2017年01月25日

北京ダック 【過門香 銀座店】


トマト会(仮称)の新年会ランチにて。

あ、トマト会というのは、過去に一緒に仕事をしていた仲間たちとの年に2回の食事会のこと。

私よりぐっと年上のマダム二人、それと準会員として私の友人Sさん、それと私の4人で構成されています。

なぜ「トマト会」なのかは、過去の記事を探せばわかります(笑


今回のお店は、本格中華料理店の「過門香(かもんか)銀座店」。

こちらで北京ダックを頂いちゃいます。

昨年の暑気払いの「鱧(はも)」に引き続き、今回もちょっと高級路線です(笑


事前にお店に連絡し、とりあえず座席と北京ダック一羽だけは予約済み。

それ以外の料理は、単品を色々と注文して皆でシェアする予定です。


お店に到着しました。


IMG_20170108_112509.jpg


ここで、とてもラッキーな告知を発見。

たまたま北京ダックフェアをやっていて、本来は一羽13,000円のところ、半額の6,500円となっていたのです!!


IMG_20170108_112520.jpg


この金額の差はでかいですよね!

小さな文字で「ディナータイム限定」と書いてありますが、どういうわけかこの日はランチなのに割引適用されました(^^


では座席に案内されます。

なんとも豪華な内装に圧倒されました。まるで海外のようですね。


IMG_20170108_144346.jpg


中国の茶館のようでもあります。


IMG_20170108_113258.jpg


北京ダックだけはキープしていますが、その他の料理はどうするか未定。

で、当初は単品料理を色々と注文するつもりでしたが、急遽コース料理にすることに。


まず登場したのは珍しい「ライチ茶」


IMG_20170108_131527.jpg


ライチの甘い香りがします。

が、味はあまりライチを感じさせません。

これは香りを楽しむお茶なのかもしれませんね。


料理は、コース料理の前菜から登場。


IMG_20170108_115036.jpg


ふかひれスープ


IMG_20170108_120127.jpg

塩分控えめで優しい味。とろみがあって温まります。


エビマヨ


IMG_20170108_123705.jpg

大ぶりなエビたち。ここへ来て濃厚なマヨの味が味覚をガツンと刺激します。


とても珍しいアワビ茸が肉厚で出ました


IMG_20170108_124809.jpg


五目あんかけ焼きそばや中華粥も


IMG_20170108_130252.jpg

IMG_20170108_130300.jpg


そして登場!北京ダック。


IMG_20170108_115238.jpg


こんがり焼かれていて艶があり、とても綺麗な飴色です(^^

しかし、これはちょっとお披露目しただけで、すぐに奥に引っ込めてしまいます。


その後、シェフが皮だけを切って持って来てくれるというわけです。


IMG_20170108_120355.jpg


ぱっと見、サラミとチーズの乾きものオードブルみたいですね(笑

先ほどの北京ダックとそれを包む皮。それと、食感を良くするための揚げワンタンの皮です。


北京ダックは旨味がぎゅっと詰まってテカテカに輝いていますねー。


IMG_20170108_120426.jpg


北京ダックは全部で16枚。4人なので一人あたり4枚食べられます。


この皮に


IMG_20170108_120630.jpg


北京ダックとネギとキュウリとワンタンの皮を乗せ、タレを付けます。


IMG_20170108_120759.jpg


皮でそれらを包んでから頂きます。

想像通り、北京ダックの濃厚な脂がじゅわーっと口の中に広がります。

ネギとキュウリで脂っぽさが中和されるので、しつこい感じではありません。

一人4枚ですが、私は1枚譲り受けたので5枚も食べちゃいました(^^


北京ダックの身はパサパサしているので通常は食べないそうです。

しかし、こちらのお店では身も野菜類と一緒にピリ辛風に炒めてくれ、とても美味しく頂きました(写真は撮り忘れ)


新年早々ちょっとリッチなランチ。

4人なのに8人席に案内されたので、広々としたテーブルで落ち着いて料理を楽しめました(^^

【過門香 銀座店】東京都中央区銀座1-10-6 銀座ファーストビル B1F




ブロトピ:東京のグルメ
タグ:北京ダック
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月30日

【番外編】 ビアチキン


今回の記事は番外編。

先日、魔王さんと一泊でキャンプに行き、その時に作った珍しいキャンプめしをご紹介します!

魔王さんというのは、会社の同僚でもありブログ仲間でもあり、大のキャンプ好きな方です。

このキャンプの記事も同時期にアップしていると思うので、是非そちらもご覧ください。
http://debu8219.exblog.jp/


さて、今回のキャンプ地は神奈川県の相模原市。

横浜方面から、保土ヶ谷バイパス→国道16号線を進みます。


IMG_20161024_091234.jpg

IMG_20161024_094543.jpg


段々と景色が田舎になってきました。


IMG_20161024_103035.jpg

IMG_20161024_104210.jpg


相模原市を目指していたのですが・・・途中で、魔王さんから行き先変更の提案がありました。

山梨県の道志村にあるキャンプ場が気になっているそうで、「そこにしようか?」と。

私は両方とも知らないので、「どちらでも」。

ということで、山梨県の方に決定。

横浜から相模原までなら大した距離に感じませんが、山梨だとエラく遠くに思えてしまいます。

しかし、この二地点はそんなに離れた場所ではないようです。


山梨に突入し、キャンプ場最寄りの道の駅に寄ってみました。


IMG_20161024_112331.jpg


魔王さんが薪を3束持参していたのですが、それだとちょっと心細いのでもう1束追加購入。


では、キャンプ場に行く前に買い出しをしましょう。

一番近い場所にあったスーパー「おかじま」に行ってみました。


IMG_20161024_120526.jpg


いっぱい買いました(笑


IMG_20161024_121406.jpg


カゴの底には、ビール6缶セット×2も入っています(笑


さあ、キャンプ場に向かいます。

綺麗な川が見えてきました。


IMG_20161024_110122.jpg


そして到着したのは、「道志の森キャンプ場」。

ここは、川あり林あり池のようなプールあり、地形が至る場所でアップダウンしていて眺望が多彩のキャンプ場でした。

私は周りの景色はあまり撮らなかったので・・・魔王さんのブログで雰囲気を味わって下さい(笑


キャンプ場を車で移動しつつ、居心地の良さそうな場所を探します。

「お、ここ良さそう」という場所には、大抵は先客がテントを張っているんですよね(^^;


キャンプ場の中央を流れる綺麗な川。


IMG_20161024_162740.jpg


その川沿いに、ちょっとした空きスペースを発見。


IMG_20161024_131828.jpg


なかなか落ち着けそうな場所なので、ここに決めました。


まずはテントを張ります。


IMG_20161024_152418.jpg


魔王さんはキャンプ道具は何でも持っています。

私がワカサギ釣り用に購入したシングルバーナーを持参したのですが、魔王さんはたくさん持っていました(笑


寒いので、とりあえず火を起こします。


IMG_20161024_161748.jpg


魔王さんのキャンプ用具にかかれば、こんな薪などあっという間に燃やせます(笑


酒燗器は出番待ち。


IMG_20161024_161416.jpg


これは夜が更けた頃に活躍してくれるでしょう(^^


そして、これが「ビアチキン」(仕込み完了)です。


IMG_20161024_160210.jpg


このチキン1羽も魔王さんが調達してきてくれました。


上の写真ではわからないと思いますが、栓を開けた缶ビールを鶏のお尻に差してあるんです。

なんでも、この状態で焼くと美味しいんですって。

ビールのアルコールが肉を柔らかくしてくれるのでしょうか。

では、蓋をして出来上がりまで待つとしましょう。


段々と辺りが暗くなってきました。


IMG_20161024_170336.jpg


だいぶ冷え込んできたので、火を絶やさないようにします。

獣が出ないとも限りませんしね。

来る途中でイノシシの子供を見かけたので、ひょっとすると熊などもいるかもしれません。


フランクフルトは味が付いていて、空腹にはたまらない美味しさ。


IMG_20161024_170120.jpg


ちょっと、ビアチキンの出来を確認します。


IMG_20161024_170937.jpg


おぉ!良い色に仕上がってきました!もうちょっとです。


おでんも最高!


IMG_20161024_171728.jpg


ダシが少なかったので、醤油を入れたり水を入れたりして味をいじりましたが、コンビニおでんより美味しかったです。(主観)


そして、出来上がりました!


IMG_20161024_181423.jpg


「ビアチキン」完成です!!


それにしても、とても綺麗な色ですねー!


さっそく、魔王さんが切り分けます。


IMG_20161024_182355.jpg

IMG_20161024_182316.jpg


皮がとにかくパリパリ。

表面には塩コショウが振ってあるので味が付いています。

中はふっくらジューシー。

コショウをお好みで振りながら頂きます。

IMG_20161024_182525.jpg


メインディッシュのビアチキンにあり付くまで、サンマの刺身やフランクフルト、おでんや厚揚げ焼きなどを食べていたので・・・・この日は二人で半身も食べられませんでした(笑

残りは翌朝の朝食にすることに。


しかし、そろそろ寝ようかというところで、私はちょっとお腹が減ってしまいました。

で、買い出しの時に目に留まった「ペヤングヌードル」を食べる事にします。

ペヤングソース焼きそばではありませんよ。ペヤングのカップ麺です。


IMG_20161024_205704.jpg

IMG_20161024_205715.jpg


これ・・・昔駄菓子屋で50円くらいで食べていた、子供だましのラーメンそのものの味(笑


この頃から私のスマホバッテリーがピンチになったので、以後は写真撮影はできませんでした(--;


翌朝、ペヤングヌードルのせいかあまりお腹は空いてなく・・・

温め直したビアチキンと魔王さんが炊いてくれたご飯は、ほとんどが魔王さんの胃袋に納まりました。

魔王さん、食べきれなくてごめんなさい!

また面白いキャンプめしを作る時は誘って下さいね(^^



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月25日

納豆とんかつ 【茨城マルシェ】


県の人気ランキングで最下位の茨城県。


しかし、そこは転んでもただでは起きない茨城県。

最下位というのを逆手にとって、「のびしろ日本一」というキャッチフレーズを掲げているのは面白いですね。


それにしても、なぜ茨城が最下位なのか不思議ですが・・・。

色々な観光名所もありますし、美味しいものもたくさんあるんですけどね。。


ということで、久々の茨城ネタです(笑


今回は有楽町にある茨城県のアンテナショップに行ってきました。

ここはショップだけでなく食堂も併設されていて、茨城産の食材を使った美味しい食事も頂けます。

今回のお目当ては「納豆とんかつ」

水戸納豆を挟んで揚げたとんかつです。


オーダー後、サラダバーで葉っぱ類とトマトをチョイス。


IMG_20160319_133226.jpg


全てが茨城産の野菜で、もちろん食べ放題。

新鮮で美味しいです(^^


お茶を飲み、サラダを食べつつスマホをいじったり手帳を眺めたり。


・・・そして、10分ほど経ったでしょうか。

さっきとは別の店員さんが、恐る恐る私に声を掛けてきました。

「お客様・・・ご注文の方は・・・?」

あ、これはオーダーが入ってないなと直感。

既に注文した旨を伝えると、「少々お待ち下さい」と一旦引っ込んだ店員さん。

再びやって来ると緊張の面持ちで、「ちょっとお時間がかかってしまいますが・・・」と。

特に急いでもいなかったので、「大丈夫です」と告げました。

「大変申し訳ありません。その間、サラダは食べ放題なので宜しければどうぞ」と。

そんなにはお腹空いていません(笑


ということで、文庫本を読む事さらに10分ほど。


やっと登場しました「納豆とんかつ」


IMG_20160319_140144.jpg


綺麗なとんかつですね。


では、納豆を確認します。


IMG_20160319_140707.jpg


やはり水戸納豆は粒が大きい!

そして、形と硬さがしっかりとしています。

ネギも入ってるのはちょっと驚きですね。


これはソースではなくて濃口醤油で頂くんですって。


IMG_20160319_140242.jpg


豚肉も柔らかくてとても食べやすいです。

しかし、かつを慎重につまみ上げないと、納豆がすぐ漏れてしまいます。

そうすると、納豆が下に敷いてある金網の中に入ってしまうんです(^^;


みそ汁の具はなめこ。

私の好きなタイプです(^^


こちらは「おからナゲット」。


IMG_20160319_140530.jpg


待たせたお詫びとしてサービスしてくれました(^^;


この後も、お会計を済ませるまでに何度謝られたことか・・・。

私、そんなに怖い人には見えないと思うんですけど(笑


有楽町〜東京界隈には、この「茨城マルシェ」以外にも、沖縄や福島や高知などの他県アンテナショップがたくさんあります。

都心にいながら地方食材の買い物ができるのは便利ですね。

アンテナショップ巡りをしても楽しそうです。

ちなみに、「茨城」の読み方は、いばらではなく、いばらです。お間違えなく。

【茨城マルシェ】中央区銀座1-2-1



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月30日

骨付鶏 【一鶴 横浜西口店】


前回の記事で香川県の話題に触れたので、今回は香川県のグルメをひとつ。

といっても、讃岐うどんネタではありませんよ。


「骨付鶏」ってご存知ですか?

その名の通り、骨が付いた鶏肉です。


実はこの骨付鶏、香川県では讃岐うどんの次くらいにメジャーなのです!

実際に、この「一鶴」の本店も香川県ですし。


骨付鶏のメニューは2種類。

「おやどり」と「ひなどり」です。


IMG_20150922_150522.jpg


こういうシンプルでわかりやすいお店は好きですねー。


おやどり


IMG_20150922_152024.jpg

IMG_20150922_152403.jpg


切れ目を入れてあるのは、火の通りと食べやすいようにだと思われます。

それにしても・・・

本当に歯ごたえが凄いんです!

肉を骨から剥がそうとしてもなかなか剥がれません(笑

でも、この凄い弾力はクセになりそうですね。


ひなどり


IMG_20150922_152031.jpg

IMG_20150922_152917.jpg


柔らかく食べやすい(^^

素直に美味しいです。

これは万人受けしそうな鶏肉ですね。


でも・・・「おや」「ひな」共、かなり味付けが濃くてしょっぱいです(--;

血圧が上がるんじゃないかと心配になるくらいに。

あと、脂っぽさも凄いんです。。

いずれにしても、とにかくビールは進みますね。


こちらは鶏スープ。


IMG_20150922_155406.jpg


あっさりしているように見えますが、飲んでみてびっくり!

物凄く濃厚です。


こちらのお店はいつでも混雑しているので、できれば予約して行ったほうがいいですよ。

あ、でも確か土曜は予約不可だったと思います。

IMG_20150922_150748.jpg

【一鶴 横浜西口店】横浜市西区南幸2-15-1ティノビル6F



タグ:一鶴 骨付鶏
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月05日

ハイコスパな馬刺し 【櫻】


今回は馬刺し食べ放題のお店。

横浜の保土ヶ谷区天王町にある「櫻」です。


なんと、ドリンク飲み放題付きで2時間4,200円!(女性は3,800円)

安いので馬刺しの鮮度や味が気になりましたが、普通に美味しいんです!


このお店、とにかく凄いんですよー。

馬刺し以外の料理約70種類も食べ放題!!

でも、この日のお目当てはとにかく馬刺し。

馬刺しだけで満腹になる!という意気込みで臨みました。

が・・・さすがに馬刺しだけでは飽きてきて・・・赤身×2皿、たてがみ×1皿、霜降り×1皿でやめておきました(^^;

IMG_20150404_171138.jpg

意外と入らないもんですね。単に小食なだけかな?


で、このお店の何が凄いのかというと、食べ放題メニューで選んだものが出来立てホヤホヤ状態で出てくるんです!

作り置きとか冷凍保存ではないのが驚き。

中にはそういうモノもあるでしょうが、少なくとも今回私が注文した中にはないようです。


さて、こちらが注文した品々。

あさりバター。


IMG_20150404_175907.jpg

熱々です。馬刺しの箸休めに貴重な存在でした。


鶏皮ポン酢。


IMG_20150404_183948.jpg


さくら納豆。


IMG_20150404_171942.jpg

ねばーっ。

IMG_20150404_172041.jpg


ごぼうスティック。


IMG_20150404_175914.jpg

揚げたて熱々。カレー味が食欲そそってパクパク進む。


これは牛のステーキ。


IMG_20150404_180532.jpg


馬のホルモンかな?


IMG_20150404_171804.jpg


ハムカツ


IMG_20150404_183544.jpg

食べた感じ、揚げ立てでした。


もやし炒めかな?


IMG_20150404_180148.jpg


山くらげ。


IMG_20150404_182929.jpg


コレ何だっけ?忘れた(笑


IMG_20150404_183552.jpg

IMG_20150404_17381.jpg


これらが全部食べ放題なのですよ!

ドリンクも飲み放題!!

凄くコスパが高いお店だと思うのですが・・・

この日は土曜の夜だというのに、私たちがお店にいる間は他のお客さんは誰も来ませんでした。なぜだ???

IMG_20150404_170549.jpg


確かに、外観はちょっと地味ではありますが。。


IMG_20150404_170025.jpg


下の「家康」っていう店のほうが目立っちゃってます(笑

ひょっとしたら穴場のお店かもしれません!駅からも近いですしね。

【櫻】横浜市保土ケ谷区天王町1-7-6 2F



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月10日

すごい生姜焼き 【暖】


天下の名湯草津温泉。

もちろん本年も行ってきました!


湯気モクモクの湯畑は相変わらずの風情。


IMG_20150220_180423.jpg


ゆもみちゃんマンホール。


IMG_20150220_180317.jpg


さて、今回の宴に選んだお店は、居酒屋「暖」さん!

草津温泉の中心地、湯畑の目の前にあるお店です。


そして、お目当てのグルメは・・・


なんだと思います?


あ、タイトルでバレバレですか。

そう、豚の生姜焼き!

生姜焼きって、たまに無性に食べたくなるんですよねー。

そんな時は決まって近所の松屋に行くんですけど。

松屋の生姜焼きは、部分的に焦げてカリカリしてたり、たまに刻み生姜を入れ過ぎだったりするのですが・・・

不思議とまた食べたくなるんですよ。

しかし、今回ご紹介する生姜焼きは、松屋のように薄い&一口サイズのとは違うんです。


コレ!


IMG_20150220_183130.jpg


凄いですねー。

こんな生姜焼き初めて見ました。


断面はこんなです。


IMG_20150220_183254.jpg

IMG_20150220_183242.jpg


ぶ厚くて食べ応え満点。

もちろん文句なく美味しいです(^^

ただ、食感がペラペラの生姜焼きとは違うので、人によってはペラペラのほうが好きという人もいるでしょうね。

この生姜焼きは、単品でも定食でも注文可です。


生姜焼き以外にもこんな珍味も頂きました。


IMG_20150220_182228.jpg


これは「串とんび」といって、イカのくちばし。3串で400円。

つまみに最高!


それから、写真は撮っていませんが、「ヤムチャ餃子」もおススメです!

春巻きのように揚げた餃子ですが、つまみに良しご飯のおかすに良し。


ところで、草津の湯畑は強烈な硫黄臭でも有名ですが、あの臭いは正確には「硫黄」ではなくて「硫化水素」だそうです。

硫黄は無臭なのだとか。

なので、今後は「硫黄の臭い」ではなくて「硫化水素の臭い」と言いましょう!

と、以前にアド街で放送してましたよ。


おまけ:今回の草津では綺麗な雪の結晶が見れました。

IMG_20150221_081451.jpg

【暖】群馬県吾妻郡草津町大字草津113



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月10日

山賊焼き 【風穴の里】


以前に、西伊豆の海賊焼きを紹介しましたが、それに対して今回は山賊焼き。こちらは長野県のご当地グルメです。

山賊焼きというのは、長野県松本市を中心とした地域の郷土料理。

鶏もも一枚肉をニンニクだれに漬け込み、片栗粉をまぶして揚げてあります。


IMG_20141230_144157.jpg


見るからに美味しそう(^^


「山賊焼き」とはいっても、実際には焼いたわけではなく揚げてあるのですね。

名前の由来は定かではありませんが、山賊は人から物を「取り上げる」→なので、「鶏揚げる」という説もあるとか。


この山賊焼き、一枚肉というだけあってなかなか大ぶりですねー。

揚げたて熱々で衣がさっくり。

身も非常にぶ厚くて食べ応え満点です。


IMG_20141230_144315.jpg


ほのかにニンニクの風味がして、それがまた食欲を掻き立てられます。

そのまま食べても美味しいですが、レモンを絞って軽く塩につけて食べてもいいですね。


山賊焼きの付け合せにはキャベツが定番。

こちらのお店ではキュウリやプチトマトも入っていてちょっと得した気分。


この山賊焼きは、松本市内の定食屋や居酒屋など色々なお店で食べられます。

腹ペコで行ってがっつり食べてみたいグルメです。

ただ、私はこの時に口内炎ができていたのを忘れ、レモンと塩で悶絶してしまいました(-д-;

【風穴の里】松本市安曇3528-1



posted by マッコリ at 06:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月25日

関東人には驚きのとりかわ 【とりかわ粋恭薬院店】


焼き鳥の「かわ」というと、どんなのをイメージしますか?

たぶん多くの人がこんな感じのを思い出すでしょうね。


75c907e85e72ff1cddf967ae818b49c6.jpg


実は私もそうでした。

しかし、福岡で「とりかわ」というと、これのことです!



IMG_20141228_183825.jpg


かわを串に巻きつけたかのような感じですね。

何度も焼いて脂を落とし、外はカリっと中はジューシーに焼き上げてあります。


福岡では、これをまとめて注文するのが一般的。

「とりあえず、とりかわ30本!」ってふうに。

まとめて注文というと、1本1本の値段が安いと思いきや実は1本150円。

30本も注文すると4,500円になります(当たり前)

けっこうな値段だなーと思ってしまいますよね。


しかし、このとりかわは仕込みが非常に手間暇かけられていて、なんでも3日間かけて合計7回焼いているとか。

何度も焼く事によって、余分な脂が落ちて肉の旨味が凝縮されるのですね。

それを考えると1本150円は安い!

1本80円とかの単に安いだけの焼き鳥屋とはワケが違います。


私たち二人は、とりあえず20本注文。

あくまでも「とりあえず」なので、後ほど追加注文するとしましょうか。


IMG_20141228_183832.jpg


しかし・・・かなり満腹になってしまいました(^^;

脂が少ないとはいえ、ビールとハイボールの炭酸にやられました。


その他はこんなモノも頂きました。

これはダルム(豚の腸)


IMG_20141228_183733.jpg


ささみシギ焼き


IMG_20141228_184230.jpg


このお店、福岡の焼き鳥好きで知らぬ人はいないほど有名で、いつも行列ができるほどの人気店。

順番待ちをせずにお店に入れたらラッキーです。

ちなみに、3人以上の場合は予約可能ですよ。

【とりかわ粋恭薬院店】福岡市中央区薬院1-11-15



posted by マッコリ at 05:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年07月30日

危険なステーキ 【ミスターデンジャー】


デンジャーステーキ400g。

IMG_20140615_171144.jpg


思わずヨダレが出そうな写真ですね〜。

肉は見た目通りに柔らかく、とてもジューシー。

そして、なんとこの肉は脂肪分がほとんどないのです。

なので、女性でも普通に400gを完食してしまうようです。

焼き方は細かく6種類くらいに分かれています。

注文したのはミディアム(普通焼き)でしたが、写真でわかるでしょうか?けっこう半生状態です。

IMG_20140615_171259.jpg


通常はステーキにおろしニンニクがかかっているのですが、この日はニンニクだけ別皿に分けてもらいました。

適度にニンニクをつけると更に美味しくなりますよ。

タレは3種類くらいテーブルに用意してあるので、お好みでどうぞ。


そして、このお店はステーキだけでなくハンバーグも美味しいのです。

IMG_20140615_173107.jpg


お腹がはち切れんばかりに食べましたが、横浜の自宅に到着する頃には普通の腹具合になっていました。

いい肉は消化が早いのでしょうか。

たらふく食べても胃がもたれることもなく、すぐにまた食べたくなってしまう。

そんなステーキです。

ここの店長は元プロレスラーで、現役時代のあだ名が「ミスターデンジャー」。

それを店名にしたというわけですが、プロレスファンの間ではあまりにも有名なお店です。

私もプロレス好きですが、残念ながら店長のファイトは生観戦したことはありません。

店長は、焼き担当として常にお店にいるそうです。

店員さんの人数が多く、みなキビキビと動いているのが好印象でした。

IMG_20140615_170021.jpg

【ミスターデンジャー】墨田区立花3-2-12





posted by マッコリ at 21:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月24日

これが幻の白レバー【今井屋本店 新宿店】


比内地鶏専門店。

入口の重厚そうなドアからして高級感が漂っています。

image.jpg

一枚板の自動ドアなんて凄いなと思ったら手動式でした。


さあ、まずは幻の白レバーから。

20140306052134.jpeg

これは、雌鶏100羽に1羽しかとれないといわれています。

数量限定、一人1本限りです。

白レバーというのはフォアグラの鶏版。

要は鶏の脂肪肝です。

人間って変なモノを食べますよね〜。

しかも、これが高級食材だなんて。

1本590円なので、味わって食べねばなりません。


お次はむねと皮の抱き身。

20140306052417.jpeg

むね肉に皮を包んで焼いてあります。

柔らかいむね肉とパリっときつね色に焼きあがった皮との相性はバツグン。

これ、最高に美味しかったです。


パリパリキャベツ

20140306051219.jpeg


たたみいわし

20140306053847.jpeg


ぎんなん

20140306053859.jpeg

焼き物の焼き加減が絶妙で本当に美味しいのですが、やたらと値が張ります。

下町の大衆焼き鳥店だと1本100円程度ですから、いかにこの店が高級かわかりますね。

日本酒も珍しいのを置いていますが、やはりそれなりの値段。

「十四代」などは1合1,000円。

居酒屋感覚でガンガン食べて飲むと大変なことになります。

じっくりと美味しい料理とお店の雰囲気を味わう事をおすすめします。

【今井屋本店 新宿店】東京都新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビルB1






↓ さてマッコリの順位は!?

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ


posted by マッコリ at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月10日

日本一のもつ煮 【永井食堂】


もつ煮の名店!

まさに、早い安い美味いの三拍子がピッタリのお店です。

DSC00618.JPG


平日の15時頃に訪れましたが、さすが人気店だけあってけっこうお客さんがいました。

もつ煮定食半ライス560円也。

DSC00616.JPG


半ライスといっても、量は多めで他店の普通サイズくらい。

もつ煮の具は、もつとコンニャク。

DSC00617.JPG


それと、お好みでネギを。

もつはとても柔らかいですね。

少々ピリ辛なのも私好みです。

さらに、唐辛子も多めに入れます。

味付けはちょっと濃いので、人によってはしょっぱいと感じるかもしれません。


お土産用の袋詰めもつ煮も人気あるようです。

こちらは1kg(約3人前)で1,070円。

実際に、私が食べている間にお土産だけを購入しに来る人が何人もいました。

まさに飛ぶように売れるという感じでしたね。

店員さんの接客も元気があるので、店内はちょっとした活気があります。


掲げてあるメニューを眺めていて気になったのですが、もつ煮単品が340円。

それに比べてラーメンが320円と異常に安いのです。

DSC00615.JPG


いったいどんなラーメンなんでしょうね??

次回はもつ煮ではなくてラーメンを食べてみたいです。

【永井食堂】群馬県渋川市上白井4477-1
http://www.cm-tokyo.com/nagai/





にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ


posted by マッコリ at 21:51 | Comment(7) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月25日

三大和牛の近江牛 【近江多賀亭】


旅の途中に立ち寄ったお店にて

美味しそうなメニューの写真に惹かれて、つい店に入ってしまいました。

近江牛というのは三大和牛の一つとされているブランド牛ですね。

たぶん私にとって初近江牛です。

ここはちょっと贅沢をして、ラウンドステーキ膳120gを注文。

DSC00451.JPG

部位でいうとモモ肉です。

他にもヒレやサーロインなどのステーキもありました。

歯ごたえはありますが、ミディアムなので中心部は程よい柔らかさです。

DSC00453.JPG

肉汁感はあまりありませんね。

ソースの味はまあまあでしたが、全体的には満足の味でした。

写真には写っていませんが、ご飯と味噌汁とサラダと漬物もセットになっています。

【近江多賀亭】滋賀県犬上郡多賀町敏満寺西谷62-36名神高速道路EXPASA多賀









posted by マッコリ at 09:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月17日

この牛たんのぶ厚さ! 【利久】

牛たん定食。

tan.JPG

仙台にある超有名店ですが、美味しかったのでご紹介します。

牛たんの厚みは1cm〜1.5cmほどでしょうか。

肉厚だけど軟らかくて歯切れの良い食感です。

白菜の漬物の左横に緑っぽい物体がありますが、これが辛くて美味しかったです。

何なのかはわかりませんが、わさび漬けの一種のようでした。

しかし、なぜ牛たんには麦飯とテールスープなのでしょうか?

昔からの名残的なものかもしれませんね。

この3点セットが合うという人もいますが、私は特にそう感じません。

利久は仙台市内だけで20店舗ありますが、どの店に行っても混雑しています。

私が行った時も15分ほど待ちました。

基本的に並ぶ店には行かないのですが、この牛たんなら並ぶ価値ありだと思いました。

【牛たん炭焼 利久 東口本店】
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-3-1

matsu.jpg




■全品送料無料■選りすぐりのお取り寄せグルメ
講談社No.1グルメ雑誌 公式お取り寄せサイト「おとなの週末お取り寄せ倶楽部」




posted by マッコリ at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年04月17日

冷たい唐揚げってどうなの? 【努努鶏】


冷やして食べる唐揚げ。

博多の面白グルメ、「努努鶏(ゆめゆめどり)」

111230_0747~01


これは唐揚げなんですけど、熱々で食するものではありません。

パッケージにも、「決して温めないでください」と記載がありますね。

実際に、私の友人が温めて食べたら不味かったそうです。


さて、この唐揚げの見た目はこんな感じです↓↓↓

111230_0752~01


まず、私が食べ慣れている唐揚げとはやはり食感が違いますね。

サクッではなくて、ガリッって感じです。


味は、ピリっとして甘辛く、冷えているので硬めです。

食事というよりは、おやつのような。

又は酒のつまみに良いかもしれませんね。

ただ、ベタベタする手をいちいち拭きつつ酒を飲むのも面倒ですが。

【努努鶏 博多マイング店】福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 マイング博多名店街






ブロトピ:福岡県のグルメ
posted by マッコリ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする