2015年01月05日

孤独のグルメ 【第一亭】


新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


さて、新年一発目は第一亭。

ドラマ「孤独のグルメ」に登場したお店です。

ですが、私はこの回の放送は見逃していて、どんな店なのか知りませんでした。

友人と別の店で飲んだあと、もう1軒行こうという事になってこちらのお店に。


ここに来たからには、あの2品を注文すべきですね。

まずは、チート。


IMG_20141206_201028.jpg


これは豚ガツのショウガ炒め。

熱々なのかと思ったら、かなり温めに感じました。

私はガツは大好きです。

刺身でも良し、焼いても良しです。

コリコリした歯応え、いいですねー

しかし、ショウガ味がかなりのハードパンチです。


そして、こちらが裏メニューの「パタン」


IMG_20141206_201205.jpg


名前の由来は忘れましたが、たしか「パタン」という音に関係があったような。

これは一緒にスープがついてきます。


IMG_20141206_201751.jpg


見た目はつけめんのようですね。

麺の上には刻みニンニクが。

これは、ペペロンチーノのうどん版のような感じですね。

このまま食べても良し、スープにくぐらせて食べても良し。


このお店、注文してから料理が出てくるまでが超早い上に、2〜3品注文していても一緒にドンと出てきます。

孤独のグルメファンの方は、このお店でゴローちゃんの気分に浸ってみてはどうでしょうか。

比較的一人でも入り易い雰囲気のお店ですよ。

【第一亭】横浜市中区日ノ出町1-20



posted by マッコリ at 20:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | .ラーメン つけめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月30日

斬新なつけめん 【鮎ラーメン】


お店に入ると、サザンの曲で私が一番好きな「涙の海で抱かれたい」が流れていました。

やっぱいいですねこの曲。

それが終わるとハラボーの曲。

で、次もサザンの曲…

どうやらアルバムのキラーストリートを流しているようです。

店主がサザン好きなのでしょうね。

それとも、夏だからとりあえずサザンを流しているのでしょうか。


さて、「和」を感じさせる涼しげなつけめん。

鮎涼ラーメンです。


IMG_20140816_114143.jpg


どうです、この鮎の存在感。

それもそのはず、このつけめん価格の6割は鮎の価格なのです。

つけめんに魚、しかも丸ごと1匹入っているのは非常に珍しいと思います。

カリッと香ばしく焼きあがった鮎はとても美味しそうです。

骨と内臓は抜いてあるので、頭から尻尾までバリバリ食べてしまいましょう。

竹の器に入ったつけだれは、なんと鮎の煮こごり。

写真では隠れてしまっていますが、どんぶりの奥には鮎フレークがかかった小ライスもあります。

土瓶には冷たい鮎の出汁が入っています。

これをつけだれに混ぜても良し、鮎フレークご飯に注いで冷たいお茶漬けにしても美味しいですよ。


7a8c245f-s.jpg


この「鮎涼ラーメン」は夏のお昼限定メニューです。

興味のある方は、夏が終わってしまう前に食べに行って下さい。

サザンを聴きながらの鮎つけめんは美味しいですよ。(いつもサザンの曲かどうかは知りません)

【鮎ラーメン】世田谷区玉川3-15-12玉川3丁目マンション102




posted by マッコリ at 20:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | .ラーメン つけめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月04日

ぶっとい!特製つけめん 【玉】


とある日曜出勤の昼に、同じ職場の食通の方に連れて行ってもらいました。

川崎では有名なつけ麺屋さんのようです。

まず店構えですが、黒地に白文字の看板が至ってシンプルで私好み。

TS3O0040-thumbnail2.jpg

この店、後から調べてみたら川崎で最強との評判もあるようです。

メニューにはラーメンもあるのですが、せっかくなので特製つけめんを注文。

TS3O0042.jpg

麺はぶっとく、つけ汁は濃い目で少しドロっとしています。

これはコテコテ好きにはたまらないでしょう。

具は煮玉子やメンマ、そしてとろっとろチャーシューがドカンと入っている上に、お好みで玉ねぎも好きなだけ入れられます。

麺の量は料金一緒で200gと300gが選べます。

私は量の感覚がわからず300gにしてしまったのですが、少し残してしまいました(>_<

今度は腹ペコの時にがっつりと食べてみたいですね。

残ったつけ汁にお湯を足してもらって、そば湯感覚で飲めるそうですよ。

それにしても、つけ麺ってなぜ一大文化になったのでしょう。

ラーメンに馴染んでいる感覚としては、なぜ麺と汁を分ける必要がある?と考えてしまいます。

せっかくの温かいつけ汁なのに、冷えた麺を通しているうちに冷たくなってしまうし、初めから全部一緒にしたほうが丼も1つで済むし…と思うのですが。

つけ麺の魅力をどなたか教えて下さいませんか。

【つけめん玉 本店】神奈川県川崎市川崎区追分町6-12








人気ブログランキングへ
posted by マッコリ at 21:16 | Comment(5) | TrackBack(1) | .ラーメン つけめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする