2017年04月10日

コレ小籠包? 【京鼎小館】


またまた、台北の絶品小籠包の「京鼎小館」さんから。


今度もちょっと珍しい小籠包を発見しましたよ。


メニューに「超人気」とあるコレ。


タロイモ小籠包.jpg


なんと、タロイモの小籠包です。

意外と思いきや、実はタロイモは台湾人にはお馴染み。

かき氷に入れて食べたりしますしね。


さて、登場しました。


IMG_20160609_131622.jpg


一見普通の小籠包に見えますが・・・


よく見ると、中身がパンパンに詰まっていますねー。


IMG_20160609_131628.jpg


私はタロイモ自体あまり食べた記憶がないので、どんな味なのか殆ど未知の世界(笑


では、頂きます。


IMG_20160609_131715.jpg


がぶり。


IMG_20160609_131814.jpg


たぶん甘いんだろうと思っていたら・・・案の定甘いです。

これは、まるであんまんですね!

おやつ(笑


ちょっとイタズラ心で甘さを打ち消してみましょうか(^m^)


黒酢をかけてみたり・・・


IMG_20160609_132120.jpg


ショウガを乗せたり・・・


IMG_20160609_131920.jpg


しかし、それでも甘さが勝っていました(笑


水分が少ないので、手づかみで食べても大丈夫。


IMG_20160609_132342.jpg
注)周囲から白い目で見られる危険あり


そうそう、美味しい台湾料理にはやはり台湾ビールですね!


IMG_20160609_132242.jpg


ご馳走様でした(^^

【京鼎小館】台北市敦化北路155巷13号




ブロトピ:海外グルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .台湾 小籠包 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月10日

緑の小籠包 【京鼎小館】


またまた台北旅行に行ってきました!


羽田空港から国際線に乗り、「台北松山空港」に到着。

さっそく空港で30,000円分の両替をします。


IMG_20160609_155416.jpg


しかし・・・なぜか韓国のコインが一個混ざっていました。。


IMG_20160626_132605.jpg


10ウォンです。謎ですね・・・。

損をしたのか得をしたのかは不明ですが、気が付いたのは両替後しばらく経ってからだったので、どうすることもできず(^^;


さて、今回は「台北松山空港」を利用しましたが、台北にはもう一つ「桃園空港」というのがあります。

「松山空港」は東京でいうと羽田空港みたいな感じですね。

ちょっと運賃が高いけど、市街地から近いので何かと便利。

それに対して「桃園空港」は成田空港みたいな感じです。

運賃は安めだけど、市街地までの距離があって移動に時間がかかります。


では、まずは空港からタクシーでホテルに向かいます。

利用するのは二度目のロイヤルシーズンズ台北(皇家季節酒店)。


IMG_20160611_143238.jpg

IMG_20160611_143208.jpg


値段の割にリッチなお部屋で風呂場にはジャグジー付きなのでお気に入りです。

もちろん日本語OKだしWifiも完備されています。

ところで、中華系のホテルは「○○酒店」とか「○○飯店」と名が付くのが多いのはなぜでしょうか?


さて、まだチェックインの時間ではないので、荷物だけ預けてからグルメ巡りに出発します。

またまたタクシーで向かった先は、「京鼎小館」さん。


IMG_20160609_134540.jpg


ここは実に台北で1.2を争う小籠包の名店だそうです!

小籠包の激戦区でトップを張るとは、一体どんなに美味しいのでしょうか。

では、お店に入ってみます。

IMG_20160609_130626.jpg


ジャスミン茶(確か)とお馴染のショウガです。


IMG_20160609_125552.jpg


やはり紙に記入して注文するスタイルですね。


IMG_20160609_125244.jpg


まずは、当然ながらノーマルな小籠包を注文。これ鉄則。


IMG_20160609_132513.jpg


摘んで持ち上げてみました。


IMG_20160609_132605.jpg


プルンプルンしていますね。

スープが多めとは聞いていましたが、どうやらその通りのようす。

皮は薄めですが、全然破れそうにありません。

そのままでも黒酢ショウガを乗せても美味しいです(^^

IMG_20160609_132720.jpg


さてお次はコチラ。


IMG_20160609_125227.jpg


ウーロン茶の小籠包です!


IMG_20160609_130651.jpg

IMG_20160609_130755.jpg

緑色ですね(^^


では、まずはそのまま頂きます。

IMG_20160609_130908.jpg


スープを口にした瞬間は若干苦味を感じますが、それが逆に肉の旨味を引き立てています。

これが台北トップレベルの味なのですねー。


ショウガを乗せてももちろん美味しいです。


IMG_20160609_131106.jpg


小籠包は確か上海発祥ですが、もはや私的には台湾が本場!という印象ですね。


何気なく触った爪楊枝の袋の中身が妙な弾力だったので、封を破ってみると・・・


IMG_20160609_134222.jpg





IMG_20160609_134234.jpg

プラスチック製で、反対側は歯間ブラシになっていました!

【京鼎小館】台北市敦化北路155巷13号



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | .台湾 小籠包 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月10日

台湾の小籠包2 【済南鮮湯包】


台北には色々な小籠包屋さんがありますが、その中でもかなりの人気店に行ってきました。

済南鮮湯包(ジーナンシェンタンバオ)です!

DSC01750.jpg


このお店は「小籠包のプレーン味」と「しらすチャーハン」が評判なので、とりあえず食べてみましょう!


注文は、A4版の注文票に赤ペンで数量を書き込んで店員さんに渡す方式。

しかし、その注文票はラミネートされ、ペンも懐かしのクーピーみたいなもの。

DSC01742.jpg

・・・思った通り、字がよく書けませんね。。

うっすらと映った数字ですが、こんなので注文できるのかな?

はい、しっかりと注文できたようです(笑


こちらのお店では、小籠包は注文を受けてから包むので、登場するまで少し時間がかかるとか。

より美味しい小籠包を食べるためには仕方ないですね。

作り置きをすると、どうしても鮮度が落ちてしまいますので。


という事で、先に「しらすチャーハン」が登場。

DSC01744.jpg

これも絶品という噂なんですよー。

揚げシラスがたっぷりです。

アップでどうぞ。

DSC01745.jpg

カリカリのシラスはとても香ばしいです。 

塩加減と焼き加減が絶妙!

シラスと玉子とご飯がバッチリ絡み合う感じ!噂は本当でした(^^ 


そして、お待ちかねの小籠包が登場!

DSC01748.jpg

皮が薄すぎて、中身がうっすらと透けています!


では頂きましょう。

まずは醤油と・・・もう一つは黒酢かな?

uhf.jpg

これを刻みショウガに掛けます。

私は醤油だけ使いました。

そして、小籠包の皮を破いて肉汁を出すのですが・・・皮の薄さの割には破れにくい! 

弾力が凄いのですね。

ひとたび破れると、レンゲから溢れそうなほどの肉汁が。

DSC01749.jpg

一口味わってみて・・・美味しいとしか言葉がでません!!

やはりショウガと一緒に食べるのが一番ですね。

餡もたっぷり詰まっていて大満足です(^^


こちらのお店、昼の部の営業時間は11:00〜14:30。

14:00過ぎに行ったらすぐに座れましたが、お昼時は行列必至でしょうね。

店内には日本語のメニューがありますよ。

お客さんは日本人だらけでした(笑

いずれにしても、台湾に行ったら必ず小籠包!

こちらのお店も候補に入れて下さいね。

【済南鮮湯包】台北市大安区済南路三段20号




posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .台湾 小籠包 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする