでもなく、かつおだしのような不思議な味。

一口飲んで・・・ん?なんだろこの味??

で、更にまた一口飲んで・・・という感じで引き込まれる味です。


1は、食べるのは麺だけなので味と食感が終始単調(なので、多くの人は鳥天を同時に注文する)、2は立派なチャーシューが嬉しい。

また、水菜も入っているのでシャキシャキとした食感が楽しめる。

そして、水菜独特の苦みがレモンによってうまく打ち消されています。


これはなかなかよくできたラーメンです。

温泉施設の食事処だからといって侮れませんね。


ちなみに、2は夏限定メニュー。

ただし、毎年あるかどうかは不明です。

ご興味のある方は、夏が終わるまでに味わってみてください。

【極楽湯横浜芹が谷店】横浜市港南区芹が谷5-54-8



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月05日

カレータンタン麺 【大河家】


京急線の黄金町駅から歩くこと数分。

黄色い看板がひときわ目立つラーメン屋さんを見かけました。

IMG_20150512_175901.jpg


あれ?あんなお店いつできたんだろう??

凝視すると、「元祖カレータンタン麺」との表示が。

カレータンタン麺??

それは食べたことない。

ということで、行ってみました。


店内はとても綺麗。

どうやら昨年オープンしたらしいです。

まず自販機で食券を購入するのですが、この自販機が普通のとちょっと違うので最初は戸惑います。

テンキー式の券売機で、見た目はコインパーキングの清算機のよう。


IMG_20150529_180335.jpg

注文するメニューに対応する番号を押すというシステムです。

カレータンタン麺は1番なので、「1→購入」ボタンを押しますが・・・買えません。

何度試してもダメなので、店員さんを呼びました。

すると、「1」ではなくて「01」だと。

なるほど、確かにメニュー表にも「01」となっています。二桁入力だったのですね。


さて、注文から5分ほどで登場。これが「カレータンタン麺」です。


IMG_20150509_181710.jpg

卵とじが入っているとは珍しいですね。

スープは鶏ガラベースでしょうか。

味はカレー+にんにく。(にんにく抜きも可)

最初の一口はカレー味が強いですが、辛さと熱さとニンニク味のせいで段々とカレー味を感じなくなっていきます。

ちなみに、辛さは7段階。

特に辛さの指定をしなければ、2番目に辛くない中辛になります。


麺はこの通り若干太め。


IMG_20150509_181744.jpg

普通盛りを注文しましたが、麺はちょっと少なく感じました。


食べ終わってシャツを見たら、幻のカレーうどんの時と同じく汁が一滴飛び散っていました。

麺類を食べる時は、ズルズルすすらずに汁が飛ばないように気を付けているのですが・・・きっと食べ方が下手なのですね(-^-)

ちなみに、紙エプロンは店内で1枚10円で販売しています。


こちらは、別の日に食べたトマトカレータンタン麺。


IMG_20150529_181140.jpg

よーく見ると、トマトがちらほら入っています。

真ん中の白い細長いモノはチーズ。

トマトとチーズ、イタリアン風ですね。

ちなみに、こちらは更にカレー味を感じにくい仕上げとなっています(^^;


IMG_20150529_180413.jpg

なるほど、ライスを注文して余ったスープを掛けて食べるのもアリか。

どんぶりの下に残ったひき肉もライスと合いそうですし。

お腹に余裕がある時はやってみよう。

【大河家】横浜市南区前里町2-47



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月15日

これは斬新!レモンラーメン 【りんすず食堂】



re.jpg


具はレモンの輪切りだけ・・・それも大量に。

実はラーメン1つにつきレモン丸ごと1個使われています。

まさに、レモン1個分のビタミンC入り。

冬は風邪予防にもなりそうです。


レモンの下に隠れている麺は、中華麺というよりソバに近い感じ。


re2.jpg


というかソバなのかもしれません。


スープはレモンの風味が爽やかですね。

ただ、レモンを取り出すのが遅れると酸味と苦味が強くなって味が変わってしまうとか。

とりあえず、恐る恐る食べてみました。

・・・ん、そんなに違和感ない味ですね。

どれだけ美味しくないのだろう?(無礼者)という期待もあったのですが、見事にその期待が裏切られました。

ただ、レモンを入れるとしても2〜3切れで十分でしょう。

それを丸ごと1個使うというのは明らかに話題作り。

まあ、だからこそ私のような人間も食べに行くのですが(笑


そしてこのお店で有名な「とり天」も注文してみました。


image.jpg


とり天というよりも唐揚げな感じですが、ボリューミーでジューシーで柔らかい。

カリッと揚げられていてとても美味しいです。


こちらのお店、レモンラーメン以外にも珍しいラーメンあり本格派ラーメンもあり。

是非また訪れたいです。

【りんすず食堂】東京都江東区大島5-7-3



posted by マッコリ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月10日

やりすぎなカップラーメン 【鬼辛とんこつ醤油ラーメン】


漫画に出てきそうなインパクトのあるカップ麺。


IMG_20140829_204628.jpg


「激辛スパイスを入れすぎてみた」って。

何とも軽いノリ(笑

さらに、「驚き&やりすぎ」。

入れすぎ、やりすぎとわかってて発売するのかい!

と、思わず心の中でツッコミを。

激辛を謳いながら結構マイルドという商品が多い中、これは何だか期待できそう。

そして、パッケージ写真の山盛りスパイスが凄いことになっています。

普通なら「写真はイメージです」って記載されていそうなものですが…

どこにも記載されていません。

実物もこんな山盛りスパイスということでしょうか?

はい、ということで写真を真似てみました。


IMG_20140829_231526.jpg


スパイス全投入すると、こうなります。


IMG_20140829_231537.jpg


口に含んだ瞬間にむせました。

これは期待を裏切らない辛さ。

赤いペヤングより辛いです。

スープはさすがに飲めませんでしたねー

こんなのを商品化するとは…なかなか見上げたメーカーですエースコック。

※当記事は、にほんブログ村で開催された、「第40回インスタント食品(統一版)トーナメント」で優勝いたしました

第40回 インスタント食品(統一版)ブログトーナメント - 料理ブログ村
第40回 インスタント食品(統一版)ブログトーナメント




posted by マッコリ at 09:39 | Comment(6) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年07月20日

横浜伊勢佐木の隠れた名店 【太源】


ずっと気になっていた「カレーラーメン」。

でも、いつも満席状態で食べられなかったんです。

座席はカウンター席が数席のみだから仕方ないのですが。

それに、行ったのは週末のめし時だったからなおさらですね。

ならばという事で、平日の15時頃に行ってみたら正解。

お客さんは一人だけでした。

と思ったら、お客ではなくて店員さんが食事をしているところでした。

ニンニクラーメンなども気になるのですが、ここは迷わずカレーラーメンを注文。

「ニンニクも入れますか?」と言われたのでお願いしました。

その後、店員さん同士で、「ニンニクがなくなった」旨の会話をしていたので、最後に残ったわずかなニンニクを私にくれたのでしょうか。

いずれにしても嬉しいサービスです。

ということで、こちらがそのカレーラーメン。


image.jpg


見た目からして素朴感たっぷりですねー。

スープは意外とあっさりしていて、辛さも弱めです。

カレー味の中に、しっかりとニンニクもきいています。

具は、チャーシュー2枚とねぎのみ。

チャーシューは脂身がなくて、一般的なチャーシューとはちょっと違っていました。

白っぽいストレート麺はカレーと良く合います。

カレー効果なのか、食べ終わった後は口からのニンニク味をあまり感じませんでした。

【太源】横浜市中区長者町7-117




posted by マッコリ at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年07月05日

コショウまみれ 【天華】

おかげさまで、この記事で100グルメ目となりました。
お店を紹介して下さった方々、ブログの感想を聞かせて下さった方々、ブックマークをして下さった方々、コメントを下さった方々に心より感謝致します。



品川名物コショーそば。

IMG_20140618_113533.jpg
注)コショーのフタが外れて、失敗してしまった画ではありません。

こういう食べ物なんです。

具は、豚肉・もやし・白菜。

そばと名がついていますが、麺は日本そばではなくて中華麺です。

とろみのあるタンメンにコショーをどっさりかけた食べ物といえばイメージが沸くでしょうか。

まずはかき回してから食べたほうが良さそうです。

コショーの部分をまともに口に含むと、きっとむせてしまいます。

さて、お味のほうは…

いいですねコレ。

クセになりそうな味です。

コショーは辛過ぎず、程よいアクセントになっています。

意外と香辛料感は強くありません。

コショーに加えてスープにとろみがあるせいか、通常のラーメンより熱く感じました。

身体がカッカと熱くなるので、冬場はいいかもしれませんね。

ただ、猫舌の人は要注意かも。

値段は800円。

タンメンとして考えると安くはありませんが、場所的に妥当なお値段でしょうか。

このお店、JR品川駅の東側にあり、駅から徒歩3分ほど。

東側は、新幹線が開通した頃から開発が目覚ましい地区です。

私もよく飲みに行く場所ですが、夜は居酒屋の呼び込みが激しい場所でもあります。

そんな華やかな呼び込み通りから細道を一本入ると、ちょっぴりディープな路地裏が。

路地はとっても細いです。

雨が降っている時などは、まともに傘をさせないほどの細い道。

ここはそんな場所にあるお店です。

そして店内もかなり狭いです。

座席はカウンター席のみで、隣の人と肘をくっつけあって食べる感じになります。

【天華】港区港南2-2-5

追記:2015.7.25 残念ながらこちらのお店の閉店が確認されました。



posted by マッコリ at 10:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月25日

青ねぎだくだくのラーメン【甘楽PA】


甘楽PA(上り)の青ねぎラーメン。


DSC00787.JPG


まず、ありそうであまり見かけない四角いドンブリ。

具は甘楽特産の青ねぎがどっさり。

更に長ねぎも入っています。

こんなにねぎだくなのに、全くねぎの臭みがないんです。

シャキシャキとした歯応えですが、全く青臭さがありません。

チャーシューはたぶん上州麦豚。

上州麦豚というのは、麦を多く含んだ飼料で育てられた群馬のブランド豚。

古くから美味しいと評判だそうです。

このラーメンのスープは豚骨ベースの醤油味。

ですが、見た目は味噌味のような色。

で、実際に食べてみても味噌味に近い味。

予備知識がないまま食べると味噌味と思い込んでしまう、そんな味です。

さて、群馬県にある富岡製糸場が6月にも世界遺産登録される見通しとなりましたが、実はこの甘楽PAの建物、富岡製糸場をイメージして造られたそうです。


DSC00786.JPG


なるほど、何となく似ていますね。

【甘楽PA】 群馬県甘楽郡甘楽町大字天引字向原2671
posted by マッコリ at 09:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月09日

こ、これがタンメン???【ラオシャン厚木】


ラオシャン厚木のタンメン。

DSC00665.JPG

具は刻みタマネギのみ。

野菜どっさりの一般的なタンメンのつもりで注文すると、腰を抜かすかもしれません。

ですが、決して他の具を入れ忘れたわけではありませんよ。

これがこの店人気のタンメンなのです。

スープはいかにも味が薄そうな色をしていますが、塩味ベースのしっかりとした味。

何となく甘い味がするのはタマネギ効果でしょうか。

調味料はラー油と酢があるので、これで自分好みの味付けにできるのが楽しいです。

このタンメン、美味しいといえば美味しいですね。

また食べたくなってしまう不思議な力があります。

一杯420円と安いのも嬉しいですね。

他に、わかめタンメンと月見タンメンもあります。

ニラがたっぷり入った餃子も美味しいですよ。

【ラオシャン厚木】厚木市旭町3-2-5



にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ


posted by マッコリ at 21:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月05日

本格派の牛乳ラーメン! 【桃庵】


知る人ぞ知る岐阜県のご当地ラーメン。

まず、見た目はごちゃっとしていてラーメンっぽくありませんね。

DSC00487.JPG


食べてみて、思った以上に牛乳味が強いように感じました。

私の味覚によりますと、豚骨味2:牛乳味8くらい。

ですが、やはり私の味覚はアテにならず、実際には豚骨ではなくて鶏ガラでした…。

牛乳味が強いといっても、ニンニクやバター、粉チーズが入っているのでコクがあります。

味がしみ込んだ飛騨豚チャーシューはとても柔らかく、箸で簡単に崩れてしまいます。

卵の黄身も理想的なトロトロ感。

具を全て食べた後のスープだけを飲んでいると、まるでホットミルクを飲んでいるかのよう。

牛乳ラーメンは色々な場所で食べられますが、地元で絞った下呂牛乳を使ったラーメンはここでしか味わえないのではないでしょうか。

これ、変わり種ラーメンの割にはかなりの本格派です。

【桃庵】岐阜県下呂市湯之島237-6
http://www.geocities.jp/to_an7777/index.html









posted by マッコリ at 20:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月05日

ブラックラーメン 【喜久屋】


まさにブラックラーメン。

DSC00381.JPG

西伊豆の「喜久屋」にて

このラーメン、しつこい味付けを想像していましたが、実際はあっさり塩味でした。

岩海苔がふんだんに使われているのは海草好きとしては嬉しいですね。

胡麻がたっぷり、細切りチャーシューは申し訳程度に入っています。

ラーメンにカイワレ大根って珍しいですが、シャキシャキとした歯応えが良いアクセントになっています。

具材がヘルシーなので、きっとカロリー低めのラーメンなのでしょうね。

こってり系ラーメンが苦手の私には丁度いいです。

この麺の色、やはりイカ墨を練り込んであります。

そういえば、ちょっと前に黒ブームがありましたね。

綿棒やトイレットペーパーやまな板まで黒いのが登場しました。

このイカ墨麺、いっそ黒スープで有名な富山ブラックとコラボしたらどうでしょう。

麺もスープも真っ黒なラーメン…

Bは「BLACK」のBとこじつけて、新たなB級グルメになりませんかね。

【喜久屋】静岡県賀茂郡西伊豆町仁科803-2









posted by マッコリ at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年04月18日

野菜たっぷり!ピリ辛モツラーメン 【宮口軒】


宮口軒のもつラーメン(藤岡ラーメン)

関越道の藤岡インター下りてすぐの店です。

藤岡ラーメンというのは、材料などに特に決まった定義があるわけではないそうです。

という事は、藤岡周辺のラーメン屋は全て藤岡ラーメンということになるのでしょうか?

店に到着したのはまだ開店前でしたが、店のおじさんが店内に入れてくれました。

ラーメンもホルモンも大好きだけど、二つ合わせたらどうなんだろう?という疑問もありましたが…食べてみたら、想像以上に美味しかったです。


DSC00134.JPG


麺はきしめんのようなもっちり平麺。

太さにバラつきがあって手打ち感が出ています。

そして、モツも野菜もたっぷり。

ピーマンが入ってるって結構珍しいと思います。

ピリ辛なので、軽く汗をかきました。

味は満足でしたが、テーブルがどこもかしこも油でベトベトなのが気になりましたね。

【宮口軒】群馬県藤岡市上栗須250-4

※当記事は、にほんブログ村で開催された記事トーナメント「第10回 麺(統一版)トーナメント」で第3位を獲得いたしました。

↑ 記事トーナメントはこちら





posted by マッコリ at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | .ラーメン ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。