2017年02月10日

ひとり焼肉4 【北海道ビール園】


今回はひとり焼肉シリーズ北海道版。

北海道といったら、やはり「ジンギスカン」ですね。

ということで、食べてきました!

あ、わざわざこれを食べに横浜から北海道まで行ったわけではありませんよ。

札幌に行ったついでに寄ったのです(笑

ここらにはジンギスカンが食べられるお店がたくさんありますが、泊まった宿から比較的近い「北海道ビール園」さん。

一人用のカウンター席もありましたが、二人用席に案内されました。


IMG_20160126_174511.jpg


列車の座席のようでちょっとレトロ感あっていいですね。

やはりボックス席は落ち着きます(^^


まずはビールを注文しましょう。

もちろん「札幌クラシック」です。


IMG_20160126_174754.jpg


旨いビールは冬でも旨い(^^


注文したのは、ジンギスカンのセット。


IMG_20160126_175049.jpg


一人用にちょうど良い量。

お肉がとにかく綺麗です!


IMG_20160126_175056.jpg


このまま口に入れてしまいたいくらい(笑

くさみも全くなく、非常に柔らかいんです。


肉と一緒に野菜もしっかりと焼いちゃいます。

IMG_20160126_175248.jpg


こんなの見たら唾が出てきてしまいそうでしょ(笑


IMG_20160126_175440.jpg


やはり焼肉の美味しさを満喫するにはひとりに限りますねー。

旅先で開放感があったせいか、美味しさは数割増しでした(^^

あー、写真を見たらまた食べたくなってきた(笑

【北海道ビール園】北海道札幌市中央区南3条西3丁目 Gダイニング9F




ブロトピ:北海道グルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .ひとり焼肉 ひとり焼肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月05日

生なんです 【しょうゆ・きゃふぇ】


今回は、横浜の元町にあるエリスマン邸に行ってみました。


IMG_20160330_124931.jpg
注)写真の女性たちは私とは無関係です。


IMG_20160330_124954.jpg


この建物、日本の近代建築の父といわれたA.レイモンドの建築だそうです。


この内部に、醤油を使ったグルメが楽しめるカフェがあるそうですが・・・

それは建物に入ったらすぐにありました。

その名も「しょうゆ・きゃふぇ」。

美味しい醤油パンが名物だそうですよ。

このお店、山の手マダムたちの憩いの場。(私の勝手な思い込み)

お昼時だったせいか満席で、10分くらい待たされました。

店内は狭め。

でも、座席配置が面白いんです。

カウンター以外の席は、円卓を真っ二つに切ったような分度器型テーブル。

そして、全ての座席が窓側に向かって座るようになっています。

IMG_20160330_131310.jpg


どの席からでも窓の外が見渡せる粋な計らいですね。


さて、今回頂いたのは醤油パンではなくてコチラ。


IMG_20160330_131452.jpg


なんだかわかりますか?

これは「生プリン」なのです。

中央の黄色くて丸いのは、桃に見えますが実は「生卵」。

IMG_20160330_131502.jpg


ツヤツヤしていて綺麗ですね(^^


そして、この生卵は4種類から好きなのを選べます。


IMG_20160330_125653.jpg


私は、神奈川のコトブキ農園さんの「恵壽卵(けいじゅらん)」にしてみました。

栄養、味わいともに完璧な玉子だそうです。

私は甘いものはあまり食べませんが、こういう珍しいのは特別です(笑


この玉子を崩し、よくかき混ぜてから頂きます。


IMG_20160330_131614.jpg


オレンジ色のような茶色のような液体は「キャラメルソース」。

さらに混ぜ混ぜしますよ。


IMG_20160330_131718.jpg


ぐちゃっとしていて見た目はイマイチですが・・・味は凄く濃厚です!

味は、ドロドロにとけたキャラメルそのまんま。

生玉子を食べているのですが、それを感じさせないんですよね。

普通に美味しいです!

雰囲気込みで優雅な一時を過ごせました(^^


ところで、玉子の黄身にも色々な色がありますよね。

白っぽかったり、オレンジ色に近い濃い色などが。

色の濃い黄身の方が濃厚で栄養が豊富だと思いがちですが、実はそれは誤解なんですって。

鶏に食べさせるエサによって黄身の色が変わるだけで、栄養の有無とは関係ないのだそうです。

【しょうゆ・きゃふぇ】中区元町1-77-4




ブロトピ:神奈川県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .甘いもの 甘いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月30日

温かくなる弁当


札幌駅構内のお弁当コーナーで見つけた、温かくなる弁当。

といえば、孤独のグルメ第1巻にも登場しましたね。

あれは、通称「ジェット弁当」と呼ばれるシューマイ弁当でした。


9b7cd7e3.jpg


が、こちらのは「ジンギスカン弁当」です。


IMG_20151023_082539.jpg


お値段は1,000円。

購入し、宿泊した宿で食べてみました。

これは、レンジがなくてもいつでもどこでもホカホカ弁当が食べられるスグレモノ。

冬の寒さがハンパではない北海道でこれは嬉しいですね(^^

温かいのと冷えてるのとでは味が全然違いますからね。

きっと、ジンギスカンのようなちょっとクセのある肉だと猶更でしょう。


まずは、この紐を引っ張ります。


IMG_20151023_082743.jpg


そして8分待つそうです。


IMG_20151022_154201.jpg


紙の包みを外して・・・


IMG_20151023_083641.jpg


フタを開けてみました。


IMG_20151023_083751.jpg


ほかほかです(^^

IMG_20151023_083759.jpg


なかなか肉は多め。

タマネギやカボチャはしんなりし過ぎず、程良い歯応えでした。

外側の容器は大き目ですが、発熱装置にスペースを取られている為、ご飯の量は少な目です。

小食の私としては程良い量でした(^^


今回は記事が短めなので、札幌名物の馬車の写真でも載せてみようと思います。

札幌では、観光用の馬車が普通に公道を歩いているんですよ。


IMG_20151023_095829.jpg
注)この写真は積雪のない秋に撮影したものです。

建前上は無断撮影厳禁ですが、実際には地元民以外の多くの人が撮影をしています(笑




ブロトピ:北海道グルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .弁当 弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月25日

北京ダック 【過門香 銀座店】


トマト会(仮称)の新年会ランチにて。

あ、トマト会というのは、過去に一緒に仕事をしていた仲間たちとの年に2回の食事会のこと。

私よりぐっと年上のマダム二人、それと準会員として私の友人Sさん、それと私の4人で構成されています。

なぜ「トマト会」なのかは、過去の記事を探せばわかります(笑


今回のお店は、本格中華料理店の「過門香(かもんか)銀座店」。

こちらで北京ダックを頂いちゃいます。

昨年の暑気払いの「鱧(はも)」に引き続き、今回もちょっと高級路線です(笑


事前にお店に連絡し、とりあえず座席と北京ダック一羽だけは予約済み。

それ以外の料理は、単品を色々と注文して皆でシェアする予定です。


お店に到着しました。


IMG_20170108_112509.jpg


ここで、とてもラッキーな告知を発見。

たまたま北京ダックフェアをやっていて、本来は一羽13,000円のところ、半額の6,500円となっていたのです!!


IMG_20170108_112520.jpg


この金額の差はでかいですよね!

小さな文字で「ディナータイム限定」と書いてありますが、どういうわけかこの日はランチなのに割引適用されました(^^


では座席に案内されます。

なんとも豪華な内装に圧倒されました。まるで海外のようですね。


IMG_20170108_144346.jpg


中国の茶館のようでもあります。


IMG_20170108_113258.jpg


北京ダックだけはキープしていますが、その他の料理はどうするか未定。

で、当初は単品料理を色々と注文するつもりでしたが、急遽コース料理にすることに。


まず登場したのは珍しい「ライチ茶」


IMG_20170108_131527.jpg


ライチの甘い香りがします。

が、味はあまりライチを感じさせません。

これは香りを楽しむお茶なのかもしれませんね。


料理は、コース料理の前菜から登場。


IMG_20170108_115036.jpg


ふかひれスープ


IMG_20170108_120127.jpg

塩分控えめで優しい味。とろみがあって温まります。


エビマヨ


IMG_20170108_123705.jpg

大ぶりなエビたち。ここへ来て濃厚なマヨの味が味覚をガツンと刺激します。


とても珍しいアワビ茸が肉厚で出ました


IMG_20170108_124809.jpg


五目あんかけ焼きそばや中華粥も


IMG_20170108_130252.jpg

IMG_20170108_130300.jpg


そして登場!北京ダック。


IMG_20170108_115238.jpg


こんがり焼かれていて艶があり、とても綺麗な飴色です(^^

しかし、これはちょっとお披露目しただけで、すぐに奥に引っ込めてしまいます。


その後、シェフが皮だけを切って持って来てくれるというわけです。


IMG_20170108_120355.jpg


ぱっと見、サラミとチーズの乾きものオードブルみたいですね(笑

先ほどの北京ダックとそれを包む皮。それと、食感を良くするための揚げワンタンの皮です。


北京ダックは旨味がぎゅっと詰まってテカテカに輝いていますねー。


IMG_20170108_120426.jpg


北京ダックは全部で16枚。4人なので一人あたり4枚食べられます。


この皮に


IMG_20170108_120630.jpg


北京ダックとネギとキュウリとワンタンの皮を乗せ、タレを付けます。


IMG_20170108_120759.jpg


皮でそれらを包んでから頂きます。

想像通り、北京ダックの濃厚な脂がじゅわーっと口の中に広がります。

ネギとキュウリで脂っぽさが中和されるので、しつこい感じではありません。

一人4枚ですが、私は1枚譲り受けたので5枚も食べちゃいました(^^


北京ダックの身はパサパサしているので通常は食べないそうです。

しかし、こちらのお店では身も野菜類と一緒にピリ辛風に炒めてくれ、とても美味しく頂きました(写真は撮り忘れ)


新年早々ちょっとリッチなランチ。

4人なのに8人席に案内されたので、広々としたテーブルで落ち着いて料理を楽しめました(^^

【過門香 銀座店】東京都中央区銀座1-10-6 銀座ファーストビル B1F




ブロトピ:東京のグルメ
タグ:北京ダック
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .肉系 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月20日

温泉宿の食事A 【黒川温泉 山河】


今回の温泉宿は、黒川温泉の「山河」さん。


DSC02035.jpg


黒川温泉といえば山河!というくらいの有名宿。

黒川温泉で日本秘湯を守る会に登録している宿は二つあるのですが、そのうちの一つがこの山河さんなんですよ。


駐車場に車を停めると、宿の方が荷物を運んでくれます。


DSC02036.jpg


「男は背中でモノを言う」と言いますが、この方はしっかり黒川と主張(^^


秘湯を守る会シンボルの提灯。


DSC02039.jpg


館内はご覧の通り、とても落ち着く空間です。


DSC02040.jpg


癒されますね〜。

ずっといても飽きなさそう。


そして、こちらが今回のお部屋。


DSC02045.jpg


丸テーブルのこたつが良い雰囲気を出していますね。


やはり温泉付きの部屋にしました♨


DSC02053.jpg


部屋に掛け流しの温泉とは実に贅沢ですが、一泊だとせいぜい1〜2回しか利用しないんですよね。

どうしても大浴場のほうに行ってしまうので。

そのへん、ちょっと勿体なくも感じます(^^;


それでは、夕食の紹介をします。

山河では、夕食は部屋で頂くスタイル。

やっぱ部屋食は落ち着いて良いですね。


こちらがメニュー。


DSC02076.jpg


「師走」と書いてあるように、これは12月に行った時のものです。

記事アップが遅くなっちゃいました(^^;


熊本ですから、まず馬刺しは欠かせません。


DSC02078.jpg


本場では、甘いタレに付けて頂きます。


もはやアートです。


DSC02079.jpg


DSC02084.jpg

DSC02085.jpg


身も心も温まる鍋。


DSC02086.jpg

DSC02087.jpg


トマトスライスを鍋に入れるのは初めての体験かも。


他にも、「阿蘇あか牛ステーキ」と「ご飯」がありましたが、画像が欠落していました。。

全体的に食事の量は多めですし、味覚と視覚の両面で楽しめて大満足でした(^^

黒川温泉に行く機会があれば、この「山河」さんも候補にしてみてはいかがでしょうか。

オススメですよ(^^

【山河】熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6961-1




ブロトピ:熊本県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .温泉宿の食事 温泉宿の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月15日

瓦に乗せてみました 【別邸福の花】


浜松町で飲み会をしました。

お店は「別邸福の花」さん。


IMG_20160820_170428.jpg


山口県の郷土料理のお店なんですよ。


入り口には「杉玉(すぎだま)」が飾ってありました。


IMG_20160820_170154.jpg


たまに酒蔵などの軒先で見かける事がありますが、あれは新酒ができた合図。

このお店のは単なる飾りだと思われます。


では、お店に入ります。

まずは、山口県の地ビールを頂きましょう。


IMG_20160820_174354.jpg


おかわりを含めて4種類全部を飲み尽くしてしまいました(笑


IMG_20160820_171521.jpg

IMG_20160820_174820.jpg


どれも非常に飲みやすいビールでした。

尚、「スタウト」「ヴァイツェン」「ペールエール」「ピルスナー」の詳細は省きます。ご存じない方は各自調べてみて下さい(笑


獺祭の23%も頂きました(^^


IMG_20160820_182842.jpg


こちらはフグの唐揚げ。


IMG_20160820_181337.jpg


そして本日のメインですが、「瓦に乗せる山口の郷土料理」と言えばピンとくる方もいるでしょうね。


そう、「瓦そば」です!


IMG_20160820_193932.jpg


単に瓦を皿代わりにしているわけではありませんよ。

瓦が熱々に焼けているのです!

湯気が立っているのがおわかりでしょうか?


IMG_20160820_193939.jpg


味は付いているので、このまま頂きます。

焦げた茶そばが非常に香ばしくて良い味ですね。

IMG_20160820_194059.jpg


3人で食べたので、あっという間にペロリでした(笑


以前に山口にフグを食べに行った時に、これも食べたかったのですが・・・スケジュールの都合で叶わなかったグルメ。

それを今回都心で叶えさせて頂きました。

【別邸福の花】東京都港区浜松町2-2-6 大塚ビルB1〜2F




ブロトピ:東京のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .そば 温かいそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月10日

パクチー


パクチーってありますよね。

あのベトナム料理やタイ料理でよく使われるクセのある香草のことです。

ちなみに、「パクチー」というのはタイ語、英語では「コリアンダー」と言うそうです。

私はパクチーが苦手です。

それを自覚したのは20代の頃。

以来、何度か口にする機会はありましたが、やはりまともに食べられませんでした(--;

では、パクチー嫌いなのに、なぜ今回はパクチーグルメの紹介かというと・・・

怖いもの見たさというか、不味いもの食べたさ?(笑

あまり人がやらないような変な事を試すクセのある私です。

以前に、職場のあった大田区蒲田から、当時住んでいた横浜の弘明寺まで歩いてみたり・・・

歩く距離にしてはちょっと普通ではないですが、「歩いたらどれだけ疲れるんだろう?」って気になって試したくなるんですよね(笑

同じような理由で、横浜から九州までマイカーで行った事もあります。しかも二度も。

その時はしんどいのですが、そこは喉元過ぎたら熱さ忘れる性格。

またまた変な事にチャレンジしてしまいます(^^;


ということで・・・

パクチースナック!


IMG_20161222_173708.jpg

IMG_20161222_173723.jpg

IMG_20161224_201349.jpg


うーん。。

パクチーというか、何だか芳香剤のようなにおいですね。。

そして、ちょっと塩気が強いです。

スナック菓子ですから、パクチーの味&臭いは抑え気味ですね。

これはまあ普通に食べられるレベル。


続きまして、パヤングのパクチーマックス!


IMG_20161231_115804.jpg


しかし、すごいモノ作りますね(^^;


まずは、麺にかやくを投入します。


IMG_20170103_110510.jpg


まるでお茶っ葉ですね。

においもお茶っ葉のようでした。


これにお湯を入れ、3分経ったらお湯を捨てます。

そして、仕上げは、このソースを入れます。


IMG_20170103_111124.jpg


が、このソースからプ〜ンと漂ってきたのが・・・

凄いパクチーのにおい!!!

思わず、「うわっ!きた!」って呟いてしまいました(笑


そして、完成形がこちら。


IMG_20170103_111359.jpg


はい、不味いです。

やっぱパクチー苦手でした(^0^;)


密かにパクチー料理専門店にちょっと行ってみたかったのですが・・・この分だと行っても秒殺されてしまいそうです(笑



タグ:パクチー
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .その他 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月05日

なんだと思います?C 【寺子屋本舗草津温泉店】


草津温泉街をブラついていて、目についたお店がありました。

IMG_20160212_163425.jpg


店頭のショーケースで何か売っているようですが・・・。


何でしょう?

近づいてみます。


IMG_20160212_163208.jpg


あ、焼き鳥ですね!


と思ったら・・・違うみたい。


団子でしょうか?


やっぱり、違う。。


さらに近寄って確認すると、「串濡れおかき」でした!


IMG_20160212_163351.jpg


串に刺さった濡れおかきなんて珍しくないですか?


辛いもの好きな私は、「超激辛おかき」を食べてみることにしました。

私、「超激辛おかきを1つ下さい。」

おばちゃん、「片目?両目?」

私、「・・・・・・・?」

と、考えること数秒。

「あ、片面と両面のことか!」と気が付きました。

そう、激辛パウダーを付けるのをおかきの片面だけにするか両面にするか選べるのでした。

ここで辛さにちょっとビビってしまい、片面にすることに(笑


IMG_20160212_163336.jpg


食べてみると・・・「超激辛」というのはちょっと言い過ぎですね

片面だけだったからかもしれませんが。


中身のようす。


IMG_20160212_163509.jpg


色といい食感といい干し柿みたいです。


私は煎餅大好きですが、「ぬれせん」は全くと言っていいほど食べません。

はっきりいって邪道だと思っています。

が、ここの濡れおかきは美味しかったですよ(^^


こちらは、友人が食べた「黒こしょう味」。


IMG_20160212_163312.jpg


この濡れおかきを食べつつ温泉街を散策するのも楽しいですね。

【寺子屋本舗草津温泉店】群馬県吾妻郡草津町大字草津507




ブロトピ:群馬県のグルメ
タグ:草津温泉
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .その他 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月30日

スヌーピーがいっぱい! 【スヌーピー茶屋】


本年も拙いブログにお付き合い頂き有難うございました。
来年もご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。




またまた湯布院ネタです。

コーヒーショップのラテアートというのは今や珍しくありませんが、湯布院には立体的なラテアートのお店がある!という噂を聞いたので行ってみました。


お店はこちら。


IMG_20160808_153304.jpg

IMG_20160808_164008.jpg


スヌーピー茶屋(^^


座席配置がなかな珍しいお店でしたよ。


IMG_20160808_153518.jpg


どうやら人気店のようで、お店に入るなり「食べ物は終わってしまってドリンクだけになりますが・・・」と言われました。

問題ありません。

お目当てはこれですから!


IMG_20160808_154452.jpg


スヌーピーの抹茶ラテ。

・・・確かに立体スヌーピーですが。

IMG_20160808_154514.jpg


単にスヌーピーのマシュマロが浮かんでいるだけですね(^^;

時間が立つにつれて、段々とスヌーピーが沈んでいきます(笑


このお店にはスヌーピーグッズが買えるショップが併設されています。


IMG_20160808_152333.jpg


外国人のお客も多かったですよ。

スヌーピーって海外でも人気あるのでしょうか。

【スヌーピーカフェ】大分県湯布院市湯布院町川上1524-27




ブロトピ:大分県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .飲み物 飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月25日

松輪サバ 【まるう商店別館】


友人と飲みに行き、2次会で訪れたお店です。

店内を除くと、かなり混雑気味。。

で、いったん外に出て他のお店に行くかどうか迷いましたが・・・


素敵な笑顔の店員さんに招かれてしまい、入店しました(笑


IMG_20160504_173007.jpg

注)プロレスラーの外道ではありません


しかし、お店に入ると・・・やっぱ混雑過ぎ。。

店内の様子もろくに撮影できないほどに(^^;

二人用のテーブル席に通されましたが、テーブルが小さい上に左右のテーブルとの距離が近いので相席同然。

おまけに、その左右のテーブル共に若い兄ちゃんグループがお喋りをしていたので、私と友人は声を張り上げないと会話ができない状態(--;

まあそれだけ人気店という事ですね。

しかし、飲食店で落ち着いて食べるには雰囲気が大事だというのを改めて実感。

ここはサッと食べて、早々に三次会に行くとしましょうか。


酒を飲み。


IMG_20160504_173631.jpg


これなんだっけ。漁師のまかないユッケとかなんとか?


IMG_20160504_173731.jpg


サラダ


IMG_20160504_173735.jpg


さらにメンチカツなどを頂き。


IMG_20160504_175103.jpg


と、ここで珍しいメニューを発見しました。


IMG_20160504_181015.jpg


「脂ノリノリ松輪サバ」(笑


松輪サバってご存じですか?

大分県の関サバより知名度は劣りますが、実は関サバと並び称される高級なブランドサバなのです!(参考記事:http://matome.naver.jp/odai/2134744242613083701

水揚げされるのは神奈川県の三浦半島。

地元神奈川でこんな高級なサバが獲れるとは・・・実はけっこう最近まで知りませんでした(^^;


ということで注文します!

やや小ぶりですが、一尾丸ごととは実に豪快。


IMG_20160504_175108.jpg

IMG_20160504_175116.jpg


サバは焼いて食べるのが一番!

今度はこの松輪サバの刺身を食べてみたくなりました。

【まるう商店別館】横浜市西区高島2-10-4




ブロトピ:神奈川県のグルメ