2017年09月05日

こんなしゃぶしゃぶは初めて 【善乃膳】


今回は福岡市中央区にある清川から。

この辺りは独特のお店が立ち並び、見る人によってはオシャレに感じたり不思議な感じがしたりする街です。

そんな清川付近をちょっと散策していたら、珍しい交差点を発見しましたよ。


IMG_20170602_180808.jpg


「ラウンドアバウト」と呼ばれる交差点です。

これ、信号機がないでしょう?

この交差点、私はオーストラリアで初めて見ましたが、信号がない交差点内を車がぶつかることなくスイスイ動いているのがとても新鮮に見えました。

ここはそれよりはだいぶ小型の交差点なんですけどね。

で、右折する時はどうするかというと・・・

内側を通行している車が優先なので、それらの進路を邪魔しないように注意しながら交差点に進入します。

で、地面に書かれている矢印に沿って進みながら右折するというわけです。

IMG_20170602_180828.jpg


これならUターンも容易に可能そうですね。

ただ、渋滞時は逆に混乱しそうな気もしますが。

海外では一般的になりつつあるそうですが、日本ではまだまだ珍しいですよね。

翌日、タクシーに乗ってここを通過した時に運ちゃんに聞いたのですが、この交差点は通称「清川ロータリー」と言われているそうです。

地元では有名スポットのようですよ。


今回、この「清川ロータリー」すぐそばにある居酒屋に出かけてみました。

お店の名前は「善乃膳」さん。

初めてのお店ですが、中はちょっと照明を落とし気味の落ち着いた雰囲気です。


IMG_20170602_182732.jpg


まずは飲み物を注文しようとメニューを見て・・・気になるものを発見しました。


IMG_20170602_183733.jpg

「ハイテンションボール」


違法薬物とか入ってそうな名前ですが・・・大丈夫でしょうか?

「これは何?」って女性店員さんに尋ねたら、レモンが多めに入ってるとか何とかあやふやな回答でした。


注文してみました。


IMG_20170602_184609.jpg


見た目は普通のハイボール。

飲んでみたら・・・ただのウイスキーが多めのハイボール。

ちなみにレモン感はゼロでした(笑


では、つまみも適当に注文しましょう。


あさりの酒蒸し。


IMG_20170602_183435.jpg


美味しいですねー。

私も自分で作ったことがありますが、酒だけで何故こんなに濃厚な味になるのが不思議です。


こちらは珍しい「大根の天ぷら」。


IMG_20170602_183601.jpg

IMG_20170602_183608.jpg


これは塩で頂くみたいですね。


噛んでみると・・・


IMG_20170602_183847.jpg


とても柔らかい大根です。

きちんと下処理をしているのでしょう。


さて、こちらのお店の名物は、イクラの軍艦巻きの上に更にイクラを盛った「ぶっかけイクラこぼれまくり寿司」。

ご主人曰く、一番人気だけど利益が取れないとか。

しかし、客寄せメニューだから止められないのでしょうね・・・お気の毒です。

私も注文しようかどうか迷っていましたが、同行者がイクラ苦手だったので止めました(笑


で、おそらく人気ナンバー2だと思われる「真鯛のしゃぶしゃぶ」を注文しましたよ。


鍋が設置されました。


IMG_20170602_190741.jpg


スープには大根おろしと白菜がたっぷり入っています。


そして、真鯛と野菜も登場しました。


IMG_20170602_190759.jpg

IMG_20170602_190817.jpg


この「真鯛」は刺身でも食べられるんですって。新鮮の証ですね。


真鯛を軽くしゃぶしゃぶして


IMG_20170602_191003.jpg


自家製ポン酢でいただきます。


IMG_20170602_191023.jpg


軽くサッとするとちょうど良いです。


野菜類も投入し、しっかりと頂きます。


IMG_20170602_192456.jpg



〆はもちろん雑炊ですね。

真鯛のダシがたっぷりとれているはず。

これは店長さんが作ってくれるようです。

ご飯と溶き玉子を投入して


IMG_20170602_201502.jpg



ぐつぐつと火にかけます。


IMG_20170602_201908.jpg


出来上がり。


IMG_20170602_202435.jpg


ごちそうさまでした。

なかなか穴場的なお店だったので、またいつか訪れたいです。

【善乃膳】福岡市中央区清川3-2-11





ブロトピ:福岡県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | .海鮮系 海鮮系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月30日

プレミアムです


突然ですが、福岡に行ったらお土産は何を選びますか?

誰もが知っている福岡名産を選ぶのであれば、明太子や博多ラーメンやもつ鍋セットでしょうか。

お菓子系であれば、「通りもん」や「にわかせんぺい」などは他県でも有名ですよね。

しかし、お菓子系で私が一番推すのは「めんべい」

これは、駄菓子屋で売っているえびせんを硬くしたような食感で、辛子明太子風味のお菓子です。

一袋に2枚入っていて、一度に食べる量としてはちょうど良いんですよね。

福岡空港などのお土産屋さんを覗いた事がある方なら、一度は目にした事があるでしょう。


imgMenbeiCat7.jpg


目を引く「め」の文字。

め組とは無関係です(たぶん)


先日、職場の九州旅行があったのですが、私用で不参加だった私へのお土産に、この「めんべい」を買ってくれた方が複数人いらっしゃいました(笑

もちろん美味しく頂きましたよ(^^


まず、これがオーソドックスな味の「プレーン」


IMG_20170605_202925.jpg


他には、「辛口」や・・・


IMG_20170605_202939.jpg


「ねぎ」などもあります。


vcbtgnfx.jpg


ちなみに、このねぎは「博多限定」だそうです。


IMG_20170605_203513.jpg


他にも、「マヨネーズ」味などもあるそうですよ。

これらはお土産屋さんで手に入り、どれも美味しいです。

そして、実はめんべいには上級版の「プレミアムめんべい」というのがあるのです。

実はこれ、博多阪急でしか手に入りません。

当然、福岡空港のお土産屋さんでも置いていません。

一体どんなめんべいなのかというと・・・


これです。


IMG_20170630_210451.jpg

IMG_20170630_210533.jpg

象形文字のような絵が描かれています。


IMG_20170630_210525.jpg


高級感溢れています。


で、これは一体何味かというと・・・

「うに」です。


IMG_20170703_211541.jpg

IMG_20170703_211629.jpg


食べてみると・・・ウニなので、やはりわかりにくい味です(笑


この「プレミアムめんべい」はうにだけではなく、他にも「えび」とか「トマトバジル」など何種類かあります。


IMG_20170630_210652.jpg

IMG_20170630_210658.jpg


さらに、「ホワイトチョコ」「キャラメルチョコ」などの甘い系もあるんですよ。(季節限定品のようですが)

この「プレミアムめんべい」。お土産にしたら喜ばれる事間違いなしです!

しかし、それも「めんべい」の存在を知っていればこそ。

知らない人からしたら、「単なる福岡のせんべい」になってしまいます(^^;





ブロトピ:福岡県のグルメ
タグ:めんべい
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | .その他 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月20日

何のかつ煮だと思います? 【田村銀かつ亭】


強羅にある、行列のできるお店に行ってきました。

その名も「田むら銀かつ亭」。


IMG_20170409_114320.jpg


生憎の空模様ですが、すでに待ち人がたくさんいる様子。

お店の入口で番号札を取り、番号を呼ばれたら入店するシステムでした。

まだまだ順番は回ってきそうにありませんが、雨が降っているので屋根の下でとりあえず待機してみます。

だいぶ待つかな?と思いましたが、新館と別館に客が振り分けられるので、意外と早く順番が来そうです。

段々と私たちの番が近くなり、玄関内に入れました。

すると・・・


壁にはサイン色紙がびっしり!


IMG_20170409_115031.jpg

IMG_20170409_115040.jpg


しかも、どこの誰だか知らない名は少なく、本当に有名人ばかりなんです。

つるの剛士
マイケル富岡
柴田理恵
林修
ウド鈴木
川原亜矢子
森三中の村上
天童よしみ
高木澪
ふかわりょう
中村あゆみ
鈴木砂羽
柳原加奈子
石原良純
松野明美
古閑美保
アンジャッシュ渡部
TKO木下
清水アキラ
デビット伊東
高田純次

・・・写真で確認しただけでもこれだけの有名人の名が。

もちろん、テレビや雑誌の取材で訪れたのでしょうけど。

いかにたくさんのメディアに取り上げられたのかがわかります。


さあ、テーブルに案内されました。

気持ちの良い窓際席です。


IMG_20170409_120352.jpg


窓の外は見事な庭園となっています。

食べている途中で、この庭園内をなぜか人が横切ったのには驚きましたが。


店内の様子


IMG_20170409_122754.jpg


さあ、このお店は「銀かつ亭」という名前ですが、何の「かつ」だと思いますか?


IMG_20170409_121018.jpg


奥さんはそのかつの単品を注文。

私はそのかつの定食を注文してみます。

その後、店員さんが、他のテーブルに「大きな器」を運ぶのが目につきました。

その器のサイズ、まるでラーメンのドンブリです。

「え?あれってかつの皿だよね?大き過ぎない??」

そう、単品でも食べきれるかどうかという巨大さです。


で、しばらくすると、その巨大なやつが来ました。奥さんが注文した単品のです。


IMG_20170409_121455.jpg


手の大きさと比べると、器がかなり大きいのがお分かりかと思います。


IMG_20170409_121420.jpg


器の中に厚みのある土鍋のようなものが仕込んであるので、遠目で見るよりも実容量は少ないんですけど。


さて、私の定食も来ましたよ。


IMG_20170409_121433.jpg


こちらのかつの器は標準サイズのようですね。


IMG_20170409_121443.jpg


まだ火が点いています。


IMG_20170409_121449.jpg


トロトロ玉子と三つ葉のこの感じ。

いかにも美味しそうではありませんか。


では、その「かつ」の正体を明かします。

まずは取り皿に取って・・・


IMG_20170409_121648.jpg


これです!


IMG_20170409_121712.jpg


ちょっとわかりにくいですが、これは「豆腐かつ」です。


豆腐なので、単品の器サイズでもちゃんと食べきれそうですね。

美味しそうでしょう?


そして、豆腐の間に挽肉のようなものが挟まっているのがお分かりでしょうか。


IMG_20170409_122015.jpg


これ生姜が効いていて本当に美味しいんです!

ご飯何杯でもいけそうなくらい。

この「豆腐かつ」、並んでまで食べる価値アリですよ!

きちんと味で集客できる実力店でした。

【田むら銀かつ亭】神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-739




ブロトピ:神奈川県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(3) | .その他 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月10日

大人限定です!


久々の弁当シリーズです。

今回は、「おとなの焼き鯖寿し」!


IMG_20160319_231811.jpg


以前に「越前かにめし」をご紹介しましたが、あれと同じメーカーの番匠本店さんの商品です。

で、これがなぜ大人限定かというと・・・


IMG_20160319_231930.jpg


山葵(ワサビ)入りだから(笑


焼き鯖がシャリの上に敷き詰められていますよ。


IMG_20160319_232200.jpg


綺麗な色に焼いてあります。


シャリには葉わさびが載り、焼き鯖とシャリの間には茎わさびが入っています。


IMG_20160319_232900.jpg


ところどころ見えますね緑色のが。


横に倒してみました。


IMG_20160319_232455.jpg


ワサビの入り具合にはムラがあるようで、この写真にはほとんど写っていません。


食べてみると、確かにツーンときますが・・・そんなに刺激は強くありません。

思っていたよりワサビの量は少なかったです。

鯖は意外と脂が乗っていたので、ワサビはもっと盛っても良かったですね。

練りワサビがあれば、お好みで足しても良さそうです。

鯖好きなら一度は食べておきたい「おとなの焼き鯖寿し」

これは福井県の商品ですが、東京駅の駅弁屋さんでも買えますよ。

ブロトピ:福井県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | .弁当 弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月05日

東西のどん兵衛


以前に、「どん兵衛」の札幌限定バージョンをご紹介をしました(詳細はコチラ)が、今回もまたまた「どん兵衛」ネタです。

「西日本のどん兵衛」が手に入ったので、東日本のと比較検証してみたいと思います。


二つを並べてみました。


IMG_20170628_135905.jpg


右が東日本、左が西日本のどん兵衛です。

この両者のパッケージ、よく見ると違いがあるんですよ。

それは・・・

実は写真です。

よーく見ると、写真に写っているネギやうどんが両者では微妙に違うんですよ。


それと、もう一つ違いを発見してしまいました。

さあ、どこだと思いますか?


それは・・・

こちら、東日本のパッケージですが・・・


E.jpg


小さく(E)と表示されていますよね。


E2.jpg


これ、おそらくは「EAST(東)」の頭文字だと思われます。


という事は、西日本の方は・・・


w.jpg

W2.jpg


はい、WEST(西)の頭文字(W)でした。


両者のパッケージを開けてみると・・・


IMG_20170628_140103.jpg


スープ小袋の色が緑と青!

これは一目瞭然の違いです。


スープを麺の上にまぶしてみました。


IMG_20170628_140757.jpg


西日本のスープの方が色が薄いような気もしますが、はっきりとはわかりませんね。

単に照明の当たり具合の違いのようにも感じます。

しかし、お湯を入れてかき混ぜてみると・・・


IMG_20170628_141517.jpg
※スープの色がわかるように、お揚げを畳んであります。

やっぱり、西日本のスープの方が色が薄いようです!


では、食べ比べてみます。

まず、スープを比べてみると・・・

私が馴染んでいる東日本のほうが味が濃く、醤油っぽい味が強いです。

西日本の方はダシ感が強く、醤油っぽい味は弱めに感じました。

西の方を食べ慣れている方が東を食べたら、しょっぱく感じそうです。


油揚げは、東日本のに比べると西日本のは少し甘かったです。

うどんと油揚げの食感はどちらも違いは感じられませんでした。


具を食べた後のスープの色を比べてみると・・・


IMG_20170628_142423.jpg


違いがハッキリとわかりますね。

「東が濃くて西が薄い」という噂は本当でした。


ちなみに、パッケージに表示されている成分の表示順・カロリーにも違いがありましたよ。



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | .うどん うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月30日

一年のうち7日間しか食べられません! 【キルフェボン】


「Qu’il fait bon」というお店をご存知ですか?

女性なら知っている方も多いかもしれませんね。

これ、「キルフェボン」と読みます。

何となく語感がフランス語っぽいと思っていたら、その通りでした(笑

「なんて良い陽気なんだろう!」という意味なんですって。

で、このお店は何なのかというと、「フルーツタルト専門店」です。

四季それぞれのフルーツを使ったタルトは季節限定販売。

毎年夏の時期に、一週間しか発売されない幻(?)のタルトがあるのだそうです。

私の奥さんは海外に数年間いたのですが、毎年この時期に合わせて帰国し、そのタルトを食べていたんだとか。

一年間で7日間しか食べられないって凄いですよね。

たまたまフラッとお店に行ったとして、販売日と重なる確率は1.9%ですよ。

しかも人気商品でしょうから、それが販売日だとしても売り切れている事も考えられるのです。

どれだけ美味しいのか気になりますね!

甘いものをあまり食べない私ですが、「1年間で7日間しか食べられない」というのに惹かれ(笑)、奥さんに付いて行くことにしました。

この「キルフェボン」は関東に「銀座店」、「青山店」、「スカイツリー店」、「横浜店」の4店舗があり、私たちが向かったのは「横浜店」。

横浜店は相鉄ジョイナスの1F。

JRから相鉄方面に向かう途中にたくさんのお店が連なっている一角にあります。


では、お店に入ってみます。


IMG_20170720_161405.jpg

IMG_20170720_161021.jpg


意外と男性でも抵抗なく入れそうな雰囲気でした。

実際に一人で来店していたスーツ姿の男性客もいましたよ。

売り場には女性店員さんが何人かいて、気軽に買い物の相談ができそうな感じでした。

奥さんが毎年行っていた「福岡店」は買ったタルトを店内で食べられたそうですが、この「横浜店」はイートインスペースがなくてテイクアウトのみです。

仕方がないので、購入して持ち帰って頂きましょう。


では、手当たり次第に商品を撮影してみます。


IMG_20170720_161123.jpg

IMG_20170720_161205.jpg

IMG_20170720_161130.jpg

IMG_20170720_161140.jpg

IMG_20170720_161322.jpg


どれもこれも豪華で綺麗ですねー。

さて、私たちが今回お目当てにしていたタルトは何かというと・・・


桃!


そう、現在は「ピーチWeek!」なのです!(今年は7/19〜7/25)

で、奥さんが毎年食べていたのは、「大糖領のティラミス」というタルト。

「大糖領」というのはブランド桃の名称で、糖度が半端ではなくて、とにかく甘くて美味しいらしいですよ。

今回もそれを買うつもりでしたが・・・「大糖領」は不作なのか収穫が遅れているのかはっきりと覚えていませんが、店頭に並ぶのはもう少し先になるとの事。

なので、普通の「桃のタルト」を買う事にします。


77w.jpg
※公式サイトから

ちなみに、写真のこれはホール。25cmで6,480円。

さすがにこれは多すぎるので、1ピースを買いました。


さて、早速帰宅して頂く事にします。

箱から取り出すと・・・


IMG_20170720_222600.jpg


光輝く2種類の桃!

果汁たっぷりの桃が贅沢に載っています。


では、頂きます。


IMG_20170720_223002.jpg


桃がとにかくジューシー!

まるで狩りたてのように新鮮!

底の練りパイには、カスタードクリームが詰めてありました。

私はタルトの底の部分のクッキーのような生地があまり好きじゃなかったのですが・・・

もっさりした感じは全くなく、とても食べやすかったです。

これを食べてみて、タルトの概念が覆りましたね。


こちらは一緒に買った「金色メロンのタルト」。


IMG_20170720_222553.jpg


なんと、1ピース1,424円。

ホールだと13,500円になります。

かなりの価格ですが、「金色メロン」というのは年間3,500個しか生産されないのだそうです。

IMG_20170720_223123.jpg


これも絶品!

私は「甘いモノ嫌い」を自認していましたが・・・

気が付いたら、最近はだいぶ甘いモノを食べるようになっていました(笑


※H29.8.7追記

後日、その「大糖領のティラミス」を無事に購入できました!!


mmexport1501994496094.jpg

mmexport1501992668065.jpg


綺麗で瑞々しい桃!!

ほんと美味しそうでしょう?

で、これは奥さんとその友人の胃袋に納まりました(^^;

買ったのは私なんですけどね・・・。

来年リベンジ!

【キルフェボン横浜店】横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナス1F




ブロトピ:神奈川県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .甘いもの 甘いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月25日

ひとり居酒屋8 【すずらん】


今回のひとり居酒屋も、ぴおシティ内にある居酒屋さんです。

「またぴおシティ?」とか言わないで下さい(笑

ここには味のある居酒屋が揃っているから仕方ないんです!

ということで、今回は「すずらん」さん。

ブレていますが、こんな外観のお店です。


IMG_20150607_125321.jpg


店内は、立ち飲み屋にイスを置いただけのような感じですね。


IMG_20150607_121251.jpg

IMG_20150607_121300.jpg


サイン色紙とかもあります。


IMG_20151011_122854.jpg


こちらは、店内唯一のテーブル席。


IMG_20151011_123033.jpg


こちらのお店、お酒もつまみもオール300円。

非常に分かりやすい料金体系ですね(^^


まず、店の外にある券売機で300円の食券を購入します。


IMG_20160807_105822.jpg


そして、その食券を店員さんに渡す時に希望の品をオーダー。


生ビールも300円。


IMG_20150607_121212.jpg


サイズは小ジョッキくらいでしょうか。

お酒は他にもハイボールやワインなどもあります。


料理もオール300円。

お一人様に特化した価格設定が嬉しいです。

注文したのは、まぐろとイカの刺身。


IMG_20150607_121758.jpg


それぞれ300円です。

何気にワカメが嬉しいです。


そして、野菜炒めも注文してみました。


IMG_20151011_123521.jpg


野菜炒めというよりは、ほぼモヤシ炒め(笑

ゴマ油とコショウが凄いです。


豚の生姜焼き。


IMG_20160124_122427.jpg


ちゃんと注文が入ってから炒めていましたよ。

キュウリとレタス、それとマヨネーズが添えてあります。

低価格だけど手を抜かない調理っぷり。

普通に美味しいですよ。

私のような少食のひとり飲みには最適な量(^^


このお店、小さいので当然ながら厨房もかなり狭そうです。

私は空いている時にしか来たことがないですが、満席になったら店員さんの手が回らないのでは・・・とちょっと心配です。

【すずらん】横浜市中区桜木町1-1 ぴおシティ B2F




ブロトピ:神奈川県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .ひとり居酒屋 座り飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月20日

ポテチパン 【北原製パン】


パンにポテトチップを挟んだ「ポテトチップサンド」なる食べ物があるとの情報を得ました。

場所は京急線の追浜(おっぱま)駅だそうです。

ある祝日の暇な日に行ってみました。

さあ、追浜に到着です。


Keikyu-Honsen 195.jpg


この辺は、もうほぼ横須賀ですね。

横浜からはちょっと離れているせいか、人々がセカセカしていなくのんびりした印象でした。

単に祝日だったからかな?


目指すお店は「北原製パン」さん。

駅から徒歩数分で、目印は歩道橋とのことですが・・・

あ、遠くに歩道橋が見えますね。


IMG_20170429_094627.jpg


近づいてみます。


緑色の屋根に「パン」と書いてありますね。


IMG_20170429_094704.jpg


あそこのようです。


無事に迷うことなく到着しました。

ショーケースにはたくさんのパンがありますね。


640x640_rect_38997792.jpg


そして発見しました!最上段。


IMG_20170429_095812.jpg


ポテトチップサンド165円。

たくさん積まれています。

「売り切れていたらどうしよう?」というのは余計な心配でした。

これ一つだけ買うのも何なので、あと一つしか残っていなかった「メンチカツパン」も一緒に購入。

早速帰宅して食べてみます。


まずはポテトチップサンドの裏側。


IMG_20170429_131626.jpg


パンが一つ一つ個別包装されています。


ビニールから取り出しました。


IMG_20170429_131802.jpg


ポテチの砕いたやつとキュウリ一切れのみ(笑

しかし、このキュウリの存在感。

彩を添えると同時に、このパンのジャンク感を和らげています。

ポテチの味付けは何でしょう?

からしマヨネーズのような感じですね。


IMG_20170429_131917.jpg


ポテチは、しんなりし過ぎてなくて若干カリカリ感が残った食感。

ちょっとだけカリカリ感があるので、柔らかいパンと一緒に食べるのは違和感がありました。

どうせなら、完全にふにゃふにゃ状態にしたほうが合うように感じます。

噂の「ポテチサンド」、私は食べ慣れてないのでよくわかりませんが、不味くはなかったです。


こちらはおまけで買った「メンチパン」


IMG_20170429_132814.jpg


メンチがあまりメンチっぽくないですね。

メンチ好きの私としては、これはちょっとガッカリでした。

以上、報告終わります。

【北原製パン】横須賀市追浜本町1丁目3番地




ブロトピ:神奈川県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .その他 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月15日

カレー汚れには・・・ 【ツナパハ】


奥さんが、博多にある「スリランカカレー」のお店に連れて行ってくれました。

お店の名前は「ツナパハ」といいます。


IMG_20170518_220603.jpg


変な名前のお店ですね(笑

変な名前の「スリランカのカレー」と聞いて、ふと頭をよぎったのは以前にご紹介した「サリサリカリー」

で、もう一度サリサリカリーの記事を読み直してみると・・・

あれはスリランカではなくてパキスタンでした(笑


この「ツナパハ」のカレー、地元ではかなり有名なんですって。

何でも、このお店のファンクラブというかサークルがあるそうなんです。

で、たまにオフ会を開くそうですよ。

もちろん、このお店でカレーを食べながらのオフ会(笑

どれだけ美味しいのか気になりますね。

場合によっては、私もファンクラブのメンバーになるかもしれません。


では、行ってみましょう。

店内の様子


IMG_20170514_114054.jpg

IMG_20170514_114034.jpg


あ、「福岡づくり」がありました。


IMG_20170514_114023.jpg


飲んじゃいます。


IMG_20170514_114109.jpg


ナッツ類が出てきましたよ。


IMG_20170514_114224.jpg


ビールを頼んだからお通しかな?と思ったら、ビールを頼んでいない人も出されていました。


メニューです。


IMG_20170514_114013.jpg


スリランカカリー、美味しそうですね!

ドライカレーも食べたいし、バナナカリー、リンゴカリーもネタとして面白そう!

しかし、ここのオススメはヌードルカリーだそうで。


という事で、これが登場した「ヌードルカリー」


IMG_20170514_114535.jpg


ヌードルというのはビーフンの事でした。


食べやすいように細かくカットしてありますね。


IMG_20170514_114652.jpg


しかし、カレースープ真っ赤ですね・・・。

食べてみると、かなり辛いですが病みつきになりそうな味。

カレースープには白っぽい部分がありますが、これはココナッツミルクのようです。

これとカレースープを混ぜて頂くと絶品級の美味しさです。


チキンも美味しそうですね。


IMG_20170514_114547.jpg


ジャガイモがありますが、これを食べる時は要注意。

フォークでグサッと刺して、そのまま持ち上げて食べるのはやめた方がいいです。

歯でかじった時にジャガイモが割れ、塊がカレーに落下して周囲に飛び散ります。

そして、自分の服がカレーまみれになります。(経験者)

その時のシャツの状態、まるで洗剤のCMのようでしたよ(笑

シャツを撮影しとけば良かったですが、その時はそこまで頭が回りませんでした。

で、すぐにシャツを脱いでお店のトイレでこすり洗いをしても落ちず、奥さんの実家で洗濯してもらっても落ちず。。

何か特殊なスパイスを使っているのかもしれませんね。

なかなか頑固なカレー汚れでしたが、横浜に帰ってから「洗濯→直射日光に当てる」を繰り返して汚れは落ちました。

カレー汚れって日光で落ちるのご存じでした?(本当)

【ツナパハ】福岡市中央区大名2-1-1 野見山ビル5F




ブロトピ:福岡県のグルメ
タグ:ツナパハ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .カレー カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月10日

黒おにぎり 【員林商店】


台湾で絶品な「黒おにぎり」が食べられるという噂を聞き、行ってみることにします。

途中に吉野家がありました。


IMG_20160610_095743.jpg


日本ではお馴染の吉野家、しかし台湾のはノーマルな牛丼以外は初めて見るものばかり。


IMG_20160610_095737.jpg


前回台湾に来た時には、「牛丼と枝豆のセット」とか不思議な組み合わせメニューがあったのを覚えています(笑

日本人とは食の感覚が違う事がよくわかりますね。


さあ到着しました「員林商店」さんです。


IMG_20160610_102844.jpg

IMG_20160610_100451.jpg


家族で経営しているようですね。

生活感丸出しの店内はいかにも台湾っぽくて好きです(笑

メニューを見てもよくわかりませんが・・・


IMG_20160610_101720.jpg


大丈夫、日本語メニューがあります!


IMG_20160610_100806.jpg

IMG_20160610_100819.jpg


まずは黒おにぎりを注文し、待つこと数分で登場。


IMG_20160610_101001.jpg


ビニールを開けてみると、真っ黒なおにぎりです。


IMG_20160610_101034.jpg


黒いお米ってあまり馴染みがないですよね・・・。


では、食べてみます。


IMG_20160610_101211.jpg


ちょっと黒いコメは硬いですが、なかなか香ばしいですね。

中身は、肉でんぶや大根その他が入っています。

この黒い米は健康にとても良いそうですよ。


そしてお会計時、端数をまけてくれました。

「台湾の汁ビーフン」に続き、二度目です(^^

日本人に好意を持ってくれる方が多いですから、我々も台湾の方々に誠実に接しなきゃ!と思わされました。

【員林商店】台北市金山南路2段129号




ブロトピ:海外グルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .台湾 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする