2016年10月25日

ひとり居酒屋6 【寿司処かぐら】


今回は、とっておきのお気に入りのお店をご紹介します。

といっても、おなじみ「ぴおシティ」地下街のお店ですけど(笑


「ひとり居酒屋」という記事ではありますが、ここは居酒屋ではなくて寿司屋です。


IMG_20150705_115629.jpg


回転寿司ではありませんよ(笑


ネタは横浜中央市場から毎日直送しているそうで、新鮮で美味しい!しかも安い!!

そして、一人でしっとりと飲むのにもってこいのお店なんです(^^

たまに日曜にランチで行くのですが、何故かお客さんはそんなに多くないんですよ。

12:00頃に行って、他のお客が誰もいないこともあります。

このお店は野毛にあるのですが、桜木町〜日ノ出町近辺は人通りが多いですし、近所にJRAもあります。

それなのに、なぜ競馬が開催している日曜日にこんなに空いてるんだ!という感じ。

かなり穴場のお店だと思いますよ(^^


店内はこんな感じです。


IMG_20150830_110334.jpg

雰囲気は居酒屋チックですね。


カウンター席もありますが、私は奥のテーブル席がお気に入り。


IMG_20150705_113621.jpg


この席は落ち着くので好きですが、隣席に人が座るとちょっと圧迫感があります(^^;


さて、今回は「晩酌セット」にしましょうか。


IMG_20150705_115702.jpg


これは、ビールとつまみ三種類が1,000円で楽しめるんです。

量、金額共にちょっと飲みたい時には最適ですね。


ここのビールジョッキは珍しい陶器製。


IMG_20150705_113904.jpg


で、この日のつまみ。


IMG_20150705_114034.jpg


ちなみに、ランチ時には新鮮な魚を使った丼も楽しめます。

例えば・・・

マグロとワラサと生しらすの三色丼。


繝ッ繝ウ繧ウ繧、繝ウ荳シ.jpg


さらに、こちらは「まぐろ漬け丼」。


マグロ漬け丼.jpg


これ私の一押しです(^^


これらのランチメニューには、冷やしうどん(小)か茶わん蒸しが無料で付いてきます。(ワンコインランチは対象外)

私はいつもうどんにするのですが、このうどんがコシがあって美味い!

ランチメニューには握り寿司も数種類あって、どれもこれもお手頃価格で美味しそう(^^


野毛や桜木町近辺で、「何食べる?でも、どのお店も混んでるよねー」って時は、このお店を思い出して下さい。

※こちらのお店、H28.10月に真向いの場所に移転しました。
新しいお店の広さは、旧店舗(この記事のお店)の3倍くらいになり、店内の雰囲気が明るくなりました。
その為、お客さんがだいぶ増え、女性客もたくさん来るようになったそうです。
で、旧店舗だった場所は、そのままの間取りで別のお蕎麦屋さんが営業しています。


【寿司処かぐら】横浜市中区桜木町1-1



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .そば 温かいそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月20日

へんなお店 【サリサリカリー】


今回は、六角橋にある「謎のお店」です。

魔王さんその他1名とランチで訪れました。


お店の外観


IMG_20160826_114907.jpg


見た目は、喫茶店or美容院。


しかし、近寄って看板をよく見ると・・・・・


IMG_20160826_114925.jpg



わけわかりません。



お店の前にはレトロな車がありますが・・・


IMG_20160826_121928.jpg


オブジェだと思っていましたが、これは店主の実用車。

放置しているわけではありませんでした(笑


さらに、店外の看板。


b.jpg


ベッキーは言ったそうです。

証拠もあるんですね。


下段に「PAKISTAN」と書いてあります。

どうやら、パキスタン料理のお店のようですね。


さらに、その看板の裏側には・・・


IMG_20160826_114919.jpg


美輪さんも言ったそうです。

そして、やっぱり証拠はあるそうです。

一体、誰の疑いを恐れているのでしょうか。


さて、お店に入ります。

店内は意外と普通っぽいですね。


IMG_20160826_120729.jpg


そして、またまたベッキー登場。


IMG_20160826_115010.jpg


ベッキーのイメージ回復に努めているのでしょうか?

壁にポツンと貼ってある意図がわかりません。


メニューは1つだけ。


IMG_20160826_115124.jpg


カレーとサラダとチャイのセット1,000円。

選択の余地はないので、3人ともこれを注文します。


「一部の人に理解される」がモットーです。


IMG_20160826_115325.jpg


不思議ワールド全開。


IMG_20160826_115251.jpg


まずはサラダが登場。


IMG_20160826_115239.jpg


程よい酸味があってさっぱりしていますねー。

黒こしょうが振ってあって、ちょっとしたアクセントになっています。

カレーにぴったりと合いそうですね。


そして登場、これが名物カレーです!


IMG_20160826_115356.jpg


ルーが液状ではないのですね。


では、頂きます。


IMG_20160826_115516.jpg


あ、けっこう美味しいかも。。


何やらスジ状の謎肉が入っていますね。

これ、コンビーフのような味がしますが、実は鶏肉だそうです。


スパイスが効いていてピリッとしていて、豆類のようなモノも少し入っていました。

これは、全体をかき混ぜて食べた方が良さそうです。

IMG_20160826_115902.jpg


ちょっと油っぽいのですが、なんでしょうこれ?

でも、そんなにしつこくはありません。


不思議な味ですが、なかなか美味しかったですよ!

初めて食べるカレーなので、すでに味を忘れかけていますが(笑


ラストはチャイ。


IMG_20160826_120605.jpg


サラダ、カレー、チャイの食器ですが、全てが3人共違う食器でした。

ここらへん、細かなこだわりを感じますね。


このお店が気になっていたけど入る勇気がなかった方、もう安心して行けるでしょう(^^


※このお店に行ってから記事をアップするまでの間に、なんとお店が移転してしまいました。
移転先は、旧住所から徒歩数分の場所だそうです。
外観も変わっていますが、やはりかなり個性的のようです。

【サリサリカリー】横浜市神奈川区西神奈川3-9-2 (新住所)




ブロトピ:神奈川県グルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .カレー カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月15日

恐怖のうどん 【牧のうどん加布里本店】


今回ご紹介するのは、食べても食べても減らない!というか増える!!

という伝説のうどんです。


やってきたのは福岡県の糸島市。

福岡県はうどんも美味しいですからね!今回も期待できそうです(^^


博多駅から車で30分ほどで到着。

お釜が目印の牧のうどんです。


1.jpg

2.jpg


ちなみに、地元民からは「まきの」とか「マッキー」とか呼ばれているそうです。

私がこの店名を聞いた時に思ったのは、「牧って誰?」でした。

牧で思い浮かぶのは・・・


3.jpg

757.jpg


しかし、後から調べてみたら、「牧」というのは人物名ではなくて地名から由来しているそうです(笑


では、お店に入ります。


5.jpg


せっかくなので座敷にしましょうか。


牧のうどんは、こんなにたくさんの店舗があるんですって!


6.jpg


凄い人気なのですね。


座席にはネギがありました。


8.jpg


このネギ、ひょっとして元々は生の状態だったのでしょうか?

だとしたら、乾燥しきって干からび気味ですが・・・まあ問題ありません。


今回注文したのは「ごぼう天うどん」。


9.jpg


ごぼう天がまた初めて見るタイプですが、これは美味しそうですね(^^

このお店の特徴は、なんといってもこのブヨブヨのうどん。


うどんと一緒に、小さなヤカンが運ばれてきました。


7.jpg


この中にはうどんのつゆが入っていて、お好みで継ぎ足しながら食べるのです。

実は、以前は「ラグビー部の魔法のヤカン」のような黄金色の巨大なヤカンが使われていたそうです。

それも期待していたので・・・ちょっと残念(--;


うどんを一口食べてみて、おでんの「ちくわぶ」と錯覚しました。


10.jpg


そう、おでんに入っている表面が少し溶けた状態のちくわぶに食感がそっくりなんです!


つゆが美味しくてバクバク食べていたら、友人に「一旦うどんはストップ!かしわ飯を食べて」と言われました。

うどんが減ってつゆの水位が下がったドンブリに、先ほどのヤカンつゆを注いでから、かしわ飯に移ることにします。


ちなみに、「かしわ飯」というのは、鶏肉の炊き込みご飯の事。


11.jpg


このお店にくる大抵のお客さんは、うどんと一緒に注文するそうです。

こちらも美味しいですね!私の好きな味です(^^


しばし、かしわ飯を味わい、再びうどんを食べようとドンブリに手を伸ばすと・・・


!!!

うどんが増えています!!(((;゚Д゚)))


12.jpg


そう、ブヨブヨのうどんがつゆを吸って、さらにブヨブヨになったのでした。(写真ではわかり難くてスミマセン)

減ったはずのうどんですが、またドンブリ内を覆い尽くしているかに見えます。。。

なんでも、OLさんのようにうどんを1本ずつゆっくりと食べたりすると、全然減っていかないのだとか(笑

まさに恐怖のうどんですね。

でも、安いし美味しいし私はまた行きたいですね(^^

かなり満腹になって大満足でした。

【牧のうどん加布里本店】福岡県糸島市神在1334-1




ブロトピ:福岡県グルメ!
タグ:牧のうどん
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .うどん うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月10日

ゆふまぶし 【由布まぶし心】


以前に、ひつまぶしをアレンジした日田市の「日田まぶし」をご紹介しましたが、今回は「由布まぶし」

といえば、もうお分かりですね。

そう、由布院のグルメです!

由布院といえば、若者に人気の温泉街ですね。


駅もちょっとオシャレです。


IMG_20160808_172340.jpg


駅名がひらがな表記になっていますが、正式には「由布院駅」です。

それと、「湯布院」という表示もよく見かけますが、どちらが正しいのでしょうか。

調べたところ、どちらも間違いではないようです。



さて、目的のお店は駅から徒歩1分ほど。

「由布まぶし心(しん)」というお店です。


IMG_20160809_113514.jpg


階段で2Fに上がると、中はこじんまりとしていて、ちょっとオシャレ系のカフェのようです。

開店したばかりなので、まだお客さんは1組だけ。

しかし、私たちが席につくなり「混雑してきたら相席をお願いしても宜しいでしょうか?」と聞かれました。

お昼時になるにつれて、どんどん混んでくるのでしょうね。


今回のお目当ては「由布まぶし]ですが、実はこれには3種類あります。


IMG_20160809_110841.jpg


豊後牛・地鶏・うなぎです

どれも美味しそうですねー(^^


迷った挙句、豊後牛を選択しました。


喉が渇いていたので「ゆふいんサイダー」も注文。


IMG_20160809_110809.jpg


冷たくて美味しい。

サイダーってかなり久々(^^


さあ、由布まぶしが来ましたよ。


IMG_20160809_111511.jpg


壺のような器の中には豊後牛が敷き詰められています。


写真の肉はレア気味で赤みがかっていますが・・・


IMG_20160809_113530.jpg


実際に出てきたのは、ほぼウエルダン状態でした(笑

よくある事ですね。


調味料もいっぱい付いてきました。


IMG_20160809_110905.jpg


これも日田まぶしの時のように3種類の食べ方があります。


IMG_20160809_110615.jpg


では、まずはかき混ぜてそのまま頂いてみましょう。


IMG_20160809_111631.jpg


美味しいですが、肉がちょっと脂っこいですね。。

味も単調に感じました。


お次は、柚子胡椒や漬物などを乗せてみます。


IMG_20160809_112139.jpg


これだと味の変化があって若干食欲が増しました(^^


ラストはやはりお茶漬けですね。


IMG_20160809_112459.jpg


だし汁で脂を流します。


第1段階は脂っこくて若干重く、第2段階、第3段階へと行くにつれて食べやすくなるという不思議な食の変化でした(^^


由布院温泉は街並みがオシャレで若者に人気ですが、温泉の歴史自体はあまり古くありません。

たくさんの食べ物屋さんがありますが、街としての特定のグルメが根付いているわけでもないようす。

なので、様々な食べ物屋さんがあります。ジャンルもバラバラ。

どのお店も「我が店を由布院温泉の名物に!」と意気込んで営業している感じがしました。

そのようなお店を眺めながら街を散策するのも楽しいですよ。

【由布まぶし心】大分県由布市湯布院町川北5-3 2F




ブロトピ:大分県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .丼もの 肉系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月05日

びっくりカルビ 【超ホルモン】


野毛の面白いお店に友人と行ってきました。


たびたび私のブログに登場する野毛。

動物園や大道芸では有名な街ですが、味のある食べ物屋さんもたくさんあるんですよ。

街の写真を一部ご紹介します。


1.jpg


まだ明るいうちから賑わっていますね。


3.jpg

2.jpg

4.jpg

5.jpg


そして、その一角に「たべもの横丁」という建物があります。


IMG_20160504_165451.jpg

IMG_20160504_165339.jpg


この入り口から入って細い通路を真っ直ぐ進むと、反対側から外に出てしまいます。


反対側はこんな感じ。


IMG_20160504_165351.jpg


もちろん、こちら側から入ることも可能です。


で、この「たべもの横丁」の中には小さなお店が7店もひしめき合い、各店は雑居感丸出しです。

今回はそのうちの一つ、「超ホルモン」さんに行ってみました。


テーブル席はかなり窮屈そうです。


IMG_20160504_160621.jpg


鉄板にキャベツにハイボール。


IMG_20160504_160816.jpg


ホルモン焼き屋といえばコレですね(^^


そして、まず注文したのは網ごとカルビ


IMG_20160504_161151.jpg

IMG_20160504_161135.jpg


肉がでか過ぎ!!!!!

網からハミ出てます。。(^^;


とりあえず焼いていると、脂がじんわり浮いてきましたよ。


IMG_20160504_161306.jpg


もう少しの辛抱です。

このサイズだと、ひっくり返すのが厄介ですね(^^;


さて、焼けたところでハサミで切るわけですが・・・私たちの不慣れな手つきを心配した店員さんが「切りましょうか?」と。


「では、お願いします」


IMG_20160504_161428.jpg


切ってしまうと普通のカルビ焼きですね・・・。

焼くのと切るの、どちらを先にしたほうが美味しいかというと・・・

味に大差はありません(笑

感覚としては、焼いてから切った方が美味しそうではありますがどうなのでしょう。

卸し業者やお店側の手間が省かれる分、多少安いのかもしれませんしね。


さらにこちらも注文。


IMG_20160504_162551.jpg


その名も「1本ホルモン」。

長いです(笑


こちらも焼けてからハサミで切りますが、なんせ脂が凄いです。


IMG_20160504_163100.jpg


あとから写真を見て気が付いたのですが、他にも面白そうなメニューがありました。

写真中ほどの「上司に負けるな!パワハラ777円」


IMG_20160504_160606.jpg


しかも、「部下限定」です(笑

でも、どんな料理なのか全くの不明なんですよね。

名前からして「ハラミ」の予感はしますが・・・いや、しかし、そもそも肉かどうかさえわかりません(笑

もし今度行ったら注文してみます。

【超ホルモン】横浜市中区野毛町2-74-1




ブロトピ:神奈川県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .びっくり 肉系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月30日

冗談のようなマドレーヌ 【三芳屋製菓】


静岡県にある一棟貸し切り古民家に遊びに行ってきました。

古民家遊びは一昨年の四万十川に続いて2度目です。


さあ、その古民家に到着しましたよ。

1.jpg


表札が「増田」となっていますね。


2.jpg


これ、実はワタクシの名字です(^^

表札に宿泊者の名前を掲げてくれるとは!!

なかなか粋な事をしてくれますねー。


玄関脇には登山杖のようなものが置いてありますが・・・


3.jpg


その杖のてっぺんをよく見ると・・・


4.jpg


小さなカエル(本物)がいるんです(^^

杖色に擬態してますね。


IMG_20160909_150217.jpg


このカエル、いじると逃げてしまうのですが、逃げても逃げても翌朝にはこの定位置にいるんですよ(笑

可愛いですね(^^


室内の様子


5.jpg

6.jpg

8.5.jpg


どうですか?

いわゆる「おばあちゃんち」そのものでしょう?(笑


古民家ですから、もちろん囲炉裏もあります。


7.jpg


お風呂ですが、四万十川の時は五右衛門風呂でしたが、今回のは見た目は普通のお風呂。


8.jpg


しかし!

温泉が引いてあるので、源泉掛け流しの温泉に入り放題なのです!!

これは温泉好きにはたまりません(#^^#)

友人などはビールを飲みながら朝風呂していました(笑


マッサージチェアもやりたい放題。


9.jpg


宿の畑では野菜が採り放題。


10.jpg

11.jpg


そして、縁側にて七輪で焼き物をしながら酒盛り。


12.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

13.jpg

ピーマンとナスは丸ごと焼くのが通。


さて、この古民家ではオーナーさんと「酒話の会」ができるそうです。


17.jpg


ということで、オーナーさんを宿に呼んでみることにしました(^0^)


20:00の予定が30分ほど遅れてオーナーさんが到着。

地酒「あらばしり」の一升瓶持参で(笑


18.jpg


その他、日本酒720ml瓶と開封済みの赤霧島、それと氷とおつまみまで持って来てくれました!

ありがたいですねー。

それぞれの職業や趣味の話題で大変盛り上がりました。

さらに、地元の名物キャラ情報なども教えて頂き、とても楽しい酒話会でした(^^


囲炉裏をバックに記念撮影。


IMG_20160908_215539.jpg

真ん中がオーナーの青田さんです。(写真掲載了承済み)

実に楽しいおやっさんでした(笑


宿に備え付けの宿泊者ノートを見る限り、リピーターがとっても多いようです。

オーナーさんと接すると、その理由がわかる気がしますね。

私もまた来たくなりましたから。


何もない場所で、のんびりほのぼの田舎体験。

19.jpg


この夏最高の贅沢を楽しんできました(^^


しかし、もちろん珍グルメも忘れませんよ!

ということで、やっと本題に入ります(笑


この宿から車で30分ほど走らせ、目的のお店に到着しました。


20.jpg


三芳屋製菓さんです。


そう、ここは和菓子屋さんなんですねー。

ここには名物のマドレーヌがあるそうです。


お店に入ると・・・


21.jpg


いきなり発見!


22.jpg


「椎茸マドレーヌ」(笑


24.jpg

23.jpg


洋菓子とキノコの組み合わせとは、なかなか楽しい発想ではありませんか。


購入し、帰宅後に食べてみました。


25.jpg


一口かじってみると・・・


26.jpg


マドレーヌの中に煮しいたけの弾力が面白い。

甘さが強いので、しいたけ自体の味はそんなに感じませんでした。


しいたけを取り出してみます。


27.jpg


意外と大胆な大きさですね。

かじっていなければ、完全にしいたけの原形を保っていたようです(笑

【三芳屋製菓】静岡県伊豆市青羽根141




ブロトピ:静岡県のグルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .甘いもの 甘いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月25日

中華なクレープ 【モミアンドトイズ】


ちょっと久々の横浜中華街ネタです。


やって来たのは、カフェに併設されている小さなクレープ屋さん。


IMG_20160330_122924.jpg


まずはこの券売機で食券を購入します。


IMG_20160330_121757.jpg


で、食券を渡すわけですが・・・窓口には誰もいません。

カウンターには呼び鈴が置いてあり、「ご用の際にはこの鈴を鳴らして下さい」的な表示があります。

そこで、「チリンチリン」と。

すると、店員さんが奥から出てきました。


帽子を目深に被って客と目を合わさず、愛想も元気もない店員さんがクレープを作ってくれます。


IMG_20160330_122042.jpg


そして待つ事5分ほど。


「杏仁豆腐クレープ」です。


IMG_20160330_122129.jpg


生クリームと杏仁の味が絶妙なバランス。

杏子の味がしっかりとしています。

きっと本物の杏子の種を使用しているのでしょう。

甘すぎず、思ったよりもさっぱりとしていました。

油っぽい中華料理を食べた後の口直しに最適ですね。


さて、昔から中華街を知っている人からは「近年の中華街は変わった」とよく聞きます。

老舗店はどんどん閉店し、店によって味にかなりのバラつきがあり、どの店も「食べ放題」を掲げて観光地化してしまったといいます。

私が今までに横浜中華街に行ったのは10回ほどでしょうか。

なのであまり詳しくはないのですが、この日散策してみて、街の雰囲気が過去の記憶とはちょっと違うなとは感じました。

「ぐるなびで1位になりました!」、「食べログで1位になりました!」という看板を掲げる焼き小籠包屋さんたち。

そこに行列を作っている若者たち。

「せっかく横浜中華街に来て新興グルメかよ!」と、突っ込みを入れたくなりました(笑
(以前にご紹介した翡翠チャーハンもその類かもしれませんが(^^;)

もちろん、それが良いか悪いかを言うつもりはありません。

街もグルメも生き残りを賭けて変わっていくものですからね。

【モミアンドトイズ】横浜市中区山下町80




ブロトピ:神奈川グルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | .甘いもの 甘いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月20日

台湾の汁ビーフン 【羅媽媽米粉湯】


段々とシリーズ化してきた「台湾朝食シリーズ」(笑

今回は、汁ビーフンが美味しいと評判のお店があるので、そこに行ってみたいと思います。


朝からMRTに乗って、ちょっと遠出をしてみます。

MRTというのは地下鉄の事です。


IMG_20160610_091418.jpg


車内はこんな感じです。


IMG_20160610_091554.jpg


シートの材質がプラスチックのような感じなので、長時間座るとお尻が痛くなりそうですね。


さて、駅名を忘れましたが目的の駅に到着し、さらに歩くこと数分。

IMG_20160610_093010.jpg


到着したのは、「羅媽媽米粉湯」さん。


IMG_20160610_093216.jpg


店名に「米粉湯」とある通り、ここは汁ビーフンが絶品だそうです!


向かい側にも似た名前のお店がありますね。


IMG_20160610_093235.jpg


これらのお店ですが、浅草アメ横のビル内や横浜のたべもの横丁のように「一つの建物内に複数の飲食店が雑居している空間」となっています。


空きテーブルに案内されましたが、なぜか私たち二人は対面ではなくて隣同士座るように勧められました(笑


お店の規模の割には店員さんが多く、皆さん忙しそうに動き回っていますね。


IMG_20160610_093146.jpg


と、いつの間にか私たちの対面におばあちゃんが座っていました。


その佇まいから、何となくお店の関係者っぽい雰囲気が。

おばあちゃんはニコニコしながら、いかにも私たちと会話をしたがっている様子。

台湾の大抵のご老人は日本語が話せるので、このおばあちゃんも絶対に日本語が話せるはず!と確信。

案の定、日本語がかなりお上手でした(^^

IMG_20160610_093415.jpg


お年はどうやら85歳。お元気ですね!


後日知ったのですが、このおばあちゃんはオーナーさんのようです。

Screenshot_20160813-190256.jpg


さて、名物の汁ビーフンが登場。


IMG_20160610_093345.jpg


しかし、なぜか器が2つ出てきました。。

IMG_20160610_093409.jpg


汁だけの方の器は何だろう?と初めは意味がわからなかったのですが、汁ビーフンを二人で分ける取り分け用の器に、サービスで汁だけ入れてくれたのでした。


今回の旅では、色んなお店でこういう何気ないサービスをたくさん頂いたんですよ。

現地の皆さん、日本人に対して温かくて本当に気持ちの良い旅になりました(^^


さて、お次は「K白切」(肉とホルモン類の盛り合わせ)が登場。


IMG_20160610_093529.jpg


このチャーシューのようなお肉は本当に絶品!

そして、ホルモンも本当に美味しいんです!

ホルモン系が嫌いな人は、このチャーシューのようなものだけの注文も可。


他の店員のおばちゃんが調理料を3種くらいブレンドしてくれ、「これを付けると美味しいよ!」と。

またまた嬉しいおせっかいです(笑


私たちが食べている最中、おばあちゃんは色々とお話を聞かせてくれます。

日本の歌も大好きで、私たちがよく知る歌を次々と歌ってくれました。

IMG_20160610_093352.jpg


友人もおばあちゃんが気に入ったようで、一緒に合唱したりツーショット写真を撮ったり(笑

さらに、お会計時には、ご機嫌なおばあちゃんの鶴の一声で料金をまけてくれました(笑

最後は握手をし、お互い笑顔でお別れ。

また会いに行きたいと思います。

【羅媽媽米粉湯】台北市信義路二段87巷入る




ブロトピ:海外グルメ
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .台湾 朝食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月15日

なんだと思います?B 【かわとみ】


今回は、群馬県太田市にある「かわとみ」さんに行ってきました。

IMG_20160213_121006.jpg


で、またまた重箱ネタです(^^

中身は何だと思いますか?


IMG_20160213_114620.jpg


これだけで分かるはずないですね(笑


では、開けてみます。


IMG_20160213_114631.jpg


さあ、何でしょうか!

もちろん、ウナギの蒲焼ではありませんよ。

ただ、蒲焼きは蒲焼きです。

何の蒲焼きだと思いますか?


正解は










IMG_20160213_114700.jpg


ナス(笑


ちょっと意外でしょう(^^


地元産の瑞々しいナスに切れ込みを入れて、バーナーで焼いてウナギっぽく仕上げてあります。

見た目はウナギの蒲焼きそのものですが、食感はウナギとは程遠いですけど。

だって、ナスですからね。


お店のホームページによると、ナスだと気付かずにウナギだと思い込んで最後まで食べた客がいるとの事ですが・・・。

さすがにそれはないでしょう。

だって、ナスですから!

そもそも、メニュー名が「なすの蒲焼き重」900円ですし(笑


山椒が一緒に付いてきたので、せっかくなのでまぶしてみました。

すると、ますます「うな重」っぽくなりました(笑

こういうのは雰囲気が大事です(^^

しかし・・・このナスと山椒はちょっと味が合いません。。


ナスの下には鶏の照り焼きが敷いてありました。


IMG_20160213_114834.jpg


ただのナス重だと思っていたので、これは嬉しいです(^^

ナスはしっかりと火が通っているので香ばしく、ご飯も蒲焼きのタレのおかげでバクバク進みます。


このお店、周りが360°田んぼという不思議な立地。

周りの景色がこんなです(笑


IMG_20160213_112925.jpg
注)この写真と下の写真は冬に撮影したものです。

天気が良い日はテラス席で頂くのも気持ち良さそうですね。


IMG_20160213_113147.jpg

【かわとみ】群馬県太田市強戸町178−2



posted by マッコリ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .丼もの その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月10日

鱧のフルコース 【福久】


毎年恒例、トマト会(仮称)の暑気払い。

今回は鱧(はも)料理にしました。


鱧ってご存じですか?

はい、ウナギのような太刀魚のような長細い魚です。

関西、特に京都ではポピュラーな魚ですが、関東ではあまり食べる機会がありませんね。

たまーに、ちょっと良い温泉宿の食事などで少量だけお目にかかる程度です。

せっかくなので、この機会に鱧をじっくり味わってみたいと思います!


今回やってきたのは、横浜の馬車道駅そばの「福久」さん。


外観.jpg


こちらはメニュー表から


IMG_20160828_113315.jpg

そう、超老舗店なのです!


本日は予約者だけの営業だそうで。


IMG_20160828_112631.jpg


はい、ちゃんと予約しています(^^


案内されたのは、なんと個室でした。


IMG_20160828_112816.jpg


それも、庭園が見える部屋!


IMG_20160828_113017.jpg


しかし、たしか個室はプラス料金がかかるはず・・・

確認したところ、個室料金はサービスしてくれるという事でラッキー(^^


では、料理の登場順にご紹介します。


前菜。


IMG_20160828_113159.jpg


私が一番楽しみにしていた鱧刺し。


IMG_20160828_113817.jpg

IMG_20160828_113831.jpg


身&皮です。

うーん、歯応え旨味共に深いですね。。

身は小さいですが、旨味が本当に凝縮されているんです。


こちらは湯引き


IMG_20160828_114557.jpg


これは梅肉ソースと酢味噌(かな?)を付けて頂きます。


IMG_20160828_113519.jpg

IMG_20160828_115057.jpg


茶碗蒸し


IMG_20160828_115639.jpg


これも梅肉がかかっていますね。

この茶碗蒸し、鱧抜きでもかなり美味しかったです!


お次はサラダ


IMG_20160828_121338.jpg


私が大好きなチョレギサラダ風です。ゴマ油が香ばしい(^^


そして、鱧の天ぷら。


IMG_20160828_122356.jpg


シンプルに塩で頂きます。

素材の味が一番わかりやすい食べ方が「塩だけ」なのです。


では、本日のメインイベント、鱧しゃぶです!


IMG_20160828_122529.jpg


身の前に、とても珍しい3種をご紹介します。

それは・・・

鱧の「肝と浮き袋と卵」です。


IMG_20160828_122431.jpg


これを、それぞれしゃぶしゃぶして頂きます。





IMG_20160828_122835.jpg


浮き袋


IMG_20160828_122954.jpg


浮き袋って部位は聞いたことありますが、食べたのはたぶん初めてです。

不思議な食感ですね。。


そして、カリフラワーにそっくりな卵。


IMG_20160828_123204.jpg


つぶつぶ食感が面白いです(^^


では、いよいよ鱧をしゃぶしゃぶします。


IMG_20160828_122534.jpg


綺麗な色ですね(^^

これを鉄鍋に投入し、数秒後に取り出すと・・・

こんな風に身が広がります。


IMG_20160828_123633.jpg


これを、特製ポン酢で頂きますと・・・鱧のほんのりとした甘さと、ポン酢の酸っぱさがが絶妙なのです!


IMG_20160828_123900.jpg


そして、お次はやはり雑炊です。

これは仲居さんが作ってくれるので楽ちんです(笑


IMG_20160828_122648.jpg


ちょいちょい現れては、雑談に付き合ってくれる好印象の仲居さんでした(^^


溶き玉子を加え、塩(産地を忘れました)を加えながら仕上げてくれます。


IMG_20160828_130345.jpg


鱧や野菜のダシがしみ込んだ雑炊!!


IMG_20160828_130546.jpg

IMG_20160828_130615.jpg


美味しいとしか言葉が出ないです。。


ラストはデザート


IMG_20160828_131946.jpg


鱧の美味しさを存分に楽しみました!

今回はいつになく高級路線でしたが、普段は味わえない料理と空間だったので良しとしましょう。



タグ: 福久
posted by マッコリ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .海鮮系 海鮮系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする