2013年07月24日

済州島の具沢山サムゲタン


済州島の熱々サムゲタン。


CIMG1747.jpg


済州グランドホテルの向かいのアワビ料理店です。

私はインスタントのサムゲタンスープが好きで、たまに飲むことがあります。

せっかくの韓国ということで、ここは本場の味を試してみることに。

食事というより、軽く胃を満たすスープという感覚で注文したのですが、出てきてビックリ、具がどっさりでした。

トコブシも4つほど入っています。


111021_0929~01.jpg


鶏も巨大で肉がたくさん付いていましたよ。

肉は簡単に骨から外れます。

きっと、よく煮込んであるのでしょうね。

ビールとも合う味です。

観光だと朝からビールを飲んでも罪悪感がないから不思議。

この店、以前にヨン様が来店したそうで、店内にはヨン様のお写真がいくつか飾られています。

「ヨン様セット」というメニューもあるんですよ。確か、朝粥とアワビのセットだったと思います。

地元の人間はまず注文しないでしょうね…

ほぼ100%日本人向けメニューでしょう。








posted by マッコリ at 10:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | .韓国 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月07日

済州島のサムギョプサル 【黒豚屋】


韓国済州島の焼肉店、黒豚家(フットンガ)済州本店のサムギョプサル


CIMG0809.JPG


韓国で焼肉といえば、一般的には豚肉を用います。

そして、済州島の黒豚というのは韓国本土でもブランド級の豚肉です。

それにしても、韓国の焼肉屋って面白いですね。

まだ何も注文していないのに、次々と小皿が出されます。

キムチ・ナムル・サンチュ・エゴマの葉・韓国のり・オニオンスライスなど。

まるで、居酒屋でお通しがいくつも出てきたような不思議な感覚です。

これら小皿の料金はどうなっているのか?という疑問も湧きますが、海外なので細かい事は気にしません。

さて、登場した肉は大きくてぶ厚いです。


CIMG0805.JPG


ただ、黒豚の皮を浅めに剥いだのか、肉にうっすらと黒い部分があるのが気になりました。

後日知ったのですが、これは本物の黒豚の証としてわざと黒皮を残しているのだそうです。

さて、お味のほうは……

さすが評判の黒豚だけあって、とても美味しいです!

焼いている時に、店のおばちゃんが焼き方・食べ方を教えてくれました。

親切心か、私の肉を焼く手際の悪さに業を煮やしたのかはわかりません。

一番上の写真に写っている、網の上に乗ったステンレス小鉢は何かご存知ですか?

これはイワシの塩辛です。

済州島では、イワシの塩辛を網の上で温めて、これに肉を付けて食べるのですって。

これはちょっとクセがある味なので、私はあまり使いませんでした。

CIMG0797.JPG







posted by マッコリ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | .韓国 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする